銀行の振込手数料を無料にする方法のまとめ

節約
節約銀行

銀行の振込手数料は、各銀行や送金金額によって異なり、100円から高いところでは700円近くかかります。

でも、銀行ごとの振込手数料無料枠やATM、ネット銀行、送金アプリを上手に利用することで、振込手数料を無料にできます。

そこで、銀行別に振込手数料を無料にする方法をまとめました。

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行の振込手数料を無料にする方法

「auじぶん銀行経由」「コンビニATMの利用」「イオン銀行ATMの利用」「住信SBIネット銀行経由の振込」などの方法で振込手数料を無料にできます。

三菱UFJ銀行の振込手数料を無料にするには?振込先銀行ごとに徹底解説!
三菱UFJ銀行から他行へ振込するには振込手数料がかかります。今やネット銀行は振込手数料が無料になったりするのに、三菱UFJ銀行は相変わらず有料のまま。そこで、三菱UFJ銀行から他の銀...
スポンサーリンク

三井住友銀行の振込手数料を無料にする方法

「コンビニATMの利用」「三井住友銀行ATMの利用」「30万円預金」などの方法で振込手数料を無料にできます。

三井住友銀行の振込手数料を無料にするには?
三井住友銀行の他行宛振込手数料は、インターネットバンキングを使うと、3万円未満で220円、3万円以上で440円かかります。わずか数百円とはいえ、毎月の3万円以上の振込を1回するだけで、年間5...
スポンサーリンク

みずほ銀行の振込手数料を無料にする方法

「イオン銀行ATMの利用」「みずほダイレクトでの振込」「E-net ATMの利用」などの方法で振込手数料を無料にできます。

みずほ銀行の他行あて振込手数料を無料にするには?
みずほ銀行の他行宛振込手数料は、インターネットバンキングで220円~440円かかります。わずか数百円とはいえ、毎月の振込手数料だけで、年間2,640円~5,280円もかかることになりますね。...
スポンサーリンク

りそな銀行の振込手数料を無料にする方法

「マイゲートでの送金」「住信SBIネット銀行経由の振込」で振込手数料を無料にできます。

りそな銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?
りそな銀行の振込手数料は、インターネットバンキングを使うと220円で比較的安いです。この振込手数料、1回当たりの金額は確かに安いですが、りそな銀行をメインバンクとして使っている人なら、毎月の...
スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の振込手数料を無料にする方法

「E-net ATMの利用」「住信SBIネット銀行経由の振込」などの方法で振込手数料を無料にできます。

ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?
ゆうちょ銀行から他の金融機関への振込手数料は、3万円未満で220円、3万円以上で440円かかります。たとえば、ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行へ毎月3万円を振込すると、手数料だけで年間5...

楽天銀行の振込手数料を無料にする方法

「給与受取」「10万円預金」「住信SBIネット銀行経由の振込」のいずれかで、振込手数料を無料にできます。

楽天銀行の振込手数料を無料にするには?
楽天銀行の振込手数料は、3万円未満で168円、3万円以上で262円と、大手都市銀行に比べて安くなっています。 この振込手数料、1回当たりの金額は確かに安いですが、楽天銀行をメインバンクとして使ってい...

地方銀行

北洋銀行

送金アプリ「pring」や住信SBIネット銀行の活用で、振込手数料を無料化できます。

北洋銀行の振込手数料を無料にするには?
北洋銀行の他行宛振込手数料は、インターネットバンキングを使うと、3万円未満で330円、3万円以上で495円かかります。わずか数百円とはいえ、毎月3万円を振込するだけで、年間5,940円もかか...

常陽銀行

送金アプリ「pring」や自動入金サービスを使うと、振込手数料を無料にできます。

常陽銀行の振込手数料を無料にするには?
常陽銀行の他行宛振込手数料は、ATMでもインターネットバンキングでも、3万円未満で330円、3万円以上で550円かかります。わずか数百円とはいえ、毎月3万円を振込するだけで、年間6,600円...

千葉銀行

送金アプリ「pring」を使うと、振込手数料を無料にできます。

千葉銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?
千葉銀行の振込手数料は、他行宛だと110円~550&#...

横浜銀行

「はまぎんマイダイレクト」と「横浜バンクカード」を契約すると、振込手数料を無料にできます。

横浜銀行の振込手数料を無料にするには?
横浜銀行の他行宛振込手数料は、インターネ...
スポンサーリンク
小銭ストをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました