割引テクニック

みずほ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

2019/03/13

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。

例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。

自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!

 

そこで、みずほ銀行から他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。

しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。


50万円預金しておけば振込手数料を無料化できる

まず初めに、みずほ銀行をフル活用するにはみずほマイレージクラブが欠かせません。

これは年会費無料のサービスですが、みずほマイレージクラブに入会し、所定の取引条件(口座残高が50万円以上)を満たすと次のような特典が受けられます。

  • 振込手数料が月1回無料
  • コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料

振込手数料をタダにする敷居が少々高いですが、みずほ銀行をよく使う人は定期預金で50万円預けておくのがいいでしょう。

 

それでは資金移動方法の説明を始めていきます。

みずほ銀行から同一支店・他支店への資金移動

気圧

みずほダイレクトで振込する

みずほ銀行のインターネットバンキングみずほダイレクトを使うと、みずほ銀行の同一支店への振込手数料は無料です。

また、みずほマイレージクラブに入会して所定の取引条件を満たすと、みずほ銀行の他支店への振込手数料も無料となります。

みずほマイレージクラブに入会していない場合、およびマイレージクラブに入会しているが取引条件を満たしていない場合は、他支店への振込手数料が有料(108円)となります。

みずほ銀行のATMで出金と入金を行う

家族の口座へ入金する場合は、ATMでも入出金できます。

まず、みずほ銀行のATMでキャッシュカードを使って現金を引き出します。

続けて同じATMで入金先のキャッシュカードを使い、引き出したお金を預入します。

平日8:45~18:00はATM利用手数料が無料ですが、それ以外の時間帯は有料となります。

みずほマイレージクラブに入会していない場合、およびマイレージクラブに入会しているが取引条件を満たしていない場合は、他支店への振込手数料が有料(108円)となります。

コンビニATMで出金と入金を行う

みずほマイレージクラブに入会し、所定の取引条件を満たしている場合、みずほ銀行のATMと同じやり方で、コンビニATMでも無料で入出金できます。


みずほ銀行から三菱UFJ銀行への資金移動

みずほダイレクトでネット振込する

みずほダイレクトで三菱UFJ銀行の口座にネット振込します。

みずほマイレージクラブに入会し、預金残高を50万円以上にすると、月1回振込手数料が無料になります。

定期預金で50万円預入しておくと、手数料無料の条件を維持できます。

 

イオン銀行ATMで出金と入金を行う

イオン銀行ATMで、みずほ銀行のキャッシュカードを使って現金を引き出します。

その後、同じイオン銀行ATMで入金先となる三菱UFJ銀行のキャッシュカードを使って現金を入金します。

みずほ銀行や三菱UFJ銀行はイオン銀行と相性が良く、手数料がかかりません。

ATM利用手数料が無料になるのは平日8:45~18:00のみです。

みずほ銀行から三井住友銀行・りそな銀行への資金移動

みずほダイレクトでネット振込する

みずほダイレクトで三井住友銀行もしくはりそな銀行の口座にネット振込します。

みずほマイレージクラブに入会し、預金残高を50万円以上にすると、月1回振込手数料が無料になります。

定期預金で50万円預入しておくと、手数料無料の条件を維持できます。

 

みずほ銀行から住信SBIネット銀行への資金移動

イオン銀行で出金と入金を行う

イオン銀行ATMで、みずほ銀行のキャッシュカードを使って現金を引き出します。

ATM利用手数料が無料になるのは平日8:45~18:00のみです。

その後、同じATMで入金先となる住信SBIネット銀行のキャッシュカードで入金します。

住信SBIネット銀行のコンビニ入金手数料は無料で、夜間や土日も手数料がかかりません。

定額自動入金サービスを利用する

毎月一定額を住信SBIネット銀行に振り込む場合なら、定額自動入金サービスが便利です。

これは入金先の住信SBIネット銀行が提供しているサービスになるのですが、他の銀行の自分の口座から毎月一定額を入金できるという内容です。

たとえば、みずほ銀行に振り込まれる給与のうち、毎月3万円を住信SBIネット銀行で積み立てたいというような用途に使えます。

手数料はかかりません。

さらに定額入金と言いつつも、入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。

注意点としては、引き落とし日が毎月5日もしくは27日となり、入金日がその4営業日後になること。

また、入金は1万円以上という制限もあります。

振込に取って代わるサービスで、画期的ですね。

 


みずほ銀行から楽天銀行への資金移動

みずほダイレクトでネット振込する

みずほダイレクトでりそな銀行の口座にネット振込します。

みずほマイレージクラブに入会し、預金残高を50万円以上にすると、月1回振込手数料が無料になります。

定期預金で50万円預入しておくと、手数料無料の条件を維持できます。

イオン銀行ATMもしくはステーションATM「Patsat」で出金と入金を行う

イオン銀行ATMで、みずほ銀行のキャッシュカードを使って現金を引き出します。または、関西の主要駅に設置されているATM「Patsat」で、同様にみずほ銀行のキャッシュカードで現金引き出しします。

ATM利用手数料が無料になるのは平日8:45~18:00のみです。

その後、同じATMで楽天銀行のキャッシュカードを使って現金を入金します。

ただし、3万円未満の入金の場合は手数料がかかってしまうので、楽天銀行のハッピープログラムに申し込んだうえで、楽天銀行の口座残高が常に10万円を上回るようにしておきましょう(定期預金で10万円預金しておくのが確実)。こうすると、楽天銀行への入金時のATM利用手数料が月1回無料になります。

みずほ銀行からゆうちょ銀行への資金移動

E-net ATMで出金と入金を行う

ファミリーマートやスーパーに設置されているE-net ATMで、みずほ銀行のキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

ローソンやセブンイレブンなど、ファミリーマート以外のコンビニにはE-net ATMは設置されていません
また、ファミリーマートでもE-net ATM以外のATMが設置されている場合があります。
E-net ATMの詳しい設置場所は、こちらを参照してください。

みずほ銀行のE-net ATM利用手数料は有料ですが、みずほマイレージクラブに入会し、預金残高が30万円以上あると月4回まで無料になります。

その後、同じATMでゆうちょ銀行のキャッシュカードを使って入金します。

ただし、入金手数料が無料なのは、平日8:45~18:00と、土曜日9:00~14:00のみです。

それ以外の時間帯や日曜祝日は入金手数料216円がかかってしまうので、ご注意を。

みずほ銀行から複数口座への資金移動を行う場合

みずほ銀行の口座から複数の口座へお金を分散して移動する必要がある場合、住信SBIネット銀行をハブ銀行として利用する方法がお勧めです。

まず、「みずほ銀行から住信SBIネット銀行への資金移動」で紹介した方法のいずれか(コンビニATMでの入金もしくは定額自動入金)で、住信SBIネット銀行へ入金します。

その後、住信SBIネット銀行からネットで振込を行います。

住信SBIネット銀行からの振込は、月末残高が30万円以上あれば、月3回まで無料です。

ちなみに、振込先が多い我が家ではこの方法を使って、振込手数料を0円にしています。

月3回振込手数料無料をキープするために、住信SBIネット銀行に定期預金で30万円を預けておくのが確実です。

みずほ銀行から毎月定期的に振込する場合

みずほ銀行の自動送金サービスも、住信SBIネット銀行を利用することで無料化できます。

みずほ銀行の自動送金サービスを無料化する方法

提携銀行と無料特典、ネットをフル活用しよう

以上のように、銀行口座間でお金を移動するには、様々な方法があります。

最近は特に、提携銀行のATM無料化や、コンビニATMの無料サービス、無料入金サービスなどを利用することで、個人の口座間の資金移動はほぼ0円でできます。

毎月、振込手数料に324円を払っていたら、1年で何と3,888円!

振込手数料のかからない資金移動にぜひチャレンジしてみましょう。

Google広告:本文直後




広告:楽天モーションウィジェット



-割引テクニック
-, ,

人気記事

1
三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを無料化する方法

家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。 実際、私も賃貸物件に住んでいた時には三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを利用していました。   ですが、定額自動送金サービスはタダではありません。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間1,296円、UFJ銀行の他の支店なら年間4,536円。 さらに振込先がUFJ銀行以外の場合は何と年間8,424円もの手数料がかかります。 しかも、インターネットバンキングに対応しておらず、三菱UFJ銀行の店舗に行かないと契約も解約も延長もできないという不便さ。   そこで今回は定額自動送金にかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、店舗へ行く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ! ...

2
三菱UFJ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。 例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。 自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!   そこで、三菱UFJ銀行で給与を受け取っている人を対象として、他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。 しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 2018.01.01 楽天銀行への資金移動方法を追記しました。 2018.01.16 三菱UFJ銀行から複数口座への資金移動を行う場合を追記しました。 ...

3
7年前のHP PavilionをSSD化してWindows起動速度が5倍になった件

当サイトの運営や投資に使用しているPCは、7年前のノートPCです。 ご想像の通り、メチャクチャ遅い…。 電源を入れてからOSが起動するまで何と4分! Windowsが起動してからも、操作をする度に一瞬停止してしまいます。   買い換えればいいんだろうけど、妻にプレゼントしてもらったことと、生まれて初めて手にしたノートPCということもあって、大切に使ってきたので手放しにくい。 ということで、ノートPCのHDDをSSDに交換して高速化を目指してみました。 目次1 SSDは1万円以下!2 HDDのパーティションサイズを縮小する2.1 ...

4
やっぱり格安!5回以上利用して分かったニコニコレンタカーの6つのメリットとデメリットまとめ

我が家は都内にありますが、車を持っていません。 なので旅行に行ったり、電車では不便な場所へ行くときには、いつもレンタカーを使います。 これまではニッポンレンタカーを使うことが多かったのですが、最近はニコニコレンタカーを使う機会がめっきり多くなりました。 なぜかって、安くてサービスがいいから! この1年で5回くらい借りて分かった、ニコニコレンタカーのメリットやデメリットをまとめてみたいと思います。 目次1 ニコニコレンタカーのメリット1.1 安さは日本一かも!?1.2 保険・補償も十分!1.3 ETC標準装備・チャイルドシート対応1.4 ...

5
【慈恵医大病院】副鼻腔手術を受ける人必見!出費を抑える4つの方法

慈恵医大病院は、年間で1000人以上が副鼻腔手術を受ける日本有数の大学病院です。 海外からも手術を受けに来る人がいるほどです。 さて、手術を受けるからにはそれなりの費用が掛かりますが、慢性副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症の手術を受ける場合に、入院費用やその他の費用を抑えるためのテクニックをまとめました。 慈恵医大病院で手術を受ける予定の人は是非参考にしてください。 目次1 月末・休み明けの手術は避ける2 6人部屋を第1希望、4人部屋を第2希望にする3 入院着セットレンタルは不要4 入院後に使う備品をネットで買っておく4.1 鼻洗浄器4.2 ...