三井住友銀行の振込手数料を無料にするには?

ATM 節約
節約 銀行
スポンサーリンク

三井住友銀行の他行宛振込手数料は、インターネットバンキングを使うと、3万円未満で220円、3万円以上で440円かかります。

わずか数百円とはいえ、毎月の3万円以上の振込を1回するだけで、年間5,000円もかかることになりますね。

三井住友銀行の他行宛振込手数料は、無料にできないものでしょうか?

「SMBCポイントパック」の特典を見ても、他行宛振込手数料が無料になる条件は見当たりません。

実は、送金方法を工夫すれば、振込手数料を無料にできるんです!

そこで、三井住友銀行から他行への振込を無料で行う方法を送金先別にまとめました。

  • 2019.09.20 三井住友銀行・三菱UFJ銀行のATM共同利用に伴い、ATMによる送金方法を追記しました。
  • 2020.02.16 イオン銀行への送金方法を追記しました。
  • 2020.03.28 送金アプリpringによる送金方法を追記しました。

目次

スポンサーリンク

三井住友銀行の振込手数料は?

三井住友銀行で通常かかる振込手数料は以下の通りです。

インターネットバンキング

振込先振込金額
3万円未満3万円以上
三井住友銀行0円0円
SMBC信託銀行0円0円
みなと銀行110円110円
上記以外220円440円
振込手数料 : 三井住友銀行
振込手数料についてのページです。

ATM(三井住友銀行のキャッシュカード利用時)

振込先振込金額
3万円未満3万円以上
三井住友銀行 同一支店0円0円
三井住友銀行 他支店110円110円
SMBC信託銀行・みなと銀行110円110円
上記以外220円440円
振込手数料 : 三井住友銀行
振込手数料についてのページです。

以上のように、振込手数料がかかるのは、他銀行宛に振り込む場合と、三井住友銀行の他支店に振り込む場合(ATMのみ)です。

スポンサーリンク

三井住友銀行から同一支店・他支店への振込手数料を無料にする

atm

方法① SMBCダイレクトで振込

三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」を使うと、三井住友銀行のどの支店への振込でも手数料は無料

もちろん、PC・スマホで24時間使えます。

インターネットバンキング(SMBCダイレクト) : 三井住友銀行
かんたん・便利・おトクな、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」。パソコンやスマートフォンから、残高照会や振込、住所変更のお手続等さまざまなサービスをご利用いただけます。

方法② 三井住友銀行のATMで入出金

「家族の三井住友銀行の口座」に送金するときなど、振込先のキャッシュカードが手に入るなら、ATMの入出金で送金ができます。

まず、三井住友銀行のATMでキャッシュカードを使って現金を引き出します。

続けて同じATMで「振込先口座のキャッシュカード」を使い、引き出した現金を預入します。

振込ではないので手数料は無料です。

個人口座の場合、時間外手数料もかかりません。

ATMでキャッシュカードを使って振込した場合は、同一支店への振込なら無料ですが、他支店への振込だと110円かかってしまいます。ATMで間違って「振込」しないように注意しましょう。

方法③ 三菱UFJ銀行のATMで入出金

こちらも、「振込先の三井住友銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

三菱UFJ銀行のATMでも、三井住友銀行のキャッシュカードが使えるようになっています。

まず、三菱UFJ銀行ATMでキャッシュカードを使って現金を引き出します。

続けて同じATMで「振込先口座のキャッシュカード」を使い、引き出した現金を預入します。

朝8:45以前もしくは夜9時以降は、現金引出時にATM利用手数料110円がかかります。

スポンサーリンク

三井住友銀行から三菱UFJ銀行への振込手数料を無料にする

方法① 送金アプリpringと「auじぶん銀行」経由でネット振込

「auじぶん銀行」の口座を持っている人なら使える方法です。

  1. 三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringからauじぶん銀行へ送金します。
  3. auじぶん銀行のインターネットバンキングで、三菱UFJ銀行へ振り込みます。

方法② 「auじぶん銀行」経由でネット振込

こちらも「auじぶん銀行」の口座を持っている人なら使える方法です。

まず、EネットATMやセブン銀行ATM・ローソンATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使って現金を引き出します。

三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料(月3回まで)になります。預金残高を30万円以上にするなど、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。

その後、同じコンビニATMで「auじぶん銀行のキャッシュカード」を使い、auじぶん銀行へ現金を入金します。

auじぶん銀行のコンビニATMでの預入れは有料ですが、条件付きで無料になります。預金残高を10万円以上にしておくと、コンビニATMでの預入れに手数料はかかりません(何度でも無料)。

さらに、auじぶん銀行のインターネットバンキングで、「auじぶん銀行」から「三菱UFJ銀行」へ振込を行います。

「auじぶん銀行」から三菱UFJ銀行への振込手数料は、どの支店宛の振込でも無料です。

手数料を無料にするための、資金が必要になるのが注意点です。

方法③ 三井住友銀行ATMもしくは三菱UFJ銀行ATMで入出金

「振込先の三菱UFJ銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

まず、「三井住友銀行のATM」もしくは「三菱UFJ銀行のATM」でキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

その後、同じATMで「振込先の三菱UFJ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を入金します。

三菱UFJ銀行との店舗外ATM共同利用開始により、2019年9月22日以降、この方法が利用が利用可能になりました。

なお、朝8:45以前もしくは夜9時以降は現金引出時にATM利用手数料110円がかかります。

方法④ コンビニATMで入出金

こちらも「振込先の三菱UFJ銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

EネットATMやセブン銀行ATM・ローソンATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使って現金を引き出します。

三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料(月3回まで)になります。「Web通帳の申し込み」「預金残高30万円以上」のどちらかで、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。

その後、同じコンビニATMで「振込先の三菱UFJ銀行のキャッシュカード」を使って現金を入金します。

三菱UFJ銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料になります。三菱UFJ銀行で給与を受取っている、もしくは定期預金などで預金残高が30万円以上ある場合には「シルバーステージ」となり、コンビニATM利用手数料は月2回まで無料となります。

スポンサーリンク

三井住友銀行から三重銀行・名古屋銀行への振込手数料を無料にする

三重銀行もしくは名古屋銀行のATMで入出金

「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

三重銀行ATMもしくは名古屋銀行のATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。

その後、同じATMで「三重銀行もしくは名古屋銀行のキャッシュカード」を使い、現金を入金します。

平日8:00~18:00までの間なら、三重銀行・名古屋銀行ATMを使った三井住友銀行からの出金は無料です。

スポンサーリンク

三井住友銀行から住信SBIネット銀行への振込手数料を無料にする

方法① pringで送金する

住信SBIネット銀行の自分名義の口座に送金するときに使える方法です。

送金アプリpringを使い、三井住友銀行から住信SBIネット銀行へ送金します。

  1. 三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringにチャージされたお金を住信SBIネット銀行に送金します。

方法② コンビニATMで入出金

「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

EネットATMやセブン銀行ATM・ローソンATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使って現金を引き出します。

三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料(月3回まで)になります。「Web通帳の申し込み」「預金残高30万円以上」のどちらかで、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。

その後、同じコンビニATMで「振込先の住信SBIネット銀行のキャッシュカード」で入金します。

住信SBIネット銀行のコンビニ入金手数料は無料。夜間や土日も手数料がかかりません。

方法③ 定額自動入金サービスを利用

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

毎月一定額を住信SBIネット銀行に振り込む場合なら、定額自動入金サービスが便利です。

これは入金先の住信SBIネット銀行が提供しているサービスで、他の銀行の自分の口座から毎月一定額を入金できるという内容です。

たとえば、三井住友銀行に振り込まれる給与のうち、毎月3万円を住信SBIネット銀行で積み立てたいというような用途に使えます。

手数料はかかりません。

さらに定額入金と言いつつも、入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。

注意点としては、引き落とし日が毎月5日もしくは27日となり、入金日がその4営業日後になること。

また、入金は1万円以上という制限もあります。

振込に取って代わるサービスで、画期的ですね。

⇒住信SBIネット銀行の口座開設で最大2,450円相当のポイントをGET!

三井住友銀行からソニー銀行への振込手数料を無料にする

方法① 三井住友銀行のATMで入出金

「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

まず、三井住友銀行のATMで現金を引き出します。

続けて同じATMを使い、「ソニー銀行のキャッシュカード」で現金を入金します。

ATMからソニー銀行への入金は無料です。

方法② おまかせ自動入金サービスを利用

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

ソニー銀行の「おまかせ自動入金サービス」を利用すると、毎月一定額を三井住友銀行からソニー銀行に振り込むことができます。

手数料はかかりません。

三井住友銀行からジャパンネット銀行への振込手数料を無料にする

方法① pringで送金する

ジャパンネット銀行の自分名義の口座に送金するときに使える方法です。

送金アプリpringを使い、三井住友銀行からジャパンネット銀行へ送金します。

  1. 三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringにチャージされたお金をジャパンネット銀行に送金します。

方法② 三井住友銀行のATMで入出金

「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

まず、三井住友銀行のATMで現金を引き出します。

続けて同じATMを使い、「ジャパンネット銀行のキャッシュカード」で現金を入金します。

ATMからジャパンネット銀行への入金は月1回まで無料、2回目以降は3万円以上なら無料です。

方法③ SMBCダイレクトで振込

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしている場合、三井住友銀行のインターネットバンキングSMBCダイレクトで、ジャパンネット銀行の本人名義口座へ振込む場合に限り、振込手数料が無料になります

方法④ 定額自動送金サービスを利用

こちらも、口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

ジャパンネット銀行の「定額自動入金サービス」を利用すると、毎月一定額を三井住友銀行からジャパンネット銀行に振り込むことができます。

手数料はかかりません。

三井住友銀行から楽天銀行への振込手数料を無料にする

方法① pringで送金する

楽天銀行の自分名義の口座に送金するときに使える方法です。

送金アプリpringを使い、三井住友銀行から楽天銀行へ送金します。

  1. 三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringにチャージされたお金を楽天銀行に送金します。

方法② コンビニATMで入出金

「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

セブン銀行ATMやローソンATM、ファミリーマートやスーパーに設置されているE-net ATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。

三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料(月3回まで)になります。「Web通帳の申し込み」「預金残高30万円以上」のどちらかで、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。

その後、同じコンビニATMで「楽天銀行のキャッシュカード」を使って現金を入金します。

3万円未満の入金の場合は手数料がかかってしまうので、楽天銀行のハッピープログラムに申し込んだうえで、楽天銀行の口座残高が常に10万円を上回るようにしておきましょう(定期預金で10万円預金しておくのが確実)。こうすると、楽天銀行への入金時のATM利用手数料が月1回無料になります。

三井住友銀行から「ゆうちょ銀行」への振込手数料を無料にする

方法① pringで送金する

ゆうちょ銀行の自分名義の口座に送金するときに使える方法です。

送金アプリpringを使い、三井住友銀行からゆうちょ銀行へ送金します。

  1. 三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringにチャージされたお金をゆうちょ銀行に送金します。

方法② E-net ATMで入出金

「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

ファミリーマートやスーパーに設置されているE-net ATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。

ローソンやセブンイレブンなど、ファミリーマート以外のコンビニにはE-net ATMは設置されていません
また、ファミリーマートでもE-net ATM以外のATMが設置されている場合があります。
E-net ATMの詳しい設置場所は、こちらを参照してください。

三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料(月3回まで)になります。「Web通帳の申し込み」「預金残高30万円以上」のどちらかで、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。

その後、同じATMで「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使って入金します。

ただし、入金手数料が無料なのは、平日8:45~18:00と、土曜日9:00~14:00のみです。

それ以外の時間帯や日曜祝日は入金手数料220円がかかってしまうので、ご注意を。

三井住友銀行からイオン銀行への振込手数料を無料にする

方法① pringで送金する

イオン銀行の自分名義の口座に送金するときに使える方法です。

送金アプリpringを使い、三井住友銀行からイオン銀行へ送金します。

  1. 三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringにチャージされたお金をイオン銀行に送金します。

方法② 三菱UFJ銀行ATMで入出金

「振込先のイオン銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。

まず、「三菱UFJ銀行のATM」で三井住友銀行のキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

その後、同じATMで「振込先のイオン銀行のキャッシュカード」を使い、現金を入金します。

三菱UFJ銀行との店舗外ATM共同利用開始により、2019年9月22日以降、この方法が利用が利用可能になりました。

なお、朝8:45以前もしくは夜9時以降は現金引出時にATM利用手数料110円がかかります。

方法③ 自動入金サービスを利用

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

イオン銀行の「自動入金サービス」を利用すると、三井住友銀行の口座からイオン銀行への振込を毎月自動で行うことができます。

手数料は無料です。

三井住友銀行から複数銀行口座への振込手数料を無料にする

三井住友銀行の口座から複数の口座へお金を分散して送金する必要がある場合、住信SBIネット銀行をハブ銀行として利用する方法がお勧めです。

まず、「三井住友銀行から住信SBIネット銀行への振込を無料にする」で紹介した方法のいずれか(コンビニATMでの入金もしくは定額自動入金)で、住信SBIネット銀行へ入金します。

その後、住信SBIネット銀行からネットで振込を行います。

住信SBIネット銀行からの振込は、月末残高が30万円以上あれば、月3回まで無料です。

ちなみに、振込先が多い我が家ではこの方法を使って、振込手数料を0円にしています。

月3回振込手数料無料をキープするために、住信SBIネット銀行に定期預金で30万円を預けておくのが確実です。

⇒住信SBIネット銀行の口座開設で最大2,450円相当のポイントをGET!

三井住友銀行から毎月定期的に振込する場合

三井住友銀行の自動送金サービスも、住信SBIネット銀行を利用することで無料化できます。

提携銀行と無料特典、ネットをフル活用しよう

以上のように、銀行口座間でお金を移動するには、様々な方法があります。

最近は特に、提携銀行のATM無料化や、コンビニATMの無料サービス、無料入金サービス、送金アプリなどを利用することで、個人の口座間の資金移動はほぼ0円でできます。

毎月、振込手数料に330円を払っていたら、1年で何と3,960円!

振込手数料のかからない送金にぜひチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました