【Assetto Corsa】無料専用サーバーの立て方

ゲーム
ゲーム

アセコルで友達と対戦するのにサーバーを用意するなんて面倒。
有料サーバーもあるみたいだけど、無料で簡単にサーバーを利用する方法はないの?
ノートPCにもサーバーを建てられるのかな?

こんな悩みを解決します。

Assetto Corsaのサーバーを立てるには、自宅PCやレンタルサーバー上に自分でサーバーを立てる方法と、有料サービスを利用する方法の2通りあります。

自宅PCにサーバーを立てるというと難しく感じるかもしれませんが、Windows PCさえあれば無料でサーバーを立てることができます。

この記事では、Assetto Corsaのマルチプレイサーバーを立てる手順を分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

Assetto Corsaサーバーとは?

友達とレースを開催できる

Assetto Corsaは1人でも複数人でも遊べるゲームですが、マルチプレイするにはサーバーが必要です

Assetto Corsaサーバーを立てると、自分でレースを開催できるようになります。

自宅PCを使うかサーバーを借りる

Assetto Corsaサーバーを立てるには、以下の2つの方法があります。

  • 自宅PCにサーバーを立てる
  • 有料サービスを利用する(サーバーを借りる)

今回は、自宅PCにサーバーを立てる方法を中心に紹介します。

自宅サーバーと有料サーバーとの違い

ここで自宅サーバーと有料サーバーの違いを見ておきましょう。

自宅サーバー

自宅サーバーは、自宅のPCを「Assetto Corsa専用サーバー」としてセットアップする方法です。

Assetto Corsaサーバーに使うPCは、スペックをそれほど要求されません。

ですがレースゲームなので「高速で安定しているインターネット回線」が必須です。

マンション共用のインターネット回線などでは快適にプレイできなかったり、ポート開放できないこともあります。

有料サーバー

このような自宅サーバーのデメリットを解決できるのがConoHa VPS のような国内の有料レンタルサーバーです。

有料サーバーには次のようなメリットがあります。

有料サーバーのメリット
  • サーバー専用OS「Ubuntu」で接続が安定
  • ルーターのポート開放の必要なし
  • 電気代がかからない

ストレスなく楽しめるのが有料サーバーの特長ですね。

有料サーバーを使うなら初心者にやさしいConoHa VPS がおススメです。

ConoHa VPSについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

ConoHa VPSでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

自宅PCで専用サーバーを立てるのに必要なスペック

さて、ここからは自宅PCでサーバーを立てる方法を紹介しましょう。

まず、自宅PCにマルチプレイサーバーを立てるときのスペックについてです。

Assetto Corsaの開発元では、サーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開していません。

以下、サーバースペックの目安を紹介します。

OSWindows 10/11
メモリ1~2GB以上
ストレージ30GB以上
ネットワーク10Mbps以上
Assetto Corsa専用サーバーのスペック目安(OS利用分を除く)

ネットワーク回線

大事なのは、ネットワーク回線の安定性です。

まず、無線(Wi-Fi)ではなく、必ずLANケーブルでルーターにつなぐようにしてください。

LANケーブルを買うなら、ネットワーク遅延が減らせるカテゴリ6(CAT6)以上がおススメです。

フラットケーブル(薄っぺらいケーブル)は通信が安定しないので避けましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥533 (2023/02/07 16:13:37時点 Amazon調べ-詳細)

また、ネットワーク回線の速度と安定性を計測しておきましょう。

インターネット回線スピードテスト・通信速度測定 | USEN GATE 02

何度測定しても100Mbpsなら問題ありません。

Assetto Corsaはネットワーク回線が安定しているかが重要

自宅PCにマルチプレイサーバーを立てる手順

ではここからAssetto Corsaサーバーを自宅PCに立てる手順を紹介します。

以下の3ステップです。

Assetto Corsaサーバーのセットアップ手順
  1. Assetto Corsaをインストールする
  2. サーバー設定を変更する
  3. ルーターでポートを開放する

ステップ① Assetto Corsaをインストールする

まず、Steamから「Assetto Corsa」をインストールします。

Assetto Corsaをインストールすると、サーバープログラムも同時にインストールされます。サーバー専用機でも、Steamから「Assetto Corsa」をインストールしてください。

Steamからは「Assetto Corsa Dedicated Server」もインストールできますが、サーバーマネージャーが使えないためおススメしません。

ステップ② サーバー設定を変更する

サーバーマネージャーを開き、サーバーの設定を行いましょう。

エクスプローラで C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\assettocorsa\server フォルダを開きます。

acServerManager.exeをダブルクリックすると、次のような画面(サーバーマネージャー)が表示されます。

Assetto Corsaサーバーマネージャー

このあと、最低限の設定を説明します。

Settingsタブ

まずは基本設定を行います。

Settingsタブで「Basic Settings」の3つの項目を入力します。

項目説明
Nameサーバーの名称。サーバーリストなどに表示されます。
(例)Kozenist Server
Passwordサーバーに参加するときのパスワード。仲間に共有します。
Admin Pwd管理者パスワード。

Tracksタブ

次はコースと接続数を設定します。

Tracksタブで2つの項目を選択します。

項目説明
Clients Allowedレースの参加人数(接続数)。
選択するコースによって最大数が変わります。
コースレースを開催するコース。

Cars / Entry List タブ

最後に、レースに参加できる車を選びましょう。

[Cars / Entry List] タブを開き、[Enabled Cars]でモデル名の左にチェックします。

すると画面中央に車のスキン一覧が表示されるので、クリックして右側の[Entry List Preview]に追加します。

エントリーリストには、レースの参加人数以上の車を選択してください。

設定の保存

最後に[Save]ボタンを押しましょう。

[Server saved correctly]と表示されたら成功です。

設定ファイルは C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\assettocorsa\server\presets フォルダに保存されます。

ステップ③ ルーターでポートを開放する

最大の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

種別カスタム設定
マッピング名assetto-corsa
内部ホストAssetto CorsaサーバーのPC
ルール①プロトコルTCP/UDP
内部ポート番号9600-9600
外部ポート番号9600-9600
ルール②プロトコルTCP
内部ポート番号8081-8082
外部ポート番号8081-8082

[適用]ボタンを押したら完了です。

サーバーの起動と接続

サーバーの設定が終わったら、サーバーを起動して実際に接続してみましょう。

サーバーを起動する

サーバーマネージャーで、下部にある[START SERVER]ボタンをクリックします。

黒いウィンドウが表示されます。

最後の行に「OK」と表示されれば、サーバーが正常に起動しています。

サーバーへ接続する

準備ができたら、いよいよAssetto Corsaを起動してサーバーに接続してみましょう。

  1. Assetto Corsaを起動し、[Drive]-[Online]を選択します。
  2. サーバー名を入力するとサーバー一覧に表示されるので、クリックします。
  3. サーバーマネージャーで設定した「パスワード」を入力し、車種を選んで「join」ボタンをクリックします。

サーバーに接続できましたか?

あとは遊ぶだけです!

自宅PCでサーバーを立てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代になります。

仮に1ヶ月間、ノートPCの電源がずっとONだと、電気代が1,800円ほどかかります。

ずっとオンラインで使いたいなら、レンタルサーバーを借りた方が安かったりします。

たとえば、ConoHa VPS なら月731円からサーバーが使えるので、電気代だけ考えても十分に安いです。

ノートPCはバッテリー劣化に注意

ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、バッテリーが徐々に劣化していきます。

バッテリーを買うとなると、機種によって5,000円~20,000円くらいかかってしまいます。修理センターに出すと、3万円近くかかることも。

ノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

ゲームプレイとサーバー両立が難しい

サーバーを建てて実際に遊び始めてから気づくのですが、1台のPCで、ゲームもしながらサーバーを動かすと、当然ながら遅くなります。

プレイヤーが増えて、どうにもならなくなってからレンタルサーバーに移行するという手もありますが、最初からレンタルサーバーで始めるのが楽です。

まとめ

以上、Assetto Corsaサーバーを無料で立てる方法を紹介しました。

ポート開放は難しいし、ゲームも快適に遊びたいなぁ・・という人は、有料レンタルサーバーも検討してみてください。

ConoHa VPS は、使いたいサーバーのテンプレートを選ぶだけで、難しいセットアップをする必要はありません。ポート開放作業も不要です。

しかも学割あり。

週末は友達とAssetto Corsaで快適に遊べますよ。

ConoHa VPSでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

タイトルとURLをコピーしました