当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【Starbound】無料専用サーバーの立て方

Starboundでマルチプレイしたいんだけどサーバーってどうやって立てるの?
ノートPCにもサーバーを建てられるのかな?

こんな悩みを解決します。

Starboundのサーバーを立てるには、自宅PCやレンタルサーバー上に自分でサーバーを立てる方法と、有料サービスを利用する方法の2通りあります。

自宅PCにサーバーを立てるというと難しく感じるかもしれませんが、Windows PCさえあれば無料でサーバーを立てることができます。

この記事では、Starboundのマルチプレイサーバーを無料で立てる手順を分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

Starboundサーバーとは?

仲間と同じ惑星でプレイできる

Starboundは1人でも複数人でも遊べるゲームですが、仲間とプレイ(マルチプレイ)するにはサーバーが必要です

Starboundサーバーを立てると、仲間と同じ惑星で冒険したり、PvP対戦できるようになります。

自宅PCを使うかサーバーを借りる

Starboundサーバーを立てるには、以下の2つの方法があります。

  • 自宅PCにサーバーを立てる
  • 有料サービスを利用する(サーバーを借りる)

今回は、自宅PCにサーバーを立てる方法を中心に紹介します。

自宅サーバーと有料サーバーとの違い

ここで自宅サーバーと有料サーバーの違いを見ておきましょう。

自宅サーバー

自宅サーバーは、自宅のPCを「Starboundサーバー」にする方法です。

Starboundサーバーに使うPCは、それほど高いスペックを要求されません。

ただし、マンション共用のインターネット回線やCATV回線では快適にプレイできなかったり、ポート開放できないこともあります。

有料サーバー

このような自宅サーバーのデメリットを解決できるのがXserver VPS のような国内の有料レンタルサーバーです。

有料サーバーには次のようなメリットがあります。

有料サーバーのメリット
  • サーバー専用OS「Ubuntu」で接続が安定
  • ルーターのポート開放の必要なし
  • 電気代がかからない

ストレスなく楽しめるのが有料サーバーの特長ですね。

有料サーバーを使うなら初心者にやさしいXserver VPS がおススメです。

Xserver VPSについては以下の記事で詳しく解説しています。

自宅PCで専用サーバーを立てるのに必要なスペック

さて、ここからは自宅PCでサーバーを立てる方法を紹介しましょう。

まず、自宅PCにマルチプレイサーバーを立てるときのスペックについてです。

Starboundの開発元では、サーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開していませんが、目安は以下の通りです。

OSWindows 10/11
メモリ2GB以上
ストレージ2GB以上
Starbound専用サーバーのスペック目安(OS利用分を除く)

高性能なPCでなくてもサーバーは動きそうですよね。

1台のPCでサーバーとゲーム本体を同時に動かすときは、サーバーとは別にゲーム本体もメモリやストレージを消費します。

自宅PCにマルチプレイサーバーを立てる手順

ではここからStarboundサーバーを自宅PCに立てる手順を紹介します。

以下の3ステップです。

Starboundサーバーのセットアップ手順
  1. Starbound Dedicated Serverをインストールする
  2. Starbound Dedicated Serverを起動する
  3. ルーターでポートを開放する

ステップ① Starbound Dedicated Serverをインストールする

まず、SteamでStarbound Dedicated Serverをインストールします。

インストール手順
  1. Steamのライブラリを開きます。
  2. 「starbound」で検索して「Starbound Dedicated Server」を選び、「インストール」をクリックします。
  3. インストール完了です。

ステップ② Starbound Dedicated Serverを起動する

つぎにインストールした「Starbound Decicated Server」の「起動」ボタンクリックします。

黒い画面が表示されれば、サーバーの起動は成功です。

サーバーが起動すると黒い画面が表示される

ステップ③ ルーターでポートを開放する

最大の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

種別カスタム設定
マッピング名starbound
内部ホストStarboundサーバーのPC
ルールプロトコルTCP/UDP
内部ポート番号21025-21025
外部ポート番号21025-21025

[適用]ボタンを押したら完了です。

サーバーへ接続する

サーバーのインストールが終わったら、実際に接続してみましょう。

  1. Starboundを起動し、「ゲームに参加」をクリックします。
  2. キャラクターを選択します。
  3. 「アドレス」にサーバーのIPアドレスを入力し、[参加]ボタンをクリックします。
    同一LAN内からサーバーに接続するときはローカルIPアドレス(例:192.168.1.2)を、インターネットからアクセスするときはグローバルIPアドレスを指定します。


サーバーに接続できましたか?

あとは遊ぶだけです!

自宅PCでサーバーを立てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代になります。

仮に1ヶ月間、ノートPCの電源がずっとONだと、電気代は約1,800円

ずっとオンラインで使いたいなら、レンタルサーバーを借りた方が安かったりします。

たとえば、Xserver VPS なら月664円(税込)からサーバーが使えるので、電気代だけ考えても十分に元が取れますね。

ノートPCはバッテリー劣化に注意

ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、バッテリーが徐々に劣化していきます。

バッテリーを買うとなると、機種によって5,000円~20,000円くらいかかってしまいます。修理センターに出すと、3万円近くかかることも。

ノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

ゲームプレイとサーバー両立が難しい

サーバーを建てて実際に遊び始めてから気づくのですが、1台のPCで、ゲームもしながらサーバーを動かすと、当然ながら遅くなります。

特に10人以上のプレイヤーで遊びたい人や、PvPモードで遊びたい人は注意してください。

最初からレンタルサーバーで始めるのが楽かもしれません。

まとめ

以上、Starboundサーバーを無料で立てる方法を紹介しました。

ポート開放は難しいし、ゲームも快適に遊びたいなぁ・・という人は、有料レンタルサーバーも検討してみてください。

国内レンタルサーバー「Xserver VPS」でもStarboundサーバーを立てられますよ。

Xserver VPS では、2024/7/1(月) 12:00まで「サーバー料金最大20%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

コメント

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました