当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【Project Zomboid】マルチプレイサーバーを無料で立てるには?

Project Zomboidを友達と遊ぶのにサーバーを用意する必要があるなんて面倒。
有料サーバーもあるみたいだけど、無料で簡単にサーバーを利用する方法はないの?
ノートPCにもサーバーを建てられるのかな?

こんな悩みを解決します。

Project Zomboidのサーバーを無料で立てるには、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを立てる方法の2通りあります。

自宅PCにサーバーを立てるというと難しく感じるかもしれませんが、手順を1ステップずつ分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

Project Zomboidサーバーとは?

ワールドデータを共有できる

Project Zomboidは1人でも複数人でも遊べるゲームですが、マルチプレイヤーで遊ぶには専用サーバーを用意する必要があります

Project Zomboid専用サーバー(Project Zomboid Dedicated Server)は、ワールドデータと友達と共有するために使います。

サーバーを立てる3つの方法

Project Zomboid専用サーバーを利用するには、以下の3つの方法があります。

  • 無料サーバーを利用する
  • 有料サーバーを利用する
  • 自宅PCにサーバーを立てる

今回は、無料サーバーを利用する方法と、自宅PCにサーバーを立てる方法を中心に紹介します。

無料サーバー「Skynode」

Skynode」は無料から使えるProject Zomboid専用サーバーです。

サーバーには有効期限があり、「有効期限の延長」ボタンを定期的に押すと使い続けられる仕組みです。

ただし、ボタンを押して広告を見ている間にゾンビにやられる可能性も。また、ボタンを押すのを忘れたらサーバーがデータごと削除されてしまいます。

「面倒くささが許容できる人」や「マルチプレイを体験したい人」なら、使ってみてもいいでしょう。

「自宅サーバー」と「有料サーバー」との違い

次に「自宅サーバー」と「有料サーバー」の違いを見ておきましょう。

自宅サーバー

自宅サーバーは、自宅のPCを「Project Zomboidサーバー」としてセットアップする方法です。

Project Zomboidサーバーに使うPCには、6GB前後のメモリが必要です(後述)。

そのため、ゲームをプレイするPCとは別に、サーバー用のPCを用意したほうがいいでしょう。

そのほか、マンション共用のインターネット回線などでは、サーバーのポート開放ができないこともあり、その場合、自宅サーバーを建てるのは困難です。

有料サーバー

ポート開放できない環境やサーバーに使えるPCがないときは、Xserver VPS のような国内のレンタルサーバーが便利です。

有料サーバーには次のようなメリットがあります。

レンタルサーバーのメリット
  • 24時間365日、いつでも好きな時間に接続できる
  • マンション共用のインターネット回線でも利用可能
  • ハイスペックなサーバーを1ヶ月単位で使える

お金はかかりますが、ストレスなく誰でも楽しめるのが有料サーバーの特長ですね。

有料サーバーを使うなら1ヶ月から使えるXserver VPS がおススメです。

Xserver VPSについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

Xserver VPS では、2024/7/1(月) 12:00まで「サーバー料金最大20%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

自宅PCで専用サーバーを立てるのに必要なスペック

次は、自宅PCに無料でマルチプレイサーバーを立てるときのスペックなどを解説します。

Project Zomboidサーバーに使うコンピュータの推奨スペックは以下の通りです。

CPUクアッドコアプロセッサー 以上
メモリ最低4GB
推奨6GB~8GB
ディスク10GB以上
ネットワーク有線LAN

最近のPCなら「メモリ8GB」だと思うので、スペックは問題もないと思います。

古いPCをサーバーとして使うときは、メモリに注意してください。

ノートPCでも動きますが、デスクトップPCの方が安定します。

自宅PCにマルチプレイサーバーを立てる手順

それでは早速、Project Zomboidのマルチプレイサーバーを立てる手順を解説します。

次の3ステップです。

Project Zomboidサーバーのセットアップ手順
  1. Project Zomboid Dedicated Serverをインストールする
  2. サーバー設定を変更する
  3. ルーターでポートを開放する

ステップ① Project Zomboid Dedicated Serverをインストールする

まず、Steamを開きます。

[ライブラリ]タブで「Project Zomboid」で検索して、Project Zomboid Dedicated Serverを選択し、[インストール]ボタンを押したら完了です。

ステップ② サーバー設定を変更する

次は「利用メモリ」「管理者パスワード」を設定します。

利用メモリを設定する

メモリが16GB未満の人は、次の設定変更を行ってください。

エクスプローラで C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Project Zomboid Dedicated Serverフォルダを開きます。

StartServer64.bat をテキストエディタで編集します。

4行目に -Xms16g -Xmx16g となっているところがあります。

Project Zomboid Serverに割り当て可能なメモリに合わせ、数字を変更します。

たとえば、メモリ8GBのPCなら、Windowsが使うメモリ2GBを差し引いて、-Xms6g -Xmx6g のように指定します。

割り当てるメモリを少なすぎると、頻繁にサーバーから切断されるようになります。逆に、割り当てるメモリが多すぎると、徐々にサーバーの応答がなくなっていきます。試しながら最適値を見つけてください。

管理者パスワードを設定する

StartServer64.bat をダブルクリックして、サーバーを起動します。

しばらくすると「Enter new administrator password:」と表示されます。

サーバーの管理者パスワードを入力して登録します。

ステップ③ ルーターでポートを開放する

最大の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ポート開放ツールとしてngrokがありますが、無料版ではProject Zomboidのポートを解放できません。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

種別カスタム設定
マッピング名Project Zomboid
内部ホストProject ZomboidサーバーのPC
ルールプロトコルUDP
内部ポート番号16261-16262
外部ポート番号16261-16262

[適用]ボタンを押したら完了です。

サーバーへの接続

サーバーが起動したら、実際に接続してみましょう。

IPアドレスを確認する

サーバーのIPアドレスは、What is my IP Address などで調べてみてください。

これを仲間に共有しましょう。

なお、自宅からLAN内のサーバーにアクセスするときは、ローカルIPアドレス(192.168.xxx.xxxという形式)になります。

マルチプレイで接続する

ではマルチプレイを始めてみましょう。

  1. Project Zomboidを起動して、[参加]を選びます。
  2. 右側の「お気に入りに追加」で、「サーバーのIPアドレス」「ポート番号」(16261)を入力します。
  3. 「アカウントユーザー名」「パスワード」に任意の値を入力して、[保存]ボタンをクリックします。
  4. [サーバーに参加]ボタンをクリックします。
  5. マルチプレイが始まりました!

ゲーム設定の変更

マルチプレイのゲーム設定は、簡単に変更できます。

  1. Project Zomboidを起動して、[ホスト]を選びます。
  2. サーバー名「servertest」の横にある[設定管理]ボタンをクリックします。
  3. [選択した設定を編集]ボタンをクリックします。
  4. 設定項目を変更して[保存]ボタンをクリックします。

設定を変更したら、サーバーを再起動してください。新しい設定になります。

modのインストール

マルチプレイサーバーではmodも使えます。

modをインストールするには、次の手順で行います。

  1. Project ZomboidのSteam Workshopページを開きます。
  2. インストールしたい mod を探して「サブスクライブ」ボタンをクリックします。
  3. ゲームを再起動します。
  4. [ホスト]メニューを選びます。
  5. サーバー名「servertest」の横にある[設定管理]ボタンをクリックします。
  6. [選択した設定を編集]ボタンをクリックします。
  7. INI>Steam Workshop でインストールしたい mod を選びます。
  8. INI>MOD で有効化する mod を選びます。
  9. [保存]ボタンをクリックします。

サーバーを再起動するとmodが使えるようになります。

「The Frigate」のようなマップmodもプレイできるようになりますよ。

マップmodもマルチプレイサーバーで使える

自宅PCでサーバーを立てるときに注意したいこと

注意点① 電気代が思ったよりかかる

「友だちとプレイするときだけサーバーを起動する」なら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代になります。

仮に1ヶ月間、ノートPCの電源がずっとONだと、電気代は約1,800円

ずっとオンラインで使いたいなら、レンタルサーバーを借りた方が安かったりします。

たとえば、Xserver VPS なら月664円(税込)からサーバーが使えるので、電気代だけ考えても元が取れますね。

注意点② ノートPCはバッテリー劣化や膨張に注意

ノートPCは「常時電源ON」を想定して作られている製品ではないので、PCが劣化したり壊れたりする可能性があります。

まず、ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、バッテリーの劣化が進んでしまいます。

バッテリーの膨張や高熱で、ノートPCの内部から破損する心配も。

余っているノートPCを使うなら別ですが、基本的にノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

注意点③ ゲームプレイとサーバー両立が難しい

サーバー用のPCがない人は、1台のPCでゲームプレイをしながら、同時にサーバーを動かすしかありません。

ですが、一般的なスペックのPCだとメモリ不足が頻発し、動きがカクカクしてしまう。

ノートPC1台しかない人は、最初からレンタルサーバーで始めるのも一案です。

まとめ

以上、Project Zomboidマルチプレイサーバーを無料で立てる方法を紹介しました。

ポート開放は難しいし、電気代も高いなぁ・・という人は、有料レンタルサーバーも検討してみてください。

Xserver VPS は、遊びたいゲームのテンプレートを選ぶだけで、難しいセットアップは必要ありません。

週末は友達とProject Zomboidで快適に遊べますよ。

Xserver VPS では、2024/7/1(月) 12:00まで「サーバー料金最大20%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

コメント

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました