【ARK Survival Evolved】専用サーバーを無料で立てるには?

ゲーム
ゲーム

ARK Survival Evolvedを友達と遊ぶのにサーバーを用意する必要があるなんて面倒。
有料サーバーもあるみたいだけど、無料で簡単にサーバーを利用する方法はないの?
ノートPCにもサーバーを建てられるのかな?

こんな悩みを解決します。

ARK Survival Evolvedのサーバーを無料で立てるには、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを立てる方法の2通りあります。

自宅PCにサーバーを立てるというと難しく感じるかもしれませんが、手順を1ステップずつ分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

ARK専用サーバーとは?

ワールドデータを共有できる

ARKは1人でも複数人でも遊べるゲームですが、マルチプレイヤーで遊ぶには専用サーバーを用意する必要があります

ARK専用サーバー(ARK Dedicated Server)は、ワールドデータと友達と共有するために使います。

無料・有料サーバーを使うか自宅PCにサーバーを立てる

ARK専用サーバーを利用するには、以下の3つの方法があります。

  • 無料サービスを利用する
  • 有料サービスを利用する
  • 自宅PCにサーバーを立てる

今回は、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを立てる方法を中心に紹介します。

有料サーバーを使うなら初心者にやさしいConoHa VPS がおススメです。

ConoHa VPSについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

スポンサーリンク

無料サーバー「ScalaCube」

ScalaCube」は無料から使えるARK専用サーバーです。

ただ、無料版ではプレイヤーが1人しか接続できず、マルチプレイができないのが残念なところ。

ScalaCubeは1プレイヤーしか接続できない

しかも、ファイルを保存できないし、サーバーは起動後2時間で終了してしまいます。

面倒くささが許容できるのであれば、使ってみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

ScalaCubeと有料サーバーとの違い

無料マルチプレイサーバーのデメリットを解決できるのがConoHa VPS のような有料のレンタルサーバーです。

有料サーバーには次のようなメリットがあります。

レンタルサーバーのメリット
  • 常に自分専用で動いているので快適に接続できる
  • スペックアップすれば同時接続数も増やせる
  • データのバックアップができる

ストレスなく楽しめ、いざというときも安心なのが有料サーバーの特長ですね。

ConoHa VPSでは期間限定で「700円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。
今だけ最大1週間無料!

ConoHa VPSのARKサーバーを試す

スポンサーリンク

自宅PCで専用サーバーを立てるのに必要なスペック

次は、自宅PCに無料でマルチプレイサーバーを立てるときのスペックなどを解説します。

ARKの開発元では、ARKサーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開しています。

OSWindows または Ubuntu (64bit)
メモリ6GB以上
ディスク15GB以上
※実際は最低でも20GB以上が必要

高スペックなPCが必要かと思いきや、最近のPCなら、何の問題もないと思います。

ただし通信速度が重要なので、ネットワークは無線(Wi-Fi)ではなく、必ずLANケーブルでルーターにつなぐようにしましょう。

LANケーブルを買うなら、ネットワーク遅延が減らせるカテゴリ6(CAT6)以上がおススメです。

フラットケーブル(薄っぺらいケーブル)は通信が安定しないので避けましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥484 (2022/06/30 18:49:59時点 Amazon調べ-詳細)

また、PCの内蔵ディスクをSSDに変えておくと、動作がサクサクになるのでおススメです。

ノートPCでも動きますが、デスクトップPCの方が安定します。

スポンサーリンク

自宅PCにマルチプレイサーバーを立てる手順

ではここからは、Windows 10にARK専用サーバーをインストールする手順を紹介します。

  1. 必須ソフトウェアをインストールする
  2. ARK Server Managerをインストールする
  3. ARK Server Managerを初期設定する
  4. ARK Server Managerでサーバーを起動する
  5. ポートを開放する

必須ソフトウェアをインストールする

まず、ARK Dedicated Serverが必要とする2つのソフトウェアをインストールします。

ARK Server Managerをインストールする

つぎに、ARK Server Managerをインストールします。

  1. ARK Server Managerのダウンロードページからlatest.exeをダウンロードします。
  2. latest.exe をダブルクリックします。
  3. インストーラーが動き出すので、Nextボタンでデフォルト設定のまま、インストールします。
  4. インストール完了です。

続けて、「ARK: Survival Evolved Wiki」で配布している日本語化パッケージをインストールします。

  1. ARK: Survival Evolved WikiのARK Server Managerのページから、日本語化パッケージ200818.zipをダウンロードします。
  2. 200818.zipを解凍すると、ja-jpディレクトリがあります。
  3. ja-jpディレクトリを C:\Program Files\ArkServerManager\Globalization フォルダに移動します。

ARK Server Managerを初期設定する

ARK Server Managerを初期設定します。

サーバー初期設定
  1. スタートメニューから[ARK Server Manager]をクリックします。
  2. Run as Administratorという質問が表示されたら[はい]を選択します。
  3. ARK Server Managerがデータの保存に使うドライブとフォルダ名を指定します。
  4. 確認画面で[はい]を選択します。
  5. [OK]を選択します。
  6. ARK Server Managerを再度起動するとダウンロードが始まります。
  7. しばらくすると、ARK Server Managerの画面が表示されます。[Open Global Settings]ボタンをクリックします。
  8. Languageで日本語を選びます。

ARK Server Managerでサーバーを起動する

初期設定が終わったので、いよいよワールドを作り、サーバーを起動します。

見出し
  1. ARK Server Managerで[+]ボタンを押します。
  2. プロファイルが作成されます。
  3. [管理者]タブ内のサーバー名称を分かりやすい名前に変更します。また、マップ名も入力します。
  4. ARKサーバーへのパスワードは自動設定されているので、パスワード欄の「クリックで表示されます」部分をクリックし、設定されたパスワードをメモしておきます。
  5. [開始]ボタンをクリックします。次のようなサーバーコンソールが表示されます。

ルーターでポートを開放する

最大の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ngrokなどポート開放ツールもありますが、無料版ではARKのポートを解放できません。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

種別カスタム設定
マッピング名ark
内部ホストARKサーバーをインストールしたPC
ルール①プロトコルUDP
内部ポート番号27015-27015
外部ポート番号27015-27015
ルール②プロトコルUDP
内部ポート番号7777-7778
外部ポート番号7777-7778
ルール③プロトコルTCP
内部ポート番号27020-27020
外部ポート番号27020-27020
ARKサーバー向けルータ設定例
ARKサーバー向けルータ設定例

[適用]ボタンを押したら完了です。

ポート開放の確認

ルーターの設定変更が終わったら、ポートが開放されているか、確認しましょう。

「ARK:SE JP SERVERS」サイトのポートチェックページが便利です。

IPアドレス(ARK Server Managerの上部に記載)クエリポート番号(27015)を入力し、[確認]ボタンを押してください。

次のように「取得できました」と表示されればOKです。

ARKサーバーのポート開放確認結果

これでサーバーの設定は終わりです。お疲れさまでした!

ARKからサーバーに接続する

では早速、ARKから自分で建てたサーバーに接続しましょう。

Steamにサーバー情報を登録する

ARKサーバーの情報はSteamに登録します。

Steamを開き、[表示]-[サーバー]を選択します。

Steamで[表示]-[サーバー]を選択

[サーバーを追加]ボタンをクリックします。

「ARKサーバーのIPアドレス」+「:27015」を続けて記入します。

(例) 198.51.100.23:27015

[このアドレスをお気に入りに追加]ボタンをクリックします。

ARK Server Managerで設定したサーバー名が表示されたらOKです。

ARKからサーバーに接続する

次はARKを起動して、[サーバー検索]をクリックします。

画面左下のセッションフィルターを「お気に入り」にすると、Steamで登録したサーバーが表示されます。クリックしてから「開始」ボタンをクリックします。

データのロードが始まります。ドキドキ・・・。

キャラメイク画面が表示された!

もうあとは友達を呼んで遊ぶだけですね。

自宅PCでサーバーを立てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代になります。

仮に1ヶ月間、PCの電源がずっとONだと、電気代が1,800円ほどかかります。

自宅サーバーなら無料だと思いがちですが、電気代は盲点ですね。

ノートPCはバッテリー劣化に注意

ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、バッテリーが徐々に劣化していきます。

バッテリーを買うとなると、機種によって5,000円~20,000円くらいかかってしまいます。修理センターに出すと、3万円近くかかることも。

ノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

1台でゲームプレイとサーバー両立は不可

ARKはサーバーもゲーム本体も、かなりのスペック(CPU、メモリ、ディスク)が必要です。

1台のPCで、ゲームもしながらサーバーを動かすというのは、高性能なゲーミングPCを除けばムリ。

サーバーに使えるPCがない人は、自宅サーバーはあきらめた方がいいかもしれません。

まとめ

ARKマルチプレイサーバーを無料で立てる方法を紹介しました。

自宅PCにサーバーを立てるのは性能的にも難しいし、無料サーバーでは使い物にならない・・という人は、有料レンタルサーバーも検討してみてください。

ConoHa VPSは、作りたいゲームサーバーを選ぶだけでセットアップ完了。ポート開放作業も不要です。

しかも学割あり!学生さんだけの特権ですね。。

じゃんじゃん友達を誘ってARKを攻略しましょう。

ConoHa VPSでは期間限定で「700円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。
今だけ最大1週間無料!

ConoHa VPSのARKサーバーを試す

タイトルとURLをコピーしました