当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【PR】Xserver VPSでProject Zomboidサーバーを立ててみた

Xserver VPSでProject Zomboidサーバーって簡単に立てられるの?

こんな悩みを解決します。

Xserver VPSはProject Zomboidに対応しているレンタルサーバーです。

このたび、エックスサーバー様のご厚意でXserver VPSを提供していただきました。そこでProject Zomboidサーバーとしてどこまで使えるのか、徹底的に使い倒してみました。

 

Xserver VPSは、サーバーのスペックや種別を選ぶだけで、誰でも5分あればサーバーが作れます。

しかも、簡単に設定を変更できるので、思う存分、マルチプレイを楽しめそうですね。

 

この記事では、「Xserver VPS」でProject Zomboidサーバーを立てる手順を画面キャプチャ付きで分かりやすく解説します。

マルチプレイサーバーを作って、友だちと楽しく遊ぼう!

Xserver VPS では、2024/3/11(月) 12:00まで「サーバー料金最大30%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

「Xserver VPS」は「Project Zomboid」に対応

Xserver VPSは、「仮想サーバー」という自分専用のサーバーを格安で利用できるサービスです。

Project Zomboidにも対応しているので、簡単にマルチプレイサーバーを立てられます。

また、Xserver VPSはレンタルサーバー大手「エックスサーバー」が運営しているので、安心感がありますね。

Project Zomboidサーバーを立てる流れは、このあと詳しく説明します。

Xserver for GAMEとの違い

Xserver VPSの関連サービスとしてXserver for Game がありますが、同じVPSなので料金やスペックは変わりません。サーバーのインストール手順も同じ。特にこだわりがなければゲーム以外にも使えるXserver VPSの方をおススメします。

Xserver VPSのProject Zomboidサーバーの料金

では、Xserver VPSでProject Zomboidサーバーを立てた時に、費用がいくらかかるのかを見てみましょう。

Xserver VPSのサーバー料金は以下の通りです。

メモリ月額料金(税込)
2GBプラン580円~1,150円
4GBプラン1,190円~2,200円
8GBプラン2,240円~4,400円
Xserver VPSのサーバー料金(2024/02/14時点)

2GBプランで月580円(税込)~という価格で、長期契約すればするほど安くなります。

Project Zomboidサーバーはメモリ4GB以上が推奨ですが、Xserver VPSでは2GBプランでも動作するよう最初から設定されているので安心です。

ちなみに、Xserver VPSは初期費用が無料で、契約期間の縛りもありません。最低1ヶ月から使えます。

Xserver VPSはProject Zomboid以外のゲームにも対応しています。Project Zomboidサーバーを申し込んだ後、追加料金なしで他のゲームサーバーへ変更できます。

「Xserver VPS」での「Project Zomboidサーバー」の立て方

Xserver VPSでProject Zomboidサーバーを立てる手順は、以下の3ステップです。

  1. Xserverアカウントを作成する
  2. 作りたいサーバーを選ぶ
  3. 支払い情報を登録する

ステップ① Xserverアカウントを作成する

Xserver VPS の公式サイトから「お申し込み」に進みます。

「新規お申込み」を選択します。

「メールアドレス」「パスワード」「登録区分」「名前」「住所」「電話番号」などを入力します。

入力したメールアドレス宛てに送信された「確認コード」を入力します。

「電話番号」を入力し、「テキストメッセージで取得(SMS)」か「自動音声通話で取得」を選択します。

受け取った認証コードを入力したら、アカウント登録は完了です。

ステップ② 作りたいサーバーを選ぶ

エックスサーバーのアカウント登録が終わったら、次はProject Zomboidサーバーを作成しましょう。

1. 料金タイプとプランを選択

プランは「メモリ:2GB」、サーバーの契約期間は「1ヶ月」~「36ヶ月」の間で選びます。

2. イメージタイプを選ぶ

イメージタイプとして「アプリケーション」タブにある「Project Zomboid」を選びます。

3. rootパスワードを入力

最後のrootパスワードは、サーバー管理に使う重要なパスワードです。パスワード生成ツールなどを利用し、9文字以上のパスワードを入力します。忘れないようにメモを取っておきましょう。

ステップ③ 支払い情報を登録する

最後に支払い情報を入力します。「クレジットカード」もしくは「コンビニ支払い」「口座振替」「銀行振込」から選びましょう。

コンビニ払いは手数料が最大で390円かかります。

お疲れ様でした。

これでProject Zomboidサーバーの準備ができました。

Project Zomboidサーバーに接続する

では早速、自分で建てたサーバーに接続しましょう。

ステップ① IPアドレスを確認する

まずは接続先のIPアドレスを確認します。

IPアドレスの確認
  1. Xserver VPS契約管理ページを開き、「VPS管理」ボタンをクリックします。
  2. VPS情報ページの下部に「IPアドレス」が表示されているので、これをメモしておいてください。

ステップ② 接続情報を確認する

次にProject Zomboidサーバーへの接続パスワードを確認します。

  1. SSHクライアント(RLoginTeraTermなど)をインストールします。
  2. RLoginを起動します。
  3. [新規]ボタンをクリックします。
  4. エントリーに任意の名前、ホスト名に「IPアドレス」、ログインユーザー名は root、パスフレーズは「rootパスワード」を入力し、[OK]をクリックします。
  5. 登録したサーバーをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  6. 次のような画面が表示されたら、サーバーへのログイン成功です。「接続パスワード」と「管理者パスワード」をメモしておいてください。

ステップ③ マルチプレイで接続する

ではマルチプレイで接続してみましょう。

  1. Project Zomboidを起動して、[参加]を選びます。
  2. 右側の「お気に入りに追加」で、「お気に入りの名前」に任意の名前、「サーバーのIPアドレス」にXserver VPSのIPアドレス、「ポート番号」 16261「サーバーパスワード」にログインして調べた接続パスワードを入力します。
  3. 「アカウントユーザー名」「アカウントパスワード」に任意の値を入力して、[保存]ボタンをクリックします。
  4. [サーバーに参加]ボタンをクリックします。
  5. マルチプレイが始まりました!

ゲーム設定の変更

Xserver VPSのゲーム設定は、次の手順で変更できます。

ステップ① ゲーム設定ファイルをダウンロードする

まずはProject Zomboidサーバーのゲーム設定ファイルをダウンロードします。

見出し
  1. WinSCPのダウンロードページからWinSCPをダウンロードして、インストールします。
  2. WinSCPを起動すると次のようなウィンドウが表示されます。ホスト名に「サーバーのIPアドレス」、ユーザー名に root 、パスワードに「Xserver VPS契約時に入力したrootパスワード」 を入力します。

    ※[保存]ボタンを押すと設定が保存されるので、2回目以降のログインが簡単になります。
  3. エクスプローラーのような画面が表示されるので、右側のタブは /home/steam/Zomboid/Server ディレクトリに、左側のタブは C:\Users\<ユーザー名>\Zomboid\Server ディレクトリに移動します。
  4. ドラッグ&ドロップで、すべてのファイル(servertest.iniなど4つのファイル)をダウンロードします。

ステップ② ゲーム設定を編集する

  1. Project Zomboidを起動して、[ホスト]を選びます。
  2. サーバー名「servertest」の横にある[設定管理]ボタンをクリックします。
  3. [選択した設定を編集]ボタンをクリックします。
  4. 設定項目を変更して[保存]ボタンをクリックします。

ステップ③ ゲーム設定ファイルをアップロードする

見出し
  1. WinSCPで、左側のファイルをすべて右側にドラッグ&ドロップします。
  2. Xserver VPSのVPSパネルを開き、[電源操作]-[再起動] をクリックします。
  3. 2~3分後、新しい設定でサーバーに接続できるようになります。

modのインストール

Xserver VPSのProject Zomboidサーバーではmodも使えます。

ゲーム設定ファイル(servertest.iniなど4つのファイル)をダウンロードしたあと、次の手順を行ってください。

  1. Project ZomboidのSteam Workshopページを開きます。
  2. インストールしたい mod を探して「サブスクライブ」ボタンをクリックします。
  3. ゲームを再起動します。
  4. [ホスト]メニューを選びます。
  5. サーバー名「servertest」の横にある[設定管理]ボタンをクリックします。
  6. [選択した設定を編集]ボタンをクリックします。
  7. INI>Steam Workshop でインストールしたい mod を選びます。
  8. INI>MOD で有効化する mod を選びます。
  9. [保存]ボタンをクリックします。

ここまで準備ができたら、先ほど説明した「ゲーム設定ファイルをアップロードする」手順で設定ファイルをアップロードして、サーバーを再起動してください。

これで「The Frigate」のようなマップmodもプレイできるようになりますよ。

マップmodもマルチプレイサーバーで使える

まとめ:Xserver VPSなら設定変更も自由自在

以上、Xserver VPSでProject Zomboidサーバーを立ててから、設定を変更する手順まで紹介しました。

Xserver VPSでマルチプレイサーバーを立てるのはそれほど難しくありません。

ポート開放も不要で、電気代がかからないのもメリットですね。

ゲーム設定の変更やmodのインストールも、シングルプレイと同じ方法が使えます。

まずはXserver VPSでサーバーを作って、友だちを誘ってみよう!

Xserver VPS では、2024/3/11(月) 12:00まで「サーバー料金最大30%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました