当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【Xserver VPS】rootパスワードを忘れたら?再設定できます

Xserver VPSで立てたサーバーのrootパスワードが分からない!
調べる方法ってあるの?

こんな悩みを解決します。

 

「Xserver VPS」のrootパスワードは、サーバーを作成するときに指定します。

しかし、rootパスワードを後から確認することはできません。

その代わり、rootパスワードの再設定はできます。

 

この記事では、Xserver VPSで立てたサーバーのrootパスワードを再設定する方法を紹介します。

マルチプレイサーバーを作ったのに忘れてしまった・・・という人も、再設定できるので安心してください。

データが消える心配もないですよ。

スポンサーリンク

Xserver VPSのrootパスワードの再設定手順

rootパスワードの再設定手順は、以下の3ステップです。

  1. GRUB画面を表示する
  2. シングルユーザーモードに切り替える
  3. rootパスワードを再設定する

では早速行きましょう。

GRUB画面を表示する

最初に、GRUBと呼ばれるOS選択画面を表示します。

GRUB画面の表示手順
  1. Xserver VPSにログインし、サーバー一覧画面で[VPS管理]ボタンをクリックします。
  2. [コンソール]ボタンをクリックします。
  3. コンソール画面が表示されます。ウィンドウが小さいので広げておいてください。
  4. [Ctrl+Alt+Del]ボタンをクリックします。
  5. ボタンを押したらすぐに、黒い画面をクリックします。
  6. 次のような画面が表示されたら[Esc]キーを押します。
  7. 次のような画面が表示されたらOKです。この画面が表示されないときは、4~6の手順を繰り返してください。

「Ctrl+Alt+Del」ボタンを押してしばらく経っても、黒い画面のまま、反応がないときがあります。2~3分待っても何も表示されないときは、もう一度、「Ctrl+Alt+Del」ボタンを押してみてください。

シングルユーザーモードに切り替える

次は、シングルユーザーモードでOS(Ubuntu)を起動します。

ここから先はキーボード操作のみです。

シングルユーザーモードに切り替える手順
  1. 「Ubuntu」が選択されている状態で、「e」キーを押します。
  2. 次のような画面が表示されます。
  3. 上下カーソルキーを使い、「linux」から始まる行を探します(上から20行目くらいにある)。
  4. ro」という文字の後ろから行末までの文字[Del]キーで消します。
  5. ro」という文字を「rw」に変更します。
  6. rw」の後ろに「 single init=/bin/bash」を追加します。
  7. 最終的に、次のようになればOKです。「Ctrl」+「X」もしくは[F10]キーを押します。

これでOSが再起動します。

=」は「^」のキーを押すと入力できます。

間違えたときは、[ESC]キーを押してください。修正した内容が破棄され、元の画面に戻ります。

rootパスワードを再設定する

最後は、rootパスワードを再設定しましょう。

rootパスワードの再設定手順
  1. 画面の下部が root@(none):/# という表示になっていることを確認します。
  2. passwd root と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. 新しいパスワードを入力します。コピペは使えません
  4. 新しいパスワードを再入力します。
  5. passwd: password updated successfully」と表示されたら、成功です。

「Ctrl+Alt+Del」ボタンでサーバーを再起動します。これで完了です。

スポンサーリンク

まとめ:Xserver VPSのrootパスワード再設定は可能

以上、Xserver VPSのrootパスワード再設定方法を紹介しました。

rootパスワードの再設定は、少々手間がかかりますね。

データが消えてOKなら、サーバーを作り直した方が早いかもしれません。

コメント

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました