【これで解決】7 Days to Dieサーバーに入れない原因7選!対処法も解説

ゲーム
ゲーム

7 Days to Dieのサーバーに入れない!
友だちとマルチで遊びたいだけなのに・・・。

こんな悩みを解決します。

 

7 Days to Dieのサーバーに接続するには、IPアドレスポート番号を指定するだけ。

カンタンそうに思えますが、サーバー側の設定やゲーム側の設定などが原因で、つながらないことが多々あります。

 

そこでこの記事では、7 Days to Dieのサーバーに入れない原因とチェックポイントを7つ、紹介します。

サーバーの問題は、この場で解決してしまいましょう!

スポンサーリンク

7 Days to Dieのサーバー接続は難易度がやや高め

7 Days to Die Dedicated Server(専用サーバー)はサーバーの構築自体、さほど難しいものではありません。

でも7 Days to Dieの場合は、サーバー接続に関連した要素が比較的多いです。

なので仕組み上、整合性の問題が起きやすくなっています。

 

では、サーバーに入れないときのエラーを元に、考えられる原因を順に紹介していきます。

スポンサーリンク

「サーバーの接続に失敗しました。サーバー情報が取得できませんでした」エラーの原因

最もエラーとして多いのは「サーバーの接続に失敗しました」です。

サーバーが原因の場合もあれば、接続するゲーム側が原因の場合もあります。

原因① IPアドレスやポート番号が間違っている

ゲームに参加するときに指定するIPアドレスやポート番号が間違っている可能性があります。

もう一度、サーバーのIPアドレスとポート番号を確認してみましょう。

サーバーのIPアドレスを再確認する

サーバーのIPアドレスは、https://whatismyipaddress.com/ などで確認できます。

またIPアドレスは、サーバーコンソールの「Session address:」の後にも表示されています。

サーバーコンソールからIPアドレスが確認できる

同一LAN内にサーバーがある時は、ローカルIPアドレス(192.168.xxx.xxx形式のアドレス)を指定します。

サーバーのポート番号を再確認する

7 Days to Die専用サーバーのポート番号はデフォルト値が26900です。

サーバーによっては26900以外の番号に変更されているときがあります。

サーバーコンソール画面でポート番号を確認してみてください。

サーバーコンソールのタイトルからポート番号が確認できる

原因② ポートが解放されていない

7 Day to Die Dedicated Serverのポートが解放されていない可能性があります。

ルーターやファイアウォールの設定を見直し、7 Days to Dieで使うポートがインターネットからアクセスできるようにしてください。

解放が必要なポートは以下の通りです(ポート番号がデフォルト値の場合)。

プロトコルポート番号
TCP26900
UDP26900-26903

以下ページで、ルーターHG8045Qでの設定例を解説しています。

原因③ サーバーが起動していない

サーバーが正常に起動していない可能性があります。

たとえば、次のような時はサーバーが起動しません。

  • serverconfig.xmlの設定に誤りがある
  • serverconfig.xmlをテキストエディタで開いたままにしている

7 Days to Dieは設定トラブルが多いです。

よく分からなくなったときはserverconfig.xmlを元に戻し、エディタを閉じてからサーバーを起動してみてください。

原因④ Steamのサーバーメニューから接続している

7 Days to Dieのサーバーに接続するには、ゲームを起動して「ゲームに参加」メニューからIPアドレスやポート番号を指定します。

[ゲームに参加]をクリック
[検索開始]をクリック
[IPに接続しています]をクリック
IPアドレスとポートを入力して[接続]

なお、Steamにも「サーバー」メニューがありますが、「サーバー」メニューからだと「サーバーの接続に失敗しました」というエラーになります

必ず「ゲームに参加」メニューを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

「サーバーから切断されました。ネットワークのタイムアウトです」エラーの原因

次によく発生するエラーは「サーバーから切断されました」です。

基本的にはサーバー側の問題ですね。

原因① サーバー側のメモリやCPUが足りていない

プレイヤー数やマップの広さに対して、サーバー側のCPUやメモリが足りていない可能性があります。

 

サーバー側の処理が追いつかなくなって発生するエラーが「タイムアウト」です。

意図せず「サーバーから切断されました」が起きるなら、サーバースペックが足りていない証拠。

 

7 Days to Dieを快適に遊べるサーバースペックとして、メモリは8GB以上は欲しいところです。

自宅サーバーでスペックが足りないなら、 ConoHa VPS などのレンタルサーバーを使う手も。

レンタルサーバーはポート開放済み&サーバーインストール済みなので、すぐマルチプレイできます。

ConoHa VPSでは8/31(水)まで「1000円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今だけ最大1ヶ月無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

原因② サーバー側のウィルス対策ソフトの影響

サーバー側のウィルス対策ソフトが原因で、処理速度の低下が起きている可能性があります。

マルチプレイサーバーと、ウィルス対策ソフトの相性はよくありません。

リアルタイム保護機能を無効にするか、7 Days to Dieが使うディレクトリ(C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\7 Days to Die Dedicated Server)は保護の対象外にしておきましょう。

スポンサーリンク

「EAC認証の確認待ちです…」で止まる原因

最後に少々分かりにくいエラーとして「EAC認証の確認待ちです…」があります。

Easy Anti-Cheat機能が無効になっている

「チート対策機能」が無効のままゲームを起動した可能性があります。

サーバー側がEasy Anti-Cheatを有効化していると、接続する側は「チート対策機能」を有効化する必要があります。

Steamからゲームを起動するとき、「Show game lancher」を選んで[プレイ]をクリックし、「Use EasyAntiCheat(EAC)」にチェックをした状態で始めるようにしましょう。

チート対策機能を有効化してゲームを開始する
スポンサーリンク

まとめ:サーバー側は特に注意しよう

以上、7 Days to Dieのマルチプレイサーバーに入れない原因と対策を紹介しました。

 

サーバー側も接続する側も、どちらもトラブルの原因になります。

ただ、7 Days to Dieはサーバーが原因になるケースが多い印象。

「自宅サーバーは難しいかも」と思った人は、レンタルサーバーも検討してみてください。

 

サーバーに入れない原因を調べるのは今日でおしまい。

ゲームをプレイするのに時間を使いましょう!

ConoHa VPSでは8/31(水)まで「1000円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今だけ最大1ヶ月無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

タイトルとURLをコピーしました