当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【Rust】非公式サーバーの立て方

理不尽な戦闘に巻き込まれるサーバーではプレイしたくない。自分専用サーバーでRustをプレイするにはどうしたらいいの?

こんな悩みを解決します。

Rustの専用サーバーを立てるには、「自宅PCにサーバーを立てる方法」「レンタルサーバーを利用する方法」の2通りあります。

サーバー要件に合うWindows PCが用意できれば自宅でサーバーを立てられますし、レンタルサーバーならサーバーのセットアップ作業が不要です。

この記事では、Rust非公式サーバーを立てる手順を分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

Rust専用サーバーとは?

ワールドデータを共有できる

Rustはマルチプレイ前提なので、ゲームをプレイするにはサーバーが必要です。

Rust専用サーバー(Rust Dedicated Server)を立てると、ワールドデータがプレイヤー間で共有されるので、マルチプレイができるようになります。

自宅PCを使うかサーバーを借りる

Rust専用サーバーを利用するには、以下の2つの方法があります。

  • 自宅PCにサーバーを立てる
  • レンタルサーバーを利用する

今回は、自宅PCにサーバーを立てる方法を中心に紹介します。

無料サーバー「ScalaCube」はサービス終了

ScalaCubeは過去にRustサーバーのFreeプランがあり、機能制限があるものの、無料でサーバーが使えました。

過去にRust Freeプランがあったが現在は終了している

ですが残念ながらScalaCubeのFreeプランは終了しています。

そのため現在、Rustサーバーが無料で使えるサービスは存在しません。

自宅サーバーとレンタルサーバーとの違い

ここで「自宅サーバー」と「レンタルサーバー」の違いを見ておきましょう。

自宅サーバー

自宅サーバーは、自宅のPCを「Rust非公式サーバー」としてセットアップする方法です。

サーバー要件を満たすWindows PCがあれば、Rustサーバーとして使えます。

ただし、マンション共用のインターネット回線などでは、サーバーのポート開放ができない点には注意してください。

1台のPCで「ゲームをプレイしながら同時にサーバーも動かす」ことは理論上できますが、相当な高スペックPCを除き、おススメできません。

レンタルサーバー

ポート開放できない環境や、サーバー用のPCが用意できないときはXserver VPS のような国内のレンタルサーバーが便利です。

レンタルサーバーには次のようなメリットがあります。

レンタルサーバーのメリット
  • セットアップ不要で自分専用サーバーがすぐ作れる
  • ルーターのポート開放の必要なし
  • 電気代がかからない

すぐに自分専用サーバーでプレイできるのがレンタルサーバーの特長ですね。

レンタルサーバーを使うなら初心者にやさしいXserver VPS がおススメです。

Xserver VPSについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

Xserver VPS では、2024/7/29(月) 17:00まで「サーバー料金最大30%キャッシュバック」キャンペーンを実施中

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

自宅PCで専用サーバーを立てるのに必要なスペック

次は、自宅PCに無料でマルチプレイサーバーを立てるときのスペックなどを解説します。

Rustの開発元では、Rust専用サーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開しています。

OSWindows または Linux または OS X
メモリ12GB以上
※6kマップの場合はそれ以上必要
ディスクSSD 15GB以上

メモリ

Rustサーバーで重要なのはメモリです。

12GB以上のメモリを搭載しているPCを使ってください。

16GBの増設用メモリは1万円を切る価格なので、これを機に買っておくのも手です。

ネットワーク

ネットワークは無線(Wi-Fi)ではなく、必ずLANケーブルでルーターにつなぐようにしましょう。

LANケーブルを買うなら、ネットワーク遅延が減らせるカテゴリ6(CAT6)以上がおススメです。

フラットケーブル(薄っぺらいケーブル)は通信が安定しないので避けましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥451 (2024/07/13 15:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

ストレージ

ドライブの空き容量が少ない人は、不要なファイルを削除するか、外部SSDの購入を検討してみてください。

ノートPCでも動きますが、デスクトップPCの方が安定します。

自宅PCにマルチプレイサーバーを立てる手順

ではここからは、Windows 11にRust専用サーバーをインストールする手順を紹介します。

  1. ファイルをダウンロードして展開する
  2. サーバーを設定を変更して起動する
  3. ポートを開放する

比較的簡単ですね。

手順① ファイルをダウンロードして展開する

まずは、Rustサーバーをインストールします。

  1. Facepunchのサーバー作成ページからRust_server.zipファイルをダウンロードします。
  2. Rust_server.zipを展開します。
  3. C:\ ドライブにRust_Serverフォルダを移動します。

手順② サーバーの設定を変更して起動する

次に、Rustサーバーの設定を変更します。

C:\Rust_Server\Server\Run_DS.bat をテキストエディタで編集します。

テキストエディタがない人は、サクラエディタをインストールしてください。

サーバー初期設定
  1. C:\Rust_Server\Server\Run_DS.bat をテキストエディタで開きます。
  2. +server.hostname の後ろに、Rustサーバー名を入力します(チーム名とか分かりやすい名前で)。
  3. +server.seed の後ろに、マップ生成時のシードキーを入力します(適当な数字)。
  4. +rcon.port 28016 +rcon.password "password" を入力します。”password”の部分は、ちゃんとしたパスワードに変更します(RCONで使用)。
  5. ファイルを保存します。

設定が終わったら、Run_DS.bat をダブルクリックして起動します。

20~30分後、次のような画面になればOKです。

手順③ ポートを開放する

最後の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

種別カスタム設定
マッピング名rust
内部ホストRustサーバーをインストールしたPC
ルール①プロトコルUDP
内部ポート番号28015-28015
外部ポート番号28015-28015
ルール②プロトコルTCP
内部ポート番号28016-28016
外部ポート番号28016-28016

[適用]ボタンを押したら完了です。

これでサーバーの設定は終わりです。お疲れさまでした!

Rustからサーバーに接続する

では早速、Rustから自分で建てたサーバーに接続しましょう。

サーバー名で接続する

Rustサーバーへの接続方法
  1. Rustを起動し、PLAY GAMEをクリックします。
  2. 「Community」をクリックして「Show Empty」にチェックし、入力ボックスにRustサーバー名(例:Kozenist Server)を入力します。自分で建てたサーバーが表示されるので、クリックします。
  3. 「JOIN SERVER」ボタンをクリックします。
  4. データの読み込みが始まります。
  5. マルチプレイのスタートです!

IPアドレスで接続する

サーバーにリストアップされないときや、他のサーバーと区別がつかないときは、IPアドレスでも接続できます。

先に、サーバーのIPアドレスを、What is my IP Address などで調べておいてください。

見出し
  1. Steamを開き、[表示]-[サーバー]を選択します。
  2. [サーバーを追加]ボタンをクリックします。
  3. IPアドレス:29015」を入力して、[このアドレスをお気に入りに追加]ボタンをクリックします。
  4. 次のようにサーバーが表示されたらOKです。
  5. Rustを起動し、PLAY GAMEをクリックします。
  6. 「Favorited」をクリックします。お気に入りに登録したサーバーが表示されるので、クリックします。
  7. 「JOIN SERVER」ボタンをクリックします。

サーバーにつながりましたか?

ほかの接続方法
  1. Rustを起動した後、F1キーを押してコンソールを表示します。
  2. 「client.connect 」+「RustサーバーのIPアドレス」+「:28015」を続けて記入します。
    (例)client.connect 198.51.100.23:28015

RCONでサーバーを管理する

Rustのパラメータ調整やユーザー管理(BANなど)は、RustAdminというツールを使うと便利です。

RustAdminのインストール手順
  1. RustAdminのサイトからRustAdmin Free Desktop Applicationをダウンロードします。
  2. zipファイルを任意のディレクトリに展開します。
  3. RustAdmin.exeをダブルクリックして起動します。
  4. Configurationタブを開きます。
  5. RCON typeはWebRconを選択します。ServerのIPは「サーバーのIPアドレス」、Server portは28015、Rcon portは28016、Passwordは「RConのパスワード」を入力します。
  6. Steam API KeyはSteamのWeb APIキーページで発行し、入力します。
  7. [Save]ボタンで接続設定を保存します。

ここまで準備ができたら、[Server]-[Connect]メニューを選びます。

画面下部に「Connected」と表示され、サーバー名やプレイヤー数が表示されたらセットアップ完了。

試しにRustAdminからチャットメッセージを送ってみましょう。

自宅PCでサーバーを立てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代&発熱になります。

仮に1ヶ月間、PCの電源がずっとONだと、電気代が1,800円ほどかかります。エアコン代も考えたら、もっと高くなるかも。

自宅サーバーなら完全無料だと思いがちですが、電気代は盲点ですね。

ノートPCは故障リスクあり

ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、内蔵バッテリーが徐々に膨張していきます。

するとノートPC自体が膨らんできて、ケースに隙間ができたり、タッチパッドやキーボードが壊れたりすることも。

バッテリーを買うとなると、機種によって5,000円~20,000円くらいかかってしまいます。

ノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

1台でゲームプレイとサーバー両立は不可

Rustはゲーム本体に相当なスペック(CPU、メモリ、ディスク)が必要です。

1台のPCで、ゲーム本体とサーバーを動かすというのは、Rustの場合はちょっと難しい。

サーバーに使えるPCがない人は、自宅サーバーはあきらめた方がいいかもしれません。

まとめ

Rust専用サーバーを無料で立てる方法を紹介しました。

自宅PCだとポート開放が難しいし、サーバー用のPCが用意できないなぁ・・という方には、レンタルサーバーがおススメです。

Xserver VPS なら、使いたいサーバーのテンプレートを選ぶだけでOK。難しいセットアップは不要です

じゃんじゃん友達を誘ってRustを攻略しましょう。

Xserver VPS では、2024/7/29(月) 17:00まで「サーバー料金最大30%キャッシュバック」キャンペーンを実施中

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました