【Team Fortress 2】非公式専用サーバーを無料で立てるには?

ゲーム
ゲーム

Team Fortress 2を友達と遊ぶのにサーバーを用意する必要があるなんて面倒。
有料サーバーもあるみたいだけど、無料で簡単にサーバーを利用する方法はないの?
ノートPCにもサーバーを建てられるのかな?

こんな悩みを解決します。

Team Fortress 2の専用サーバーを無料で立てるには、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを立てる方法の2通りあります。

自宅PCにサーバーを立てるというと難しく感じるかもしれませんが、手順を1ステップずつ分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

Team Fortress 2 専用サーバーとは?

オリジナル設定でチーム対戦ができる

Team Fortress 2 は対戦型FPSゲームです。

公開サーバーもありますが、気の合う仲間同士でチーム対戦するには専用サーバーが必要です

専用サーバーだと、ゲームモードやマップローテーションなど自由に変更できるのもメリットですね。

無料・有料サーバーを使うか自宅PCにサーバーを立てる

Team Fortress 2 専用サーバーを利用するには、以下の3つの方法があります。

  • 無料サービスを利用する
  • 有料サービスを利用する
  • 自宅PCにサーバーを立てる

今回は、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを立てる方法を中心に紹介します。

有料サーバーを使うなら初心者にやさしいConoHa VPS がおススメです。

ConoHa VPSについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

スポンサーリンク

無料サーバー「NodeCraft」

NodeCraft」は無料から使えるTeam Fortress 2 専用サーバーです。

ただ、無料で使えるのは1日だけ。

試しに遊ぶのはできますが、ずっと使い続けることはできません。

スポンサーリンク

NodeCraftと有料サーバーとの違い

無料マルチプレイサーバーのデメリットを解決できるのがConoHa VPS のような有料のレンタルサーバーです。

有料サーバーには次のようなメリットがあります。

レンタルサーバーのメリット
  • 常に自分専用で動いているので快適に接続できる
  • スペックアップすれば同時接続数も増やせる
  • データのバックアップができる

ストレスなく楽しめ、いざというときも安心なのが有料サーバーの特長ですね。

ConoHa VPSでは「700円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。
最大20日間無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

スポンサーリンク

自宅PCで専用サーバーを立てるのに必要なスペック

次は、自宅PCに無料でマルチプレイサーバーを立てるときのスペックなどを解説します。

Team Fortress 2の開発元では、専用サーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開しています。

OSWindows または Linux または Mac OS X
メモリ2GB以上
ディスク10GB以上

高スペックなPCが必要かと思いきや、最近のPCなら、何の問題もないと思います。

ただし通信速度が重要なので、ネットワークは無線(Wi-Fi)ではなく、必ずLANケーブルでルーターにつなぐようにしましょう。

LANケーブルを買うなら、ネットワーク遅延が減らせるカテゴリ6(CAT6)以上がおススメです。

フラットケーブル(薄っぺらいケーブル)は通信が安定しないので避けましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥441 (2022/10/03 00:31:23時点 Amazon調べ-詳細)

ノートPCでも動きますが、デスクトップPCの方が安定します。

スポンサーリンク

自宅PCにマルチプレイサーバーを立てる手順

ではここからは、Windows 10にTeam Fortress 2 専用サーバーをインストールする手順を紹介します。

  1. ファイルをダウンロードして展開する
  2. サーバーを設定を変更して起動する
  3. ポートを開放する

比較的簡単ですね。

ファイルをダウンロードして展開する

まずは、サーバーファイルをダウンロードして展開します。

  1. steamcmdをダウンロードします。
  2. steamcmd.zip を展開します。

  3. C: ドライブにTeamForest2Serverフォルダを作成します。
  4. TeamForest2Serverフォルダ内にsteamcmd.exeを移動します。

サーバーの設定を変更して起動する

次に、7つのファイルを作成します。

テキストエディタがない人は、サクラエディタをインストールしてください。

tf2_ds.txt

C:¥TeamForest2Server\tf2_ds.txt ファイルを作成します。

@ShutdownOnFailedCommand 1
@NoPromptForPassword 1
force_install_dir C:\TeamForest2Server
login anonymous
app_update 232250
quit

update.bat

C:¥TeamForest2Server\update.bat ファイルを作成します。

@echo off 
steamcmd +runscript tf2_ds.txt

2つのファイルを作成したら、update.bat をダブルクリックして起動します。

20~30分後、「Success! App ‘232250’ fully installed」もしくは「Success! App ‘232250’ already up to date」という表示がされればOKです。

メッセージが表示されるまでupdate.batを2~3回程度、実行する必要があります。

Error! App ‘23250’ state is 0x202 after update job」というエラーになる場合は、ディスク容量不足です。

server.cfg

次は、サーバー設定ファイルを作成します。

C:\TeamForest2server\steamapps\common\Team Fortress 2 Dedicated Server\tf\cfg ディレクトリに server.cfg ファイルを作成してください。

// The server name that players will see in the server browser and in the scoreboard
hostname "Kozenist server"

// Leave empty if you do not want a password
sv_password ""
// Password to enable rcon access from the console
rcon_password "password"

// Time per map in the rotation, in minutes. 0 to never rotate the map on a timer.
mp_timelimit 30
// Maximum number of rounds to play per map before forcing a mapchange
mp_maxrounds 10

// Allow clients to upload customization files (e.g. sprays)
sv_allowupload 1
// Allow clients to download files (e.g. sprays, custom maps, custom content, etc.)
sv_allowdownload 1
// Maximum allowed file size for uploading in MB (Optional)
net_maxfilesize 15

なお上記設定はサンプルなので、以下を参考に設定変更します。

設定項目
  • hostname:サーバーの名前です。
  • sv_password:サーバーに接続するときに使うパスワードです。
  • rcon_password:RCONでサーバーの設定変更をするときに使うパスワードです。
  • mp_timelimit:マップのローテーション時間(分)
  • mp_maxrounds:1マップ当たりの最大ラウンド数

pure_server_whitelist.txt

C:\TeamForest2server\steamapps\common\Team Fortress 2 Dedicated Server\tf\cfg ディレクトリにある pure_server_whitelist_example.txt をコピーし、pure_server_whitelist.txt にリネームします。

motd.txt

同じく、C:\TeamForest2server\steamapps\common\Team Fortress 2 Dedicated Server\tf\cfgディレクトリで、motd_default.txt をコピーして motd.txt に名前を変更します。

mapcycle.txt

同じく、C:\TeamForest2server\steamapps\common\Team Fortress 2 Dedicated Server\tf\cfgディレクトリで、mapcycle_default.txt をコピーして mapcycle.txt に名前を変更します。

起動用ショートカット

最後にサーバーを起動するショートカットを作成します。

見出し
  1. C:\TeamForest2server\steamapps\common\Team Fortress 2 Dedicated Server フォルダにある、srcds.exe を右クリックして「ショートカットの作成」を選択します。
  2. ショートカットが作成されるので、右クリックして[プロパティ]を選択します。
  3. リンク先の末尾に -console -game tf +sv_pure 1 +map ctf_2fort +maxplayers 24 を追加し、OKをクリックします。
  4. ファイル名を「サーバー起動」に変更します。
  5. 「サーバー起動」をダブルクリックして、サーバーを起動します。

ポートを開放する

最後の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

種別カスタム設定
マッピング名teamfortress
内部ホストサーバーをインストールしたPC
ルールプロトコルTCP/UDP
内部ポート番号27015-27015
外部ポート番号27015-27015

[適用]ボタンを押したら完了です。

これでサーバーの設定は終わりです。お疲れさまでした!

Team Fortress 2 からサーバーに接続する

では早速、Team Fortress 2 から自分で建てたサーバーに接続しましょう。

Team Fortress 2サーバーへの接続方法
  1. Team Fortress 2を起動し、「ゲームを検索」をクリックします。

  2. 「COMMUNITY SERVERS」をクリックします。
  3. 「お気に入り」タブに切り替え、右クリックして「IPアドレスでサーバー追加」を選択します。
  4. IPアドレスを入力します。IPアドレスは、サーバー起動時の画面に表示されています。
  5. サーバーが見つかったら「選択したゲームサーバーをお気に入りに追加」をクリックします。
  6. お気に入りに追加されました。
  7. サーバーをクリックして「接続」をクリックします。

サーバーにつながりましたか?

自宅PCでサーバーを立てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代&発熱になります。

仮に1ヶ月間、PCの電源がずっとONだと、電気代が1,800円ほどかかります。エアコン代も考えたら、もっと高くなるかも。

自宅サーバーなら完全無料だと思いがちですが、電気代は盲点ですね。

ノートPCはバッテリー劣化に注意

ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、バッテリーが徐々に劣化していきます。

バッテリーを買うとなると、機種によって5,000円~20,000円くらいかかってしまいます。修理センターに出すと、3万円近くかかることも。

ノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

まとめ

Team Fortress 2 専用サーバーを無料で立てる方法を紹介しました。

自宅PCだとポート開放が難しいし、無料サーバーでは使い物にならない・・という人は、有料レンタルサーバーも検討してみてください。

ConoHa VPSは、作りたいゲームサーバーを選ぶだけでセットアップ完了。ポート開放作業も不要です。

しかも学割あり!学生さんだけの特権ですね。。

ConoHa VPSでは「700円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。
最大20日間無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

タイトルとURLをコピーしました