当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【PR】Xserver VPSでValheim非公式サーバーを立ててみた

Xserver VPSでValheimのサーバーって簡単に立てられるの?

こんな悩みを解決します。

Xserver VPSはValheimに対応しているレンタルサーバーです。

このたび、エックスサーバー様のご厚意でXserver VPSを提供していただきました。そこでValheimのマルチプレイサーバーとしてどこまで使えるのか、徹底的に使い倒してみました。

 

Xserver VPSは、サーバーのスペックや種別を選ぶだけで、誰でも5分あればサーバーが作れます。

また、Valheimのmodにも対応しているので、思う存分、マルチプレイを楽しめそうですね。

 

この記事では、「Xserver VPS」でValheimサーバーを立てる手順を画面キャプチャ付きで分かりやすく解説します。

マルチプレイサーバーを作って、友だちと楽しく遊ぼう!

Xserver VPS では、2024/3/11(月) 12:00まで「サーバー料金最大30%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

「Xserver VPS」は「Valheim」に対応

Xserver VPSは、「仮想サーバー」という自分専用のサーバーを格安で利用できるサービスです。

Valheimにも対応しているので、簡単にマルチプレイサーバーを立てられます。

また、Xserver VPSはレンタルサーバー大手「エックスサーバー」が運営しているので、安心感がありますね。

Valheimサーバーを立てる流れは、このあと詳しく説明します。

Xserver for GAMEとの違い

Xserver VPSの関連サービスとしてXserver for Game がありますが、同じVPSなので料金やスペックは変わりません。サーバーのインストール手順も同じ。特にこだわりがなければゲーム以外にも使えるXserver VPSの方をおススメします。

「Xserver VPS」での「Valheim」サーバーの立て方

Xserver VPSでValheimサーバーを立てる手順は、以下の3ステップです。

  1. Xserverアカウントを作成する
  2. 作りたいサーバーを選ぶ
  3. 接続情報を確認する

ステップ① Xserverアカウントを作成する

Xserver VPS の公式サイトから「お申し込み」に進みます。

「新規お申込み」を選択します。

「メールアドレス」「パスワード」「登録区分」「名前」「住所」「電話番号」などを入力します。

入力したメールアドレス宛てに送信された「確認コード」を入力します。

「電話番号」を入力し、「テキストメッセージで取得(SMS)」か「自動音声通話で取得」を選択します。

受け取った認証コードを入力したら、アカウント登録は完了です。

ステップ② 作りたいサーバーを選ぶ

エックスサーバーのアカウント登録が終わったら、次はValheimサーバーを作成しましょう。

1. 料金タイプとプランを選択

プランは「メモリ:2GB」、サーバーの契約期間は「1ヶ月」~「36ヶ月」の間で選びます。

契約したサーバーは、あとからMinecraftサーバーなど別のゲームサーバーにも変更できます。他のゲームでも遊ぶ人は「12ヶ月」など長期契約がお得です。

スペックが足りなければ、あとからメモリ4GBプランへのアップグレードもできます。

2. イメージタイプを選ぶ

イメージタイプとして「アプリケーション」タブにある「Valheim」を選びます。

3. rootパスワードを入力

最後のrootパスワードは、サーバー管理に使う重要なパスワードです。パスワード生成ツールなどを利用し、9文字以上のパスワードを入力します。忘れないようにメモを取っておきましょう。

この後、支払いを済ませればサーバーの申し込みが完了です。

お疲れ様でした。

これでValheimサーバーの準備ができました。

ステップ③ 接続情報を確認する

最後に、Valheimサーバーの接続情報を確認しましょう。

1.IPアドレスを確認する

まずは、サーバーのIPアドレスを確認します。

IPアドレスの確認
  1. Xserver VPS契約管理ページを開き、「VPS管理」ボタンをクリックします。
  2. VPS情報ページの下部に「IPアドレス」が表示されているので、これをメモしておいてください。

2.ポートを開放する

初期状態ではポートが閉じられているので、接続許可します。

見出し
  1. VPSパネルで「パケットフィルター設定」メニューをクリックします。
  2. 「OFFにする」を選び、「変更する」ボタンをクリックします。

3.Valheimサーバーのパスワードを確認する

次に、Valheimサーバーに接続するときに使うパスワードを確認します。

Valheimの接続パスワード確認
  1. SSHクライアント(RLoginTeraTermなど)をインストールします。
  2. RLoginを起動します。
  3. [新規]ボタンをクリックします。
  4. エントリーに任意の名前、ホスト名に「IPアドレス」、ログインユーザー名は root、パスフレーズは「rootパスワード」を入力し、[OK]をクリックします。
  5. 登録したサーバーをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  6. 画面にパスワードが表示されます。これをメモしましょう。

なお、rootパスワードを忘れてしまったら、パスワードリセットしてください。

Valheimからサーバーに接続する

では早速、Valheimから自分で建てたサーバーに接続しましょう。

Valheimサーバーへの接続方法
  1. Valheimを起動し、[ゲーム開始]をクリックします。
  2. キャラクターを選びます。
  3. [ゲーム参加]タブで[サーバーを追加]クリックします。
  4. IPアドレスを入力して[サーバーを追加]ボタンをクリックします。
  5. [接続]ボタンをクリックします。
  6. パスワードを入力します。
  7. マルチプレイのスタートです!

Valheimサーバーの設定変更

さて、Xserver VPSで作ったValheimサーバーの初期設定は、サーバー名が「ValheimServer」、ワールド名が「Valheim_World」、modは「なし」の状態です。

項目初期値
サーバー名Valheim_Server
ポート番号2456
ワールド名Valheim_World
パスワードランダム英数字(8桁)
サーバー公開Yes
modなし
Xserver VPSで建てたValheimサーバーの初期設定

でも、設定を変えたり、modを入れたりして遊びたいですよね。

そこで、サーバー名を変更したり、modをインストールしてみましょう。

Valheimサーバーの設定変更ツール

Valheimサーバーの設定変更は少々手間がかかるので、設定変更ツールを用意しました。

このツールを使えば、比較的カンタンに設定変更できるはずです。

まずは、以下の手順で設定変更ツールを使ってみてください。

ツールの起動方法
  1. RLoginでサーバーにログインします。
  2. サーバーにログインできたら、以下のコマンドを入力して設定変更ツールを起動します。
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/shinya-blogger/xserver-vps-tools/main/valheim/config.sh)"
  1. 設定変更ツールが起動しました。

ツールが起動したら、以下の手順で設定変更を行います。

設定変更の手順
  1. Please enter your choice?: で設定変更したい項目を選び、Enterを押します。
  2. 新しい設定を入力して、Enterを押します。
    ※何も入力せずにEnterを押すと、メニューに戻ります。
  3. Please enter your choice?: で q を入力し、Enterを押します。
  4. Restart Server?(y/n): で y を入力してEnterを押します。

サーバー名を変更する

では、設定変更ツールを利用して、サーバー名を変更してみましょう。

手順
  1. 設定変更ツールを起動します。
  2. Please enter your choice?: で 1 を入力し、Enterを押します。
  3. 新しいサーバー名を入力して、Enterを押します。
  4. Please enter your choice?: で q を入力し、Enterを押します。
  5. Restart Server?(y/n): で y を入力してEnterを押します。

サーバー再起動のあと、サーバー名が「Kozenist Server」に変わりました。

接続パスワードを変更する

Xserver VPSで建てたValheimサーバーは、ランダム英数字でパスワードが設定されます。

別のパスワードに変更するには、以下の手順で行ってください。

手順
  1. 設定変更ツールを起動します。
  2. Please enter your choice?: で 2 を入力し、Enterを押します。
  3. 新しいパスワードを入力して、Enterを押します。
  4. Please enter your choice?: で q を入力し、Enterを押します。
  5. Restart Server?(y/n): で y を入力してEnterを押します。

サーバー再起動のあと、サーバーに参加するときのパスワードが反映されます。

ワールド名を変更する

新しいワールドでゲームを最初から始めたいときや、過去に遊んでいたワールドに戻したいときは、ワールド名を変更します。

手順
  1. 設定変更ツールを起動します。
  2. Please enter your choice?: で 3 を入力し、Enterを押します。
  3. 新しいサーバー名を入力して、Enterを押します。
  4. Please enter your choice?: で q を入力し、Enterを押します。
  5. Restart Server?(y/n): で y を入力してEnterを押します。

ワールド名が変わり、初期状態からスタートしました。

サーバー上ではワールド名ごとにファイルが保存されます。

管理者を追加する

マルチプレイサーバーでは、一部のプレイヤーを出入禁止にしたいケースがあります。

管理者になると、特定のプレイヤーをBANできます。

手順
  1. 設定変更ツールを起動します。
  2. Please enter your choice?: で 4 を入力し、Enterを押します。
  3. 管理者のSteamId64(後述)を入力して、Enterを押します。
  4. Please enter your choice?: で q を入力し、Enterを押します。

SteamID64の調べ方

Steamコミュニティの「プロフィールを表示」ページにアクセスすると、自分のSteamID64が分かります(URLに含まれる17桁の数字がsteamID64)。

STEAMID I/O でも調べられます。

コンソールの有効化

プレイヤーのBANはゲーム中に F5 キーを押してコンソール画面で行います。

F5キーを押して「ban <プレイヤー名>」でBANできる

なお、コンソール画面はデフォルトでは使えません。Steamのプロパティで、起動時オプションに -console を指定する必要があります。

Steamの設定アイコンからプロパティを開く

起動オプションに -console と指定する

Valheimサーバーにmodをインストールする

次はValheimサーバーにmodをインストールしてみましょう。

ここでは例として、ベリーやキノコを栽培できる「Plant Everything」を取り上げます。

ステップ① 前提Mod「BepInEx」をインストールする

まずは、前提modとなる「BepInEx」をインストールします。

前提Mod「BepInEx」のダウンロードページ

BepInExのインストールも、設定変更ツールを使えば簡単です。

手順
  1. 設定変更ツールを起動します。
  2. Please enter your choice?: で 5 を入力し、Enterを押します。
  3. Install BepInEx?(y/n):y を入力して、Enterを押します。
  4. Please enter your choice?: で q を入力し、Enterを押します。
  5. Restart Server?(y/n): で y を入力してEnterを押します。

Xserver VPSでは、BepInExのzipをValheimサーバーのディレクトリへ展開するだけでは、BepInExが有効になりません。BepInExを有効化するには必ず上記ツールを利用してください。

BepInExやmodが原因でサーバーが起動しなくなったり、動作が不安定になった場合は、BepInExをアンインストールしてください。設定変更ツールで「6. Uninstall BepInEx」を選ぶと、Vanilla(modなし)の状態に戻ります。

ステップ② modをダウンロードする

Plant Everythingの配布サイトから、Modをダウンロードします。[MANUAL]ボタンをクリックしてください。

ZIPファイルを解凍すると、Advize_PlantEverything.dll というファイルが見つかります。

ステップ③ modをアップロードする

WinSCPのダウンロードページからWinSCPをダウンロードして、インストールします。

WinSCPを起動すると、次のようなウィンドウが表示されます。

WinSCP起動画面でサーバーへの接続情報を入力

ここで「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」を入力し、[ログイン]ボタンを押します。

ホスト名サーバーのIPアドレス
ユーザー名root
パスワードサーバー作成時に指定したrootパスワード

[保存]ボタンを押すと設定が保存されるので、2回目以降のログインが簡単になります。

エクスプローラーのような画面が表示されるので、 /home/steam/Valheim/BepInEx/plugins/ ディレクトリに移動します(Valheim.DisplayBepInExInfo.dllがある)。

BepInExディレクトリが見つからない場合は、BepInEx modが正しくインストールされていません。

このディレクトリに、Advize_PlantEverything.dll をアップロードして、サーバーを再起動します。

お疲れ様でした。これでModのインストールが終わりました。

 

早速、ブルーベリーやキノコを植えてみました。これで食料を探し回らなくて済む!

よくある質問

「接続に失敗しました」というエラーになる

原因1:VPSが起動していない

VPS自体が起動していない可能性があります。

Xserver VPSのVPSパネルで、サーバーが「稼働中」になっていることを確認します。

VPSパネルでVPSが起動していることを確認

「停止中」になっているときは「電源操作」をクリックして「起動」を選んでください。

原因2:ポートが解放されていない

「パケットフィルター設定」が「OFF」になっていない可能性があります。

VPSパネルで「パケットフィルター設定」を再確認してください。

原因3:お気に入りの問題?

お気に入りからサーバーを削除して、再度登録すると接続できたことがありました。

接続できない時は、お気に入りの再登録を試した方がいいかもしれません。

「パスワードが違います」というエラーになる

Valheimサーバーのパスワードは、RLoginでログインしたときに表示されるパスワードです。rootパスワードではありません。

なお、設定変更ツールでパスワードを変更したときは、上記画面に表示されるパスワードとは異なります。

どうやったらバージョンアップできる?

Xserver VPSのValheimサーバーは、サーバー起動時に最新版へバージョンアップします。

バージョンアップしたいときは、サーバーを再起動してください。

VPSパネルから操作するのが簡単です。

バージョンアップするとmodはどうなる?

バージョンアップはValheim本体だけで、modのバージョンアップは行われません。

modをバージョンアップするには、配布サイトから最新版modをダウンロードして、pluginsディレクトリへアップロードしてください。

一方で、modがValheim最新版に対応するのには時間がかかることもあります。その場合、modをアンインストール(pluginsディレクトリから削除)するか、Vanillaに戻す方法(設定変更ツールで「Uninstall BepInEx」を選択)があります。

または、modが最新版に対応するまで、自動バージョンアップを無効化する方法もあります。

Valheimの自動バージョンアップを停止するには、設定変更ツールで「Enable/Disable Auto Update」を選択してください。自動バージョンアップの再開もできます。

サーバーにもクライアント側にもmodが必要?

基本的にはValheimサーバー側にも、同じmodをインストールするようにしてください。思わぬ不具合が起きる可能性があります。

実際、先ほど紹介した「Plant Everything」も、サーバー側へのインストールが強く推奨されていました。

まとめ:Xserver VPSなら設定変更も自由自在

以上、Xserver VPSでValheimサーバーを立ててから、設定を変更する手順まで紹介しました。

Xserver VPSでマルチプレイサーバーを立てるのはそれほど難しくありません。

一方で、設定を変更したり、modをインストールしたりするのは少々手間がかかりましたが、基本的にどんな設定でもいじれました。

サーバーを立てて自分好みにカスタマイズするのは楽しいですね。

まずはXserver VPSでサーバーを作って、友だちを誘ってみよう!

Xserver VPS では、2024/3/11(月) 12:00まで「サーバー料金最大30%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました