【Minecraft】Java版サーバーを無料で建てるには?

ゲーム 節約

Minecraft Java版のマルチプレイ用サーバーは、手持ちのWindowsやMacにインストールできます。

わざわざレンタルサーバーを借りなくても、ポイントさえつかめば、立派なマルチサーバーが出来上がります。

低スペックなPCや、古すぎるPCではさすがに難しいですが、最近のPCなら問題ありません。

この記事では、Java版のサーバーをWindows 10に建てる方法を紹介します。

Minecraftのサーバースペック

Minecraftの開発元では、Minecraftサーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開しています。

プレイヤー4人以下のPCの推奨スペックは以下の通り。

CPUIntel Core 2 Duo もしくは AMD Athlon 64 x2 以上
メモリ1GB以上
ディスク150MB以上
ネットワーク有線LAN

プレイヤー10人以下の推奨スペックは以下の通り。

CPUIntel Core 2 Duo もしくは AMD Athlon 64 x2 以上
メモリ2GB以上
ディスク200MB以上
ネットワーク有線LAN

高スペックなPCが必要かと思いきや、最近のPCなら、何の問題もないと思います。

ただし通信速度が重要なので、ネットワークは無線(Wi-Fi)ではなく、必ずLANケーブルでルーターにつなぐようにしましょう。LANケーブルを買うなら、ネットワーク遅延が減らせるカテゴリ6(CAT6)以上がおススメです。フラットケーブル(薄っぺらいケーブル)は通信が安定しないので避けましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥490 (2020/12/01 00:11:28時点 Amazon調べ-詳細)

また、PCの内蔵ディスクをSSDに変えておくと、動作がサクサクになるのでおススメです。

ノートPCでも動きますが、デスクトップPCの方が安定します。

自宅PCでサーバーを建てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代になります。

仮に1か月間、ノートPCの電源がずっとONだと、電気代が1,800円ほどかかります。

長時間使いたいなら、レンタルサーバーを借りた方が安かったりします。

たとえば、Conoha VPS なら月620円からサーバーが使えます。

ゲームプレイとサーバー両立が難しい

サーバーを建てて実際に遊び始めてから気づくのですが、1台のPCで、ゲームもしながらサーバーを動かすと、当然ながら遅くなります。

プレイヤーが増えて、どうにもならなくなってからレンタルサーバーに移行するという手もありますが、サーバーに詳しい人でないと移行はできないでしょう。

最初からConoha VPS のような格安レンタルサーバーで始めるのも一案です。

Minecraft Java版インストール手順

手順①  Javaのインストール

まず、OpenJDKをダウンロードします。

OpenJDKのサイトにアクセスし、Windows / x64の横にある「zip」をクリックします。

OpenJDK

ファイル openjdk-15.0.1_windows-x64_bin.zip がダウンロードされます。

zipファイルを解凍したら、jdk-15.0.1ディレクトリを C:\ に移動します。

手順②  サーバープログラムのインストール

今度は、Minecraftのダウンロードサイトを開きます。

「minecraft_server.1.16.3.jar」をクリックし、サーバープログラムをダウンロードします。

ファイル server.jar が保存されます。

C:\ ディレクトリに minecraft ディレクトリを作成し、server.jar をコピーします。

手順③  1回目の起動

C:\minecraft ディレクトリに次のような server.bat ファイルを作成します。

C:\jdk-15.0.1\bin\java -Xms1024M -Xmx1024M -jar server.jar nogui

テキストエディタがない人は、サクラエディタをインストールしてください。

JDKをインストールしたディレクトリに合わせ、適宜ディレクトリ名を変更してください。

server.bat をダブルクリックすると、次のようにlogsディレクトリやeula.txtファイルなどが作成されます。

手順④  2回目の起動

C:\minecraft ディレクトリの eula.txt ファイルを開きます。

eula=false となっていた行を eula=true に変更して保存します。

server.bat をダブルクリックすると、次のようにサーバーが起動します。

ngrokでminecraftをポート開放する

最大の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

そこで、ポート開放ツールngrokを使います。

ngrokはルーターの設定変更なしにポート開放ができるので、minecraftのポート開放にはピッタリです。

ngrokの無料版では、ngrokが1プロセスしか起動できないなどの制限がありますが、minecraftサーバーを建てる分には全く問題ありません。

手順①  ngrokアカウント作成

ngrokサイトにアクセスし、画面右上の[SIGN UP] ボタンをクリックします。

ngrok

名前やメールアドレスなどを入力し、アカウントを作成します。

手順②  ngrokダウンロード

[Download for Windows] ボタンをクリックすると、ファイルがダウンロードされます。

ダウンロードされた ngrok-stable-windows-amd64.zip を解凍します。

C:\ngrok ディレクトリを作成し、解凍したzip内にある ngrok.exe をC:\ngrokディレクトリに移動します。

手順③  ngrok初期設定

ngrokのダッシュボード画面で、「2. Connect your account」にある「ngrok authtoken xxxxx」コマンドをコピーします。

エクスプローラのアドレスバーに cmd と入力し、コマンドプロンプトを開きます。

先ほどコピーしたコマンドを張り付け、実行します。

手順④  起動

テキストエディタで、次のようなngrok.bat ファイルを作成します。

ngrok tcp --region jp 25565

ngrok.bat をダブルクリックして、実行します。

tcp:// の後ろにある 「**.tcp.jp.ngrok:****」 部分が、サーバーのアドレスになります。

これを仲間に共有しましょう。

まとめ

ここで紹介した手順は、PCに詳しい方なら難なくできると思います。

「どうしてもうまくいかない・・・」という方は、レンタルサーバーも検討してみてください。

Conoha VPS は、契約したいサーバーの種類として「Minecraft Java版」を選ぶだけで、誰でも簡単にサーバーが建てられます。

この記事では紹介していませんが、「Minecraft 統合版」も選ぶだけでサーバーが建てられます。

しかも学割ありなので、学生さんは必見です!

kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました