当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【ConoHa for GAME】Palworld専用サーバーの立て方と料金

ConoHa for GAMEでPalworld専用サーバーを立てるのって簡単?
設定変更とかできるのかな?

こんな悩みを解決します。

ConoHa for GAMEには「Palworld専用サーバーのテンプレート」があるので、難しいインストール作業をすることなく、テンプレートを選ぶだけでサーバーが作れます。

この記事では、ConoHa for GAME で Palworld 専用サーバーを立てる手順を画面キャプチャ付きで詳しく解説します。

知識がない人でもきっとできると思うので、最後まで読み進めてみてくださいね。

ConoHa for GAMEでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa for GAMEのマルチプレイサーバーを試す

ConoHa VPS(バージョン2)でも、同様の手順でPalworldサーバーを建てることができます。

ConoHa for GAME は Palworld に対応

ConoHa for GAMEは、「仮想サーバー」という自分専用のサーバーを格安で利用できるサービスです。

Palworldにも対応しているので、簡単にPalworldサーバーを立てることができます。

また、ConoHa for GAMEは東証プライム上場のGMOインターネット株式会社が運営しているサービスなので、安心感がありますね。

Palworldサーバーを立てる流れは、このあと詳しく説明します。

「ConoHa for GAME」のPalworldサーバーの料金

では、ConoHa for GAMEでPalworldサーバーを立てた時に、費用がいくらかかるのかを見てみましょう。

ConoHa for GAMEのサーバー料金は以下の通りです(2024.01.27時点)

メモリ月額料金(税込)
4GBプラン1,099円~2,408円
8GBプラン2,075円~4,828円
16GBプラン4,315円~9,746円
ConoHa for GAMEサーバー料金(1ヶ月以上の長期割引パス)

プレイヤー数が多くなるとメモリやCPUをたくさん使うので、同時接続5人以上なら8GBプラン、9人以上なら16GBプランがおススメです。

また、月額料金には幅がありますが、これは長期割引パスを買うと、月額料金が最大61%割引されるため。

ちなみに、ConoHa for GAMEの初期費用は無料で、契約期間の縛りもありません。

また、長期割引パスを使わないときは「1時間単位」で利用料金が計算されるので、1ヶ月分の料金がドンと請求される心配もなし。

さらに、以下のページからの申し込みで、ConoHa for GAMEが最大1ヶ月無料になるクーポンがもらえます。気軽に専用サーバーを体験できますね。

ConoHa for GAMEでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa for GAMEのマルチプレイサーバーを試す

「ConoHa for GAME」でのPalworldサーバーの立て方

Palworldサーバーを立てる手順は、以下の3ステップです。

  1. アカウントを作成する
  2. 作りたいサーバーを選択する
  3. アカウント情報と決済情報を登録する

では早速、始めましょう!

ステップ① アカウントを作成する

まずは、ConoHa for GAMEの以下キャンペーンページにアクセスします。

ConoHa for GAME 800円クーポン プレゼントキャンペーン

「クーポンをもらう」ボタンをクリックして、アカウント登録ページを開きましょう。

「初めてご利用の方」でメールアドレスパスワードを入力して、「次へ」をクリックします。

ステップ② 作りたいサーバーを選択する

次に、作りたいサーバーを選びます。

1.イメージタイプを選択

「ConoHa for GAME」で、イメージタイプとして「Palworld」を選択してください。

2.料金タイプとプランを選択

次に料金タイプは「長期割引パス」、利用するパスは「新規購入」、有効期間は「1ヶ月」~「36ヶ月」の間、プランは「4GB」「8GB」「16GB」から選択してください。

プレイヤー数が5名以上の場合は、8GBプランをおススメします。

3.パスワードを入力

最後のrootパスワードは、サーバーにログインするときに使う重要なパスワードです。記号を含むパスワードを入力して、忘れないようにメモを取っておきましょう。

ここまで入力が終わったら「次へ」ボタンを押します。

ステップ③ アカウント情報と決済情報を登録する

次に、名前や住所などの基本情報を入力します。

アカウント情報を入力

入力が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。

次は、電話番号認証とクレジットカードを入力します。

800円クーポンがなくなるまでは課金されないので、安心して登録してくださいね。

電話/SNS認証と支払い方法を入力

これでクーポンGETです!

以上で、Palworldサーバーが構築できました。

Palworldサーバーに接続する

では早速、自分で建てたサーバーに接続しましょう。

IPアドレスを確認する

まず、サーバーのIPアドレスを確認します。

IPアドレスの確認
  1. サーバーリストから、game-xxxx-xx-xxのようなネームタグをクリックします。
  2. IPアドレス欄の「IPアドレス」をメモしておきます。

マルチプレイで接続する

IPアドレスを確認したら、サーバーに接続してみましょう。

  1. Palworldを起動し、「マルチプレイに参加する(専用サーバー)」をクリックします。
  2. 画面下部の「127.0.0.1:8211」と表示されている部分を、「IPアドレス」+「:8211」に置き換え、[接続]をクリックします。
    ※例えばConoHa for GAMEのIPアドレスが 198.51.100.1 なら 198.51.100.1:8211 と指定してください。
  3. キャラクターを作成します。
  4. リスボーン地点を選びます。
  5. 始まりました!

Palworldサーバーの設定変更

さて、ConoHa for GAMEで作ったPalworldサーバーの初期設定は、サーバー名が「Default Palworld Server」、参加パスワードが「なし」、プレイヤー数が「32」の状態です。

項目初期値
サーバー名Default Palworld Server
ポート番号8211
パスワードなし
管理パスワードなし
プレイヤー数32
RCON有効/無効無効
RCONポート番号25575
RCONパスワードランダム英数字(8桁)
ConoHa for GAMEで建てたPalworldサーバーの初期設定

でも自分専用のサーバーだから、設定を自由に変更したいですよね。

Palworldサーバーの設定変更には、以下の2つの方法があります。

Palworldサーバーの設定変更方法2つ
  • Palworldマネージャー:日中の経過速度などのゲーム設定、接続パスワードなどサーバーレベルの設定
  • 設定変更ツール:接続パスワードなどサーバーレベルの設定

Palworldマネージャーで設定変更する

最初に紹介するのは、ConoHa for GAMEが提供している「Palworldマネージャー」という専用ツールを使う方法です。

Palworldマネージャーを使うと、接続パスワードの変更や、アイテム/パルの設定などができます。

ConoHa for GAME契約者に提供されるPalworldマネージャー

「Palworldマネージャー」は、ConoHa for GAMEでPalworldサーバーを構築した人のみ、利用できます。

Palworldマネージャーの使い方

まずは「Palworldマネージャー」の使い方を紹介します。

Palworldマネージャーの開き方
  1. サーバーリストから、game-xxxx-xx-xxのようなネームタグをクリックします。
  2. 「管理画面」ボタンをクリックします。

  3. ユーザー名には root、パスワードにはサーバー契約時に指定したrootパスワードを入力します。

次のような画面が表示されたら成功です。

なお、rootパスワードを忘れてしまったら、パスワードリセットしてください。

Palworldマネージャーの設定項目

Palworldマネージャーを使うと次の設定が変更できます。

カテゴリ設定項目
サーバー設定サーバー名
参加パスワード
管理パスワード
サーバーの最大人数
ワールド設定日中の経過速度
夜間の経過速度
経験値の入手倍率
捕獲確率の入手倍率
キョダイタマゴの孵化にかかる時間
ギルドの最大人数
作業スピード倍率
協力プレイヤーの最大数
拠点の最大数
拠点の作業パル最大数
建築物に対するダメージ倍率
建築物の劣化速度倍率
襲撃イベントの発生
デスペナルティ
アイテム設定ドロップアイテムの最大数
ドロップアイテム量の倍率
ドロップアイテムの消失時間
採集オブジェクトのHP倍率
採集アイテムの入手量倍率
採集オブジェクトリスポーン間隔
プレイヤー設定与えるダメージ倍率
受けるダメージ倍率
満腹度減少倍率
スタミナ減少倍率
HP自然回復倍率
睡眠時HP回復倍率
パル設定パル出現率
与えるダメージ倍率
受けるダメージ倍率
満腹度減少倍率
スタミナ減少倍率
HP自然回復倍率
睡眠時HP回復倍率

Palworldサーバーの設定変更ツール

次に紹介するのがPalworldサーバーの設定変更ツールです。

設定変更ツールを使うと「Palworldマネージャー」では変更できない項目(RCON有効化、コミュニティサーバー化)を設定できます。

設定変更ツールは /opt/palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini ファイルを変更します。

セキュリティ設定を変更する

まずは「設定変更ツール」を利用できるようにするため、サーバーのセキュリティ設定を変更します。

ConoHa for GAMEのサーバー一覧画面で、ネームタグ欄の 「game-xxx-xxx」をクリックします。

サーバー詳細画面で、セキュリティグループにある鉛筆アイコンをクリックします。

「+」ボタンをクリックします。

「IPv4v6-SSH」を選択して、[保存]ボタンをクリックします。

また、Palworldマネージャーを開いて、SSHサーバーが「起動」になっていることを確認します。

これで、サーバーにSSH接続できるようになりました。

ツールの起動方法

ツールの起動方法
  1. SSHクライアント(RLoginTeraTermなど)をインストールします。
  2. RLoginを起動します。
  3. [新規]ボタンをクリックします。
  4. エントリーに任意の名前、ホスト名に「IPアドレス」、ログインユーザー名は root、パスフレーズは「rootパスワード」を入力し、[OK]をクリックします。
  5. 登録したサーバーをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  6. サーバーにログインできたら、以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/shinya-blogger/conoha-for-game-tools/main/palworld/config.sh)"
  1. 設定変更ツールが起動しました。
    ※終了するには q を入力して [Enter] を押してください。

なお、rootパスワードを忘れてしまったら、パスワードリセットしてください。

コミュニティサーバーにする

コミュニティサーバー一覧にリストアップする方法です。

  1. 設定変更ツールを開き、1(Enable/Disable Community Server)を選びます。
  2. 「Enable community server (y/n)」で y を入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

コミュニティサーバーにリストアップされるようになりました。

後述するサーバー名変更も実施しています。

Palworldの不具合により、「コミュニティサーバー」や「最近アクセスしたサーバー」からサーバーに接続できない現象が起きています。接続できない場合は、従来通り「IPアドレス:ポート番号」で接続してください。

サーバー名を変更する

  1. 設定変更ツールを開き、2(Change Server Name)を選びます。
  2. サーバー名を入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

サーバー再起動のあと、新しいサーバー名(Kozenist Server)に変わりました。

接続パスワードを変更する

  1. 設定変更ツールを開き、3(Change Server Password)を選びます。
  2. パスワードを入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

これでサーバー接続時にパスワードの入力が必要になります。

管理パスワードを変更する

管理者パスワードを設定すると、BANなどの管理者コマンドを実行できるようになります。

  1. 設定変更ツールを開き、4(Change Admin Password)を選びます。
  2. パスワードを入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

管理者コマンドを実行するには、まず[Enter]キーでチャットウィンドウを表示させてから、/AdminPassword <管理パスワード>を入力すればOKです。

管理者パスワードが正しければ、管理者になれます。

実行できるコマンドについては、以下の公式サイトを参照してください。

Palworld tech guide – Server commands

プレイヤー数を変更する

最大同時プレイヤー数は初期値が32です。

プレイヤー数を変更するには、次の手順で行ってください。

  1. 設定変更ツールを開き、5(Change Max Players)を選びます。
  2. パスワードを入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

プレイヤー数が16に変わりました。

RCONを有効化する

RCONを使うと、ゲームを起動しなくてもサーバーを管理できるようになります。

  1. 設定変更ツールを開き、6(Enable/Disable RCON)を選びます。
  2. y を選び、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

サーバー再起動後、RCONが有効になります。

セキュリティグループ設定でRCONポートを許可する

ConoHa for GAMEの初期設定では、RCONポート(TCP 25575)が解放されていません。そのためRCONで接続する前に、以下の手順でRCONポートを許可してください。

  1. 左側のメニューで [セキュリティ]-[セキュリティグループ] を選び、[+セキュリティグループ] ボタンをクリックします。
  2. セキュリティグループ名に任意の名前(例:IPv4v6-Palworld_Server-RCON)を入力し、[保存]ボタンをクリックします。
  3. 作成したセキュリティグループをクリックし、[+]ボタンをクリックします。
  4. 通信方向は IN、イーサタイプは IPv4、プロトコルは TCP 、ポート範囲は 25575 を選び、[決定]ボタンをクリックします。
  5. サーバー詳細画面に戻り、セキュリティグループに先ほど作成したRCON用のセキュリティグループを選び、[保存]ボタンをクリックします。
Palworldに対応したRCONツール

Palworldに対応したRCONツールとしてはDDAkebono氏のPalworldRconなどがあります。

このRCONツールを使えば、プレイヤーをBANしたり、シャットダウンしたりできます。

RCON接続時のポート番号は 25575 です。またRCONパスワードは、管理者パスワードと同じです。

よくある質問

ConoHa for GAMEのサーバーに接続できない

可能性として、以下の2つが考えられます。

原因1:VPSが起動していない

VPS自体が起動していない可能性があります。

サーバー詳細ページで「起動中」になっていることを確認しましょう。

サーバーが停止状態のときは「起動」ボタンをクリックしてください。

サーバーが停止しているときは起動ボタンをクリックする

原因2:メモリが不足している

開発ベンダーによると、Palworldサーバーのシステム要件メモリ16GB(推奨32GB)です。

そのためメモリが4GBや8GBの場合、同時接続プレイヤー数にもよりますが、メモリ不足になる可能性があります。

対策としては次の方法があります。

  • メモリの多いプランへ変更する
  • サーバーを再起動する
  • 同時接続プレイヤー数を少なくする(デフォルトは32)

どうやったらバージョンアップできる?

ConoHa for GAMEのPalworldサーバーは、サーバー起動時に最新版へバージョンアップします。

バージョンアップしたいときは、サーバーを再起動してください。

サーバー詳細画面から操作するのが簡単です。

または「Palworld manager」で「停止」をクリックしてから「起動」を押す方法でもOKです。

まとめ:ConoHa for GAMEなら専門知識なしですぐ立てられる

以上のように、ConoHa for GAMEでPalworldサーバーを立てるのは数分で終わります。

バージョンアップなどメンテナンスも簡単。

マルチプレイをすぐ始めてみたい人は、まずはConoHa for GAMEで無料で始めてみてください。

ConoHa for GAMEでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa for GAMEのマルチプレイサーバーを試す

コメント

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました