ゆうちょ銀行の自動振込・自動送金サービスを無料化する方法

銀行 節約
節約 銀行
スポンサーリンク

家賃や月謝など毎月一定額を振り込むには、自動振込・自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。

ですが、ゆうちょ銀行の自動振込・自動送金サービスはタダではなく、手数料ががかります。

例えば、自動送金サービス(振込先がゆうちょ銀行の総合口座)なら、年間1,500円

振込先がゆうちょ銀行以外なら、振込金額が5万円以上だと年間9,240円もの手数料がかかります。

しかも、インターネットバンキングでは手続きができず、ゆうちょ銀行の窓口に行かないと契約も解約も延長もできません。本当に不便です。

そこで今回はゆうちょ銀行の自動振込と自動送金にかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。

もちろん、郵便局へ出向く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ!

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の自動送金と自動振込の違い

まず最初に、ゆうちょ銀行の自動送金自動振込の違いを手数料を含めて確認しておきましょう。

自動送金

自動送金とは、ゆうちょ銀行の総合口座へ定期的に送金するサービスのことです。

1回送金あたり、125円(税込)かかります。

毎月送金すると、1年間で1,500円かかります。

自動振込

自動振込とは、ゆうちょ銀行以外の金融機関へ定期的に送金するサービスのことです。

振込金額によって、手数料が異なります。

振込金額1回あたり手数料(税込)
5万円未満550円
5万円以上770円

毎月送金すると、1年間で6,600円(5万円未満)もしくは9,240円(5万円以上)かかります。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行を経由して定額自動送金する

さて、無料で定額自動送金サービスを使う方法ですが、住信SBIネット銀行を使います。

まだ住信SBIネット銀行の口座がない人は、すぐに口座を開設しましょう。

住信SBIネット銀行には「定額自動入金」サービスと「定額自動振込」サービスがあり、2つのサービスを組み合わせることで自動送金を無料化します。

スポンサーリンク

定額自動振込サービスは無料!

住信SBIネット銀行の「定額自動振込サービス」は、ゆうちょ銀行の自動振込サービスと同じで、毎月一定額を指定した銀行口座へ送金してくれるというものです。

ただ手数料が全然違う!

振込手数料無料サービスの対象になるので、もし定額自動振込以外の振込をしないのなら、振込手数料は毎月1回まで無料です。

住信SBIネット銀行では月1回振込手数料が無料になります。

また、定額自動振り込み以外で振込を利用する場合、定期預金などで30万円預けておくと振込手数料は月3回まで無料にできます。

さらに、定額自動振込サービスには以下のような特徴があります。

  • 定額といいながらも振込金額を毎月変更できる(賃貸契約の更新月などに便利)
  • 自動振込の終了日を設定できる(賃貸解約後は振込しないようにできる)
  • ネットで申し込みや解約ができる(土日や夜間でも申し込み可能)

定額自動振込サービスは毎月の家賃振込にピッタリですよね。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行への入金も無料!

住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスを使えば、無料で毎月振込できることが分かりました。

でも今度はゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行への振込手数料がかかってしまうのでは・・・!?

大丈夫、住信SBIネット銀行への振込手数料もかかりません!

それは「定額自動入金」という画期的なサービスで、他の銀行の自分名義の口座から住信SBIネット銀行に毎月一定額を入金できるのです。

このサービスを使うと、ゆうちょ銀行の口座から住信SBIネット銀行へ例えば毎月10万円を入金するといったことができるわけです。

こんなに便利なのに定額自動入金サービスの利用料金は無料です。

ただし、定額自動入金サービスの注意点としては、以下の2点があります。

  • 毎月5日もしくは毎月27日しか引落しができない
  • 住信SBIネット銀行に実際に入金されるまで引落日から4営業日かかる

たとえば、引落日を毎月27日にする場合、3月27日にゆうちょ銀行から引き落としが行われ、4月2日にSBIネット銀行に入金されます。

これだと、毎月25日が給料日の場合は、月末までの家賃振込が間に合わなくなってしまいますね。

対処方法については、この後詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

入金スケジュールをどのように組むか?

定額自動入金と定額自動振込を組み合わせるときに注意しないといけないのは、入金日と振込日とのタイムラグです。

住信SBIネット銀行への入金が振込予定日に間に合わなければ、家賃などの振り込みが行わなくなってしまいます。

よくある例として、毎月の給料から家賃を支払っている場合、定額自動入金の入金日をいつにすればよいかをまとめてみます。

給料日が毎月25日の場合

残念ながら、当月末までの家賃振込には間に合いません。

引落日を毎月27日にした場合でも、住信SBIネット銀行への入金に4営業日かかるため、入金日は翌月1日~8日頃になってしまいます。

そのため、給料日が25日の場合には、当月の給料は翌月末の家賃支払いに充てることになります。

1か月遅れとなってしまい、ちょっと紛らわしいですが、これだけは回避できないようです。

定額自動振込を始める前に、住信SBIネット銀行の口座には1か月分の家賃をあらかじめ入金しておくようにしましょう。

そして、定額自動入金の引落日は毎月5日がおススメです。

翌月末の振込に間に合わせるという目的であれば、引落日を毎月27日にしても間に合います。

ですが、賃貸物件の更新月に定額自動入金の金額を変更するときには、引落日の8営業日前までに変更手続きを行う必要があります。

引落日を毎月5日に指定しておけば、前月21日~26日までの申請で引落金額の変更手続きが間に合うので、時間的な余裕がありますよね。

なお、毎月5日に引落したお金が入金されるのは毎月9日~14日頃になるため、定額自動振込の振込日は毎月15日以降にするとよいでしょう。

給料日が毎月15日の場合

この場合も当月末までの家賃振込には間に合いません。

月末まで2週間くらいあるので間に合いそうに思えますが、ちょうど良いタイミングの引落日を指定できないためです。

したがって、給料日が15日の場合も25日の場合と同じく、給料で翌月分の家賃を払うことになります。

定額自動入金の引落日は毎月5日定額自動振込の振込日は毎月15日以降がよいでしょう。

給料日が月末もしくは毎月1日の場合

この場合は、引落日を毎月5日にするのがお勧めです。

毎月5日にゆうちょ銀行の口座から引き落とされたお金は、毎月14日ごろには住信SBIネット銀行に入金されているため、振込日を20日などにすれば、当月末までの家賃振込に間に合います。

手続き方法

「さっそくやってみよう」と思った人は、次の4ステップで手続きを進めてください。

ステップ① ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)の申し込みをする

定額自動入金の手続きを行うには、ゆうちょ銀行のインターネットバンキング利用開始手続き(無料)が必要です。

まだ利用開始手続きを済ませていない人は、Webかんたん利用申し込みの[お手続きはこちら]ボタンを押して、ゆうちょダイレクトの利用開始手続きに進んでください。

ゆうちょダイレクトのお申し込み-ゆうちょ銀行

ステップ② 住信SBIネット銀行の口座開設する

住信SBIネット銀行の口座を開設しましょう。もちろん無料です。

ステップ③ 住信SBIネット銀行で「定額自動入金」の手続きをする

住信SBIネット銀行の口座開設ができたら、定額自動入金の手続きをします。

定額自動入金サービス | 振込・振替・支払 | 住信SBIネット銀行
住宅ローン、カードローン、円預金、外貨預金やSBI 証券連携サービスなど、住信SBIネット銀行の商品・サービスをご紹介します。

定額自動入金が始まるのは、初回申込後、8営業日後(約二週間後)からです。余裕をもって手続きを進めてください。

ステップ④ 住信SBIネット銀行で「定額自動振込」の手続きをする

今度は、住信SBIネット銀行で定額自動振込の手続きをします。

定額自動振込サービス | 振込・振替・支払 | 住信SBIネット銀行
振込手数料がお得な住信SBIネット銀行。個人のお客さまであれば、自行宛振込手数料0円、他行宛振込手数料が157円(税込)となります。

定額自動振込は、申込後、3日後から適用されます。余裕をもって手続きを進めてください。

ゆうちょ銀行の自動送金サービスを無料化するときは、振込先をゆうちょ銀行に指定します。

まとめ

ゆうちょ銀行の自動振込は、その日になったらすぐに送金されるので便利ですが、手数料が高すぎますよね。

一方、住信SBIネット銀行で定額自動入金と定額自動振込を組み合わせて使うときは、振込が行われるまで2週間前後かかる代わりに手数料はかかりません。

いずれにしても、すごく便利なサービスなのでぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました