【ConoHa VPS】Assetto Corsaマルチプレイサーバーの立て方【限定クーポンあり】

ゲーム
ゲーム

ConoHa VPSでAssetto Corsaのサーバーって簡単に立てられるの?

こんな悩みを解決します。

ConoHa VPSはAssetto Corsaに対応しているレンタルサーバーです。

サーバーのスペックやサーバー種別を選ぶだけで、誰でも5分あればサーバーが作れますよ。

また、人気の首都高コースにも対応しています。

 

この記事では、ConoHa VPSでAssetto Corsaサーバーを立てる手順を画面キャプチャ付きで分かりやすく解説します。

マルチプレイサーバーを作って、友だちと楽しくオンライン対戦しよう!

ConoHa VPSでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

ConoHa VPSはAssetto Corsaに対応

ConoHa VPSマルチプレイサーバー

ConoHa VPSは、「仮想サーバー」という自分専用のサーバーを格安で利用できるサービスです。

Assetto Corsaにも対応しているので、簡単にマルチプレイサーバーを立てられます。

また、ConoHa VPSは東証プライム上場のGMOインターネット株式会社が運営しているので、安心感がありますね。

Assetto Corsaサーバーを立てる流れは、このあと詳しく説明します。

ConoHa VPSでのAssetto Corsaサーバーの立て方

ConoHa VPSでAssetto Corsaサーバーを立てる手順は、以下の3ステップです。

  1. アカウントを登録する
  2. 作りたいサーバーを選択する
  3. 設定ファイルをアップロードする

では早速、始めましょう!

ステップ① アカウントを登録する

まずは、ConoHa VPSの以下キャンペーンページにアクセスします。

ConoHa VPS 800円クーポン プレゼントキャンペーン

「今すぐお申し込み」ボタンをクリックして、アカウント情報登録ページを開きましょう。

ここでは、名前や住所などの基本情報を入力します。

アカウント情報を入力

入力が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。

次は、電話番号認証とクレジットカードを入力します。

クーポンを使っている期間は課金されないので、安心して登録してくださいね。

電話/SNS認証と支払い方法を入力

これでクーポンGETです!

ステップ② 作りたいサーバーを選択する

次に、作りたいサーバーを選びます。

サービスは「VPS」、VPS割引きっぷは「利用しない」、プランは「1GB」を選択してください。

この方法なら、1時間単位でクーポンを消費していくので、クーポンが最大限、使えます。クーポンを使い切ったら、VPS割引きっぷの利用をおススメします。

画面下の「イメージタイプ」は[アプリケーション]タブにある「Assetto Corsa」を選びます。

rootパスワードは、Assetto Corsaサーバーに接続するときに使う重要なパスワードです。記号を含むパスワードを入力して、忘れないようにメモを取っておきましょう。

最後に、「オプションを見る」をクリックします。「スタートアップスクリプト」は「テキスト入力」を選択し、「テキスト入力」の部分には以下2行を入力します。

#!/bin/bash
systemctl --now enable assettocorsa.service

「次へ」ボタンを押すと確認画面が表示され、「決定」ボタンを押せば手続き完了です。

以上で、Assetto Corsaサーバーが出来上がりました。

ステップ③ ファイルをアップロードする

さて、Assetto Corsaサーバーができたので、設定ファイルをアップロードしてみましょう。

IPアドレスを確認する

最初に、サーバーのIPアドレスを確認します。

IPアドレスの確認
  1. サーバーリストから、vps-xxxx-xx-xxのようなネームタグをクリックします。
  2. 「IPアドレス」欄にある xxx.xxx.xxx.xxx の部分をメモしておきます。

サーバー設定ファイルを作成する

次はサーバーマネージャーを開き、Assetto Corsaサーバーの設定を行います。

エクスプローラで C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\assettocorsa\server フォルダを開きます。

acServerManager.exeをダブルクリックすると、次のような画面(サーバーマネージャー)が表示されます。

ここで、サーバー名やコースなどを選択し、[Save]ボタンを押します。

画面左側の「Saved Presets」内にサーバー名が追加されるので、これをダブルクリックします。

設定ファイルが保存されたフォルダが開きます。

次のステップでは、この2つのファイルをサーバーにアップロードします。

なお、サーバーマネージャーの設定については、以下の記事を参照してください。

設定ファイルをアップロードする

作成したサーバー設定ファイルを、ConoHa VPS上にアップロードしましょう。

まず、WinSCPのダウンロードページからWinSCPをダウンロードして、インストールします。

WinSCPを起動すると、次のようなウィンドウが表示されます。

WinSCP起動画面でサーバーへの接続情報を入力

ここで「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」を入力し、[ログイン]ボタンを押します。

ホスト名作成したサーバーのIPアドレス
ユーザー名root
パスワードサーバー作成時に指定したrootパスワード

エクスプローラーのような画面が表示されるので、 /opt/assetto_corsa/ac_server/cfg ディレクトリに移動します。このディレクトリには、entry_list.iniserver_cfg.iniという2つのファイルがあります。

サーバーマネージャーで保存したフォルダのファイルをドラッグ&ドロップして、ファイルをサーバーにアップロードします。

設定ファイルをサーバーにアップロードする

最後に、サーバーを再起動します。

ConoHa VPSのサーバー画面で、[再起動]ボタンをクリックします。

30秒ほどでサーバー再起動が完了です。

Assetto Corsaからサーバーに接続する

では早速、サーバーに接続してみましょう。

Assetto Corsaのメインメニューから[Drive]-[Online]を選びます。

サーバー名を入力すると、サーバー一覧に表示されます。

「接続パスワード」を入力し(サーバーマネージャーで設定した場合のみ)、車を選んで[join]ボタンをクリックします。

これでオンラインプレイ開始です!

友達には「サーバー名」と「接続パスワード」(サーバーマネージャーで設定した場合のみ)を共有しましょう。

首都高MODをインストールする方法

ConoHa VPSのAssetto Corsaサーバーに首都高MODもインストールできます。

ステップ① Windowsに首都高MODをインストールする

まずは、Assetto Corsa(Windows側)に首都高MODをインストールします。

Discordのチャネル「Shutoko Revival Project」に参加し、ContentManagerをダウンロードします。

そのあと、以下をインストールします。

  • Custom Shader Patch(CSP)の最新版
  • Sol
  • 首都高のTrackデータ

ステップ② サーバーマネージャーで首都高コースを選ぶ

Assetto Corsa(Windows側)に首都高MODがインストールできたら、サーバーマネージャーを開きましょう。

サーバーマネージャーではTracksタブで首都高コースが選べるようになっているはずです。

首都高MODをインストールするとServer Managerで首都高コースが選べる

あとは[Save]ボタンで設定を保存します。

ステップ③ ConoHa VPSに設定ファイルをアップロードする

ここから先は新規インストール時と同じです。

WinSCPを使い、サーバーマネージャーで保存した設定ファイル(entry_list.iniとserver_cfg.ini)をサーバーの /opt/assetto_corsa/ac_server/cfg ディレクトリにアップロードします。

ConoHa VPSのサーバー画面で、[再起動]ボタンをクリックします。

これでセットアップ完了。サーバーリストに首都高サーバーが表示されるようになりました!

首都高は気分爽快!

よくある質問

ConoHa VPSでサーバーを立てたのにサーバーリストに表示されない

可能性として、以下の3つが考えられます。

1. VPSが起動していない

VPS自体が起動していない可能性があります。

ConoHa VPSのコントロールパネルで、サーバーが「起動中」になっていることを確認します。

ConoHaコントロールパネルでVPSが起動していることを確認

「停止中」になっているときは「起動」ボタンを押してください。

2. Assetto Corsaサーバーが起動していない

VPSが起動中でも、VPS内でAssetto Corsaサーバーが動作していない可能性があります。

ConoHa VPSでサーバーを新規契約するとき「スタートアップスクリプト」の設定をしていないか、誤りがあったときは、VPSが起動中でもAssetto Corsaサーバーが動作していません。

以下の手順で、Assetto Corsaサーバーが起動するように設定を変更してください。

Assetto Corsaの起動設定
  1. SSHクライアント(TeraTermなど)をインストールします。
  2. TeraTermを起動します。
  3. ホスト名に IPアドレス を入力し[OK]ボタンをクリックします。
  4. ユーザー名は root、パスフレーズは「rootパスワード」を入力し、ログインボタンをクリックします。
  5. systemctl --now enable assettocorsa.service と入力してEnterキーを押します。

3. 設定ファイルを更新できていない

サーバーマネージャーは[Save]ボタンを押さないと、設定ファイルに保存されません。

ファイルの最終更新日時を確認し、日付が古い場合は保存しなおしてください。

また、サーバーにアップロードしたentry_list.iniとserver_cfg.iniの最終更新日時が、サーバーマネージャーで[Save]ボタンを押した日時と一致しているかも確認してください。

設定ファイルをサーバーにアップロードした後は、サーバーの再起動が必要です。

ConoHa VPSのサーバー初期設定

ConoHa VPSでAssetto Corsaサーバーの設定を何も変更していないときは、次のように名前が「AC_Server」、コースが「Magione」、Clientsが「18」、場所が「JAPAN」でサーバーが起動します。

まとめ:ConoHa VPSなら専門知識なしですぐ立てられる

以上のように、ConoHa VPSでAssetto Corsaサーバーを立てるのは10分くらいしかかかりません。

ポート開放やコマンド操作も不要です。

しかも、学割あり。

まずはConoHa VPSでサーバーを作って、友だちを誘ってみよう!

ConoHa VPSでは当サイト限定で「800円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。今なら最大1ヶ月無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

タイトルとURLをコピーしました