千葉銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

節約
節約 銀行
スポンサーリンク

千葉銀行の振込手数料は、他行宛だと110円~440円の手数料がかかります。

この振込手数料、1回当たりの金額は確かに安いですが、千葉銀行をメインバンクとして使っている人なら、毎月の振込手数料が案外かさんでいくのではないでしょうか?

例えば、月に2回他行あてに振り込むと、振込手数料が1年で10,560円にもなります。

 

そこで今回は、千葉銀行から他の銀行への振り込みを無料で行う方法をまとめました。

スポンサーリンク

千葉銀行の振込手数料は?

千葉銀行の振込手数料をおさらいしておきましょう。

インターネットバンキング(ちばぎんマイアクセス)

振込先 振込金額
3万円未満 3万円以上
千葉銀行 0円 0円
千葉銀行以外 220円 440円

ATM(千葉銀行のキャッシュカード利用時)

振込先 振込金額
3万円未満 3万円以上
千葉銀行 同一支店 0円 0円
千葉銀行 他支店 110円 220円
常陽銀行
横浜銀行
きらぼし銀行
武蔵野銀行
筑波銀行
山梨中央銀行
110円 220円
上記以外 330円 550円

以上のように、振込手数料がかかるのは、他銀行宛に振り込む場合と、千葉銀行の他支店に振り込む場合(ATMのみ)です。

スポンサーリンク

千葉銀行から三菱UFJ銀行への送金を無料化する

pringとauじぶん銀行経由で送金する

送金アプリ「pring」を使い、千葉銀行から「auじぶん銀行」の自分名義の口座へ送金します。

送金アプリ「pring」の使い方
自分名義の銀行口座間で送金するとき、振込手数料がかかってしまいますが、それを無料化できるのが送金アプリpringです。pringの特徴と安全性、アプリの使い方、銀行間送金の仕組みを紹介します。

そのあと、「auじぶん銀行」のインターネットバンキングで「三菱UFJ銀行」宛に振込を行います。

auじぶん銀行から三菱UFJ銀行への振込手数料は無料です。

auじぶん銀行の口座がなければ、作っておきましょう。

スポンサーリンク

千葉銀行から三井住友銀行・ゆうちょ銀行・auじぶん銀行・イオン銀行・ソニー銀行・楽天銀行への送金を無料化する

pringと各銀行経由で送金する

以下の3ステップで送金すると、振込手数料がかかりません。

1.送金アプリ「pring」を使い、千葉銀行からチャージします。

送金アプリ「pring」の使い方
自分名義の銀行口座間で送金するとき、振込手数料がかかってしまいますが、それを無料化できるのが送金アプリpringです。pringの特徴と安全性、アプリの使い方、銀行間送金の仕組みを紹介します。

2.「pring」にチャージされたお金を振込先銀行の自分名義の口座へ送金します。

楽天銀行だけは、1日2回目からは手数料が必要です。1日1回までなら無料です。

3.各銀行のインターネットバンキングにログインし、最終的な振込先へ振込を行います。同一銀行内の振込なので、手数料はかかりません。

 

振込先銀行の自分名義の口座がなければ、作っておきましょう。

イオン銀行の口座開設で割引クーポンをGET!

スポンサーリンク

その他の銀行へ送金する場合

住信SBIネット銀行経由で振込する

住信SBIネット銀行を経由して、振込を行うという方法です。

住信SBIネット銀行への引落し手数料は何回でも無料、住信SBIネット銀行の振込手数料は月1回無料なので、千葉銀行から月1回無料で振込みできることになります。

30歳未満の方は振込手数料が月3回まで無料になります。

詳しいやり方については以下の記事を参照してください。

住信SBIネット銀行を経由して毎月の振込を自動化&無料化する方法
住信SBIネット銀行には「定額自動入金」サービスと「定額自動送金」サービスがあります。この2つのサービスを組み合わせて使うと、銀行から銀行への毎月の振り込みを自動で行えます。たとえば、三菱U...
スポンサーリンク

まとめ

「pring」は、ほとんど無料でお金を移動できる優れモノで、千葉銀行にも対応しています。

また、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスも千葉銀行で使えます。

どちらかを活用して振込手数料をゼロにしてみてください。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました