あおぞら銀行の他行宛振込手数料を無料にするには?

銀行
銀行

あおぞら銀行の他行宛振込手数料は、インターネットバンキングで150円かかります。

わずか数百円とはいえ、たとえば毎月2回の振込手数料で年間3,600円もかかることになりますね。

振込手数料を優遇してくれるネット銀行もあるのに、あおぞら銀行の振込手数料は無料にできないものでしょうか?

実は、送金方法を工夫すれば、振込手数料を無料にできるんです!

そこで今回は、あおぞら銀行から他の銀行への振り込みを無料で行う方法をまとめました。

あおぞら銀行の振込手数料は?

あおぞら銀行の振込手数料をおさらいしておきましょう。

インターネットバンキング

振込先振込手数料
あおぞら銀行0円
上記以外150円

手数料一覧 | あおぞら銀行

窓口

振込先振込手数料
あおぞら銀行 同一支店0円
あおぞら銀行 他支店 220円
上記以外550円

手数料一覧 | あおぞら銀行

以上のように、他行宛に振り込む時や、窓口で他行・他支店宛に振り込むときは、振込手数料がかかることが分かります。

振込手数料の優遇制度は条件が厳しい!

実は、あおぞら銀行には、取引内容によって振込手数料を優遇するサービスがあります。

BANK口座の優遇特典(振込手数料無料) | 普通預金 年0.2% | あおぞら銀行 BANK

ですが、振込手数料が優遇するための条件が厳しい

「500万円以上の預金」「Visaデビット利用」「投資信託あり」がその条件ですが、ほとんどの人は1つも該当しないでしょう。

つまり、あおぞら銀行の振込サービスを利用している限り、振込手数料をゼロにすることは不可能です。

振込手数料を無料にするには、あおぞら銀行以外のサービスをうまく活用することがポイントになります。

ではここからはどのような方法を使えば振込手数料を払わずに済むのか、銀行別に解説します。

あおぞら銀行から楽天銀行への振込を無料化する

イオン銀行経由で振り込む

あおぞら銀行からイオン銀行へ入金させたあと、楽天銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスであおぞら銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで楽天銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料であおぞら銀行からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、あおぞら銀行から楽天銀行への振込を無料にできます。

たとえば、あおぞら銀行に振り込まれた給料の一部を、毎月楽天銀行へ送金したいときなどに便利ですね。

また、イオン銀行ATMやゆうちょ銀行ATMが手数料無料で使えるうえ、イオン系列のスーパー(イオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、ダイエー等)で5%OFFなど特典あり

「振込手数料ゼロ」&「スーパー割引」のダブルでお得な銀行です。

イオン銀行の口座開設 - 最大21,000円分ポイントGET! (10/31(月)まで)

あおぞら銀行からイオン銀行への振込を無料化する

自動入金サービスで入金する

イオン銀行の同一名義口座へ振り込むときのみ、使える方法です。

イオン銀行の「自動入金サービス」を利用すると、あおぞら銀行の口座からイオン銀行への振込を毎月自動で行うことができます。

手数料は無料です。

あおぞら銀行からソニー銀行への振込を無料化する

おまかせ自動入金サービスを利用

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

ソニー銀行の「おまかせ自動入金サービス」を利用すると、毎月一定額をあおぞら銀行からソニー銀行に振り込むことができます。

手数料はかかりません。

あおぞら銀行から三菱UFJ銀行への振込を無料化する

イオン銀行経由で振り込む

あおぞら銀行からイオン銀行へ入金させたあと、三菱UFJ銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスであおぞら銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで三菱UFJ銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料であおぞら銀行からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料です。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、あおぞら銀行から三菱UFJ銀行への振込を無料にできます。

たとえば、あおぞら銀行に振り込まれた給料の一部を、毎月三菱UFJ銀行へ送金したいときなどに便利です。

イオン銀行の口座開設 - 最大21,000円分ポイントGET! (10/31(月)まで)

あおぞら銀行から三井住友銀行への振込を無料化する

イオン銀行経由で振り込む

あおぞら銀行からイオン銀行へ入金させたあと、三井住友銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスであおぞら銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで三井住友銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料であおぞら銀行からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料です。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、あおぞら銀行から三井住友銀行への振込を無料にできます。

たとえば、あおぞら銀行に振り込まれた給料の一部を、毎月三井住友銀行へ送金したいときなどに便利です。

イオン銀行の口座開設 - 最大21,000円分ポイントGET! (10/31(月)まで)

あおぞら銀行からゆうちょ銀行への振込を無料化する

ゆうちょ銀行ATMで入出金する

ゆうちょ銀行の自分の口座へ送金するときに使える方法です。

まず、ゆうちょ銀行のATM(または郵便局のATM)であおぞら銀行のキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

そのあと、ゆうちょ銀行の口座に現金を預入します。

毎日8:00~21:00なら無料で使えます。

pring経由で送金する

送金アプリpringは、あおぞら銀行とゆうちょ銀行に対応しています。以下の方法で送金すると、月1回なら無料で送金できます。

  1. 送金アプリ「pring」を使い、あおぞら銀行からチャージします。
  2. pringにチャージされたお金をゆうちょ銀行の自分名義の口座へ送金します。

毎月一定金額を振込するときは?

あおぞら銀行の自動送金サービスがないので、毎月一定額を振込むときも、その都度振込手続きを行わなければいけません。

ですが、別の銀行を経由する裏ワザを使うと、あおぞら銀行でも自動送金が行えます。

まとめ

以上のように、銀行口座間でお金を移動するには、様々な方法があります。

最近は特に、提携銀行のATM無料化や、コンビニATMの無料サービス、無料入金サービスなどを利用することで、個人の口座間の資金移動はほぼ0円でできます。

振込手数料のかからない送金にぜひチャレンジしてみましょう。

イオン銀行の口座開設 - 最大21,000円分ポイントGET! (10/31(月)まで)

タイトルとURLをコピーしました