【ATM不要】PayPayへ三菱UFJ銀行からチャージする方法

PayPay 三菱UFJ銀行からチャージする方法 節約
節約 銀行
スポンサーリンク

PayPayは銀行から残高にチャージできますが、2020年現在も三菱UFJ銀行の口座からはチャージができません。

クレジットカードからの残高チャージもYahoo!カードだけだし、三菱UFJ銀行口座をメインバンクにしている人にとっては不便すぎますよね?

自分も仕方なく、セブン銀行で現金チャージするしか方法がないと思ってました。

ですが、三菱UFJ銀行からPayPay残高にチャージする方法が2つあります。

その方法を使うと、セブン銀行ATMに行く必要もなく、手数料もかからず、自宅でチャージが完結できます。

今回は、ネットの手続きで三菱UFJ銀行の口座からPayPay残高へチャージする方法を説明します。 

スポンサーリンク

PayPayに三菱UFJ銀行の口座は登録できない

2020年11月現在でも、PayPayの利用可能な金融機関に「三菱UFJ銀行」の記載はありません。

利用可能な金融機関 – PayPay

新規に三菱UFJ銀行の口座を登録することはできなくなっています。

ただし、2019年9月に「Yahoo!マネー」がPayPayにサービス移管したとき、三菱UFJ銀行の口座を登録をしていた人に限り、PayPayへのチャージができます。「Yahoo!マネー」のサービス内容を変更しないための特例です。

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行からPayPay残高にチャージする2つの方法

セブン銀行に行くことなく、スマホだけで三菱UFJ銀行からPayPayにチャージする方法は2つあります。

  • auじぶん銀行経由でPayPay残高へチャージする
  • ジャパンネット銀行経由でPayPay残高へチャージする

それぞれ詳しく説明します。

スポンサーリンク

auじぶん銀行経由でPayPay残高へチャージする

最初に説明するのは、auじぶん銀行」を経由してPayPayチャージする方法です。

auじぶん銀行には、次のようなメリットがあります。

  • 三菱UFJ銀行・auじぶん銀行間の振込手数料が無料
  • auじぶん銀行はPayPayに対応

この2つのメリットを利用して、PayPayにチャージができるようになります。

具体的には、次のような手順でPayPay残高へチャージできます。

手順1.auじぶん銀行の口座を開設

auじぶん銀行」の口座がなければ開設します。

auじぶん銀行は、他のネット銀行に比べて簡単に口座開設できます。

auじぶん銀行の口座開設
  • 三菱UFJダイレクトを使っている人なら、本人確認書類不要
  • 三菱UFJダイレクトを使っていない人は、免許証か健康保険証をスマホで撮るだけ
  • 口座開設は15歳以上からOK

ちなみに、auじぶん銀行はネット銀行なので、昨今話題になっている口座維持手数料の心配はありません。

Q: 口座維持手数料はいくらですか?

A: 口座維持手数料は無料です。

https://help.jibunbank.co.jp/faq_detail.html?id=654&page=1

また、大手都市銀行に比べて、定期預金の金利などが良いです。たとえば、ボーナス時期には定期預金の金利が0.25%と、なかなかの高金利。口座開設しておいて損はないでしょう。

手順2.auじぶん銀行へ振込

auじぶん銀行の口座開設ができたら、三菱UFJ銀行からauじぶん銀行宛に振り込みます。

三菱UFJ銀行系だから振込手数料は無料!

振り込む金額は、PayPay残高へチャージしたい金額でOKです。

auじぶん銀行への振込は、三菱UFJ銀行のインターネットバンキングのほか、ATMも使えます。どちらも、振込手数料は無料です。

手順3.auじぶん銀行からPayPay残高にチャージする

auじぶん銀行の口座をPayPayに登録し、チャージします。

また、三菱UFJ銀行からauじぶん銀行への振込は早く、夜間でも3分程度で口座へ入金されます。

本当に入金しているか確認するには、auじぶん銀行のスマホアプリで残高を確認するか、auじぶん銀行から入金通知メールが来ていないかを確認します。

これなら、PayPayモールの買い物で残高が足りないときなど、ネットでサクッとチャージできて便利ですね。

スポンサーリンク

ジャパンネット銀行経由でPayPay残高へチャージする

2つ目の方法は、ジャパンネット銀行経由でPayPayにチャージする方法です。

ジャパンネット銀行には、定額自動入金というサービスがあります。

このサービスを利用すると、三菱UFJ銀行からジャパンネット銀行へ無料で送金できます。

ジャパンネット銀行はPayPayに対応しているので、PayPayアプリを使ってチャージできます。

手順① ジャパンネット銀行の口座を開設

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の口座がなければ開設しましょう。

口座開設はもちろん無料です。

ちょびリッチ経由で口座開設すると、1,300円相当のポイントをGETできます。

手順② ジャパンネット銀行で定額自動入金の手続き

ジャパンネット銀行の口座開設ができたら、ジャパンネット銀行にログインして、定額自動入金サービスの手続きをします。

三菱UFJ銀行の口座番号や入金金額などを入力します。

手順③ ジャパンネット銀行からチャージする

ジャパンネット銀行に三菱UFJ銀行から入金されるので、あとは好きなタイミングでPayPayにチャージします。

スポンサーリンク

セブン銀行ATMで三菱UFJ銀行からPayPayにチャージする

2020年11月現在、auじぶん銀行からPayPayへのチャージができなくなってしまっています。ジャパンネット銀行経由のチャージは可能ですが、auじぶん銀行の便利さにはかないません。

そこで、セブン銀行でPayPayにチャージするおススメの方法を2つ紹介します。

三井住友銀行ATMで現金を引き出してセブン銀行でチャージする

三井住友銀行ATMでは、三菱UFJ銀行のキャッシュカードが手数料無料で使えます。

三菱UFJ銀行ATMが近所になくて困っている人は、三井住友銀行ATMがないか、探してみてください。

三井住友銀行 ATM検索

25日と月末にセブン銀行で現金を引き出してチャージする

三菱UFJ銀行のコンビニATM入出金手数料は、毎月25日と月末は無料です。

コンビニATM手数料は、8:45~18:00のみ、無料になります。

25日や月末が銀行休業日(土日祝、年末年始など)の場合は、それより前の営業日が手数料無料になります。

なので、25日や月末にセブン銀行で三菱UFJ銀行から現金を引き出し、そのままPayPayにチャージすると手数料もかからず、便利に使えます。

まとめ

キャッシュレスといいながらも、なぜ現金でチャージしなければいけないのか・・?納得できませんよね。

auじぶん銀行やジャパンネット銀行経由でチャージするといういい方法があるので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました