みずほ銀行の自動送金サービスを無料化する方法

節約
節約銀行

みずほ銀行の自動送金サービスは、毎月、取扱手数料+振込手数料の2つの手数料がかかります。

例えば、毎月、楽天銀行に3万円以上を振り込むと、振込手数料だけで年間1万円近くにもなるんです。

家族で1、2回外食に行けそうな金額ですよね。

そこで今回はみずほ銀行の定額自動送金の手数料を完全に無料にする方法を紹介します。

みずほ銀行の窓口に行く必要もなく、ネットだけで手続き完了できますよ!

年間で1万円節約しましょう。

スポンサーリンク

みずほ銀行の自動送金サービスの手数料

まずは、みずほ銀行の自動送金の手数料を確認しておきましょう。

自動送金サービスに必要な手数料(取扱手数料+振込手数料)は、以下の通り。

同一支店はまだいい方ですが、他行宛の手数料が非常に高いですね。

振込先振込金額
3万円未満3万円以上
みずほ銀行 同一支店110円110円
みずほ銀行 他支店220円440円
みずほ銀行以外550円770円

1年間だと次のような金額になります。 

振込先振込金額
3万円未満3万円以上
みずほ銀行 同一支店1,320円1,320円
みずほ銀行 他支店2,640円5,280円
みずほ銀行以外6,600円9,240円

みずほ銀行以外へ3万円以上振り込む場合は、何と年間9,240円もの手数料がかかります。

スポンサーリンク

イオン銀行を経由して定額自動送金する

さて、みずほ銀行の自動振込を無料化する方法ですが、イオン銀行を使います。

イオン銀行には「定額自動入金」サービスと「定額自動振込」サービスがあり、2つのサービスを組み合わせることで自動振込が無料でできるようになります。

まだイオン銀行の口座がない人は、すぐに口座を開設しましょう。

イオン銀行の口座開設 - 最大20%ポイント還元!

スポンサーリンク

イオン銀行の定額自動振込サービスとは?

イオン銀行の「定額自動振込サービスは、みずほ銀行の自動振込サービスと同じで、毎月一定額を指定した銀行口座へ送金してくれるというものです。

送金先の銀行に制限もなく、楽天銀行やSBIネット銀行などのネット銀行にも対応しています。

イオン銀行の定額自動振込サービスは、みずほ銀行と手数料が全然違います。

振込金額みずほ銀行の
自動振込手数料
イオン銀行の
自動振込手数料
3万円未満550円0円 / 220円
3万円以上770円0円 / 220円

イオン銀行の自動振込手数料は220円ですが、最大で月5回まで振込手数料が無料になる特典があります。簡単な手続きで特典の対象になるので、だれでも自動振込手数料は月1回まで無料にできます。

振込手数料を月1回無料にするには、「イオン銀行の口座開設のときデビット機能が付いたキャッシュカードを選ぶ」「インターネットバンキングに申し込む」「アメリカドルを1ドルだけ購入する」の3つで達成できます。最初に1回、手続きするだけでOKです。

また、イオン銀行の定額自動振込サービスには、次の特徴があります。

  • 定額といいながらも振込金額を毎月変更できる
  • ネットで申し込みや解約・一時停止ができる(店舗に行く必要なし)
  • 振込前と振込後にお知らせメールが届く

イオン銀行の口座開設 - 最大20%ポイント還元!

家賃の振込にも使えそうですね。

スポンサーリンク

イオン銀行の自動入金サービスとは?

イオン銀行の定額自動振込サービスを使えば、無料で毎月振込できることが分かりました。

でも今度は、みずほ銀行からイオン銀行への振込手数料がかかってしまうのでは・・・!?

大丈夫、イオン銀行への振込手数料もかかりません!

イオン銀行の「自動入金サービス」を使うと、他の銀行の自分名義の口座からイオン銀行に毎月一定額を入金できるのです。

このサービスを使うと、「みずほ銀行の口座からイオン銀行へ毎月5万円を入金する」といったことができるわけです。

こんなに便利なのに自動入金サービスの利用料金は無料です。

ただし、自動入金サービスの注意点としては、以下の2点があります。

  • 毎月6日もしくは毎月23日しか引落しができない
  • イオン銀行に実際に入金されるまで引落日から5営業日かかる

引落し日が自由に決められず、しかも入金にも時間がかかってしまいます。

例えば、みずほ銀行に振り込まれた給料の一部を家賃として振り込むには、どうすればいいでしょうか?

スポンサーリンク

入金スケジュールの組み方

自動入金サービスと定額自動振込サービスを組み合わせるときに注意しないといけないのは、入金日と振込日とのタイムラグです。

イオン銀行への入金が振込予定日に間に合わなければ、家賃などの振り込みが行わなくなってしまいます。

よくある例として、毎月の給料から家賃を支払っている場合、自動入金の入金日をいつにすればよいかをまとめてみます。

給料日が毎月25日の場合

25日に入金した当月末までにイオン銀行経由で振り込むことは時間的に間に合いません。

そこで、当月の給料は翌月末の家賃支払いに充てることになります。

1か月遅れとなってしまい、ちょっと紛らわしいですが、これだけは回避できないようです。

定額自動振込を始める前に、イオン銀行の口座には1か月分の家賃をあらかじめ入金しておくようにしましょう。

そして、自動入金の引落日は毎月6日にします。

イオン銀行にお金が入金されるのは毎月13日~14日頃になるため、定額自動振込の振込日は毎月15日以降にするとよいでしょう。

給料日が毎月15日の場合

この場合も当月末までの家賃振込には間に合いません。

月末まで2週間くらいあるので間に合いそうに思えますが、ちょうど良いタイミングの引落日を指定できないためです。

したがって、給料日が15日の場合も25日の場合と同じく、給料で翌月分の家賃を払うことになります。

定額自動入金の引落日は毎月23日定額自動振込の振込日は毎月15日以降がよいでしょう。

給料日が月末もしくは毎月1日の場合

この場合は、引落日を毎月6日にします。

毎月6日にみずほ銀行の口座から引き落とされたお金は、毎月13日~14日ごろにはイオン銀行に入金されているため、振込日を20日などにすれば、当月末までの家賃振込に間に合います。

手続き方法

「さっそくやってみよう」と思った人は、次の4ステップで手続きを進めてください。

ステップ① みずほダイレクト(インターネットバンキング)の新規申込をする

定額自動入金の手続きを行うには、みずほ銀行のインターネットバンキング契約(無料)が必要です。

まだインターネットバンキングの申し込みを済ませていない人は、以下のURLからみずほダイレクトの新規契約手続きに進んでください。

ネットバンキング新規申込/変更手続き(みずほダイレクト) | みずほ銀行
インターネットバンキング(みずほダイレクト)の新規申込、各種変更手続きに関するご案内です。みずほダイレクトの新規申込や変更手続きに関する方法や手順をご説明しています。

ステップ② イオン銀行の口座を開設する

イオン銀行の口座を開設しましょう。もちろん無料です。

イオン銀行の口座開設 - 最大20%ポイント還元!

ステップ③ イオン銀行で「自動入金」の手続きをする

イオン銀行の口座開設ができたら、イオン銀行のインターネットバンキングで自動入金の手続きをします。

新規登録(自動入金サービス) |ご利用ガイド|イオン銀行

自動入金が始まるのは、初回申込後、8営業日後(約二週間後)からです。余裕をもって手続きを進めてください。

ステップ④ イオン銀行で「定額自動振込」の手続きをする

今度は、イオン銀行のインターネットバンキングで定額自動振込の手続きをします。

インターネットバンキング-振込(定額自動振込) |ご利用ガイド|イオン銀行

定額自動振込は、申込後、3日後から適用されます。余裕をもって手続きを進めてください。

まとめ

みずほ銀行の定額自動送金サービスは、その日になったらすぐに送金されるので便利ですが、手数料が高いですよね。

一方、イオン銀行で自動入金と定額自動振込を組み合わせて使うときは、振込が行われるまで2週間前後かかる代わりに月1回なら手数料はかかりません。

いずれにしても、すごく便利なサービスなのでぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
小銭ストをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました