みずほ銀行のATM手数料を無料にする方法

節約
節約 銀行
スポンサーリンク

みずほ銀行のキャッシュカードを使って、ATMからお金を引き出したり預けたりすると、利用するATMや時間帯によって手数料がとられます。

「うれしい特典」も2020年3月に改悪されているので、庶民には手数料の優遇がなくなりました。

そこで、今回は「みずほ銀行のキャッシュカード」で現金を引き出すときの手数料を0円にする方法を紹介します。

あらゆる銀行やサービスを駆使して、ATM手数料無料を実現してみましょう!

スポンサーリンク

みずほ銀行のATM手数料は?

まず、みずほ銀行ATMとコンビニATMの手数料がいくらかかるのか、おさらいしておきましょう。

みずほ銀行ATM

みずほ銀行ATM利用時には、平日日中を除くと、110円~220円の手数料がかかります。

平日

時間帯出金手数料入金手数料
平日 00:00~08:00220円220円
平日 08:00~08:45110円110円
平日 08:45~18:000円0円
平日 18:00~23:00110円110円
平日 23:00~24:00220円220円

土日祝日

時間帯出金手数料入金手数料
土日祝 00:00~08:00220円220円
土日祝 08:00~23:00110円110円
土日祝 23:00~24:00220円220円

コンビニATM手数料

コンビニATM利用時には、110円~220円の手数料がかかります。

平日

時間帯出金手数料入金手数料
平日 00:00~08:45220円220円
平日 08:45~18:00110円110円
平日 18:00~24:00220円220円

土日祝日

時間帯出金手数料入金手数料
土日祝日 00:00~24:00220円220円
スポンサーリンク

みずほマイレージクラブの「うれしい特典」は庶民には特典ゼロ!

みずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」は、かつて預金残高が50万円あれば「コンビニATM手数料が月1回無料」という特典がありました。

ですが、2020年3月から改悪され、振込手数料の優遇が得られるのは、「クレジットカードで年100万円以上利用」「資産運用100万円以上」「住宅ローン借入あり」と庶民には手が届かないレベルに。

この記事では、「みずほマイレージクラブ」の特典は一切使わずに、ATM手数料を無料化する方法を解説していきます。

スポンサーリンク

方法① みずほ銀行のATMを平日朝8時45分~夜6時に使う

みずほ銀行のATMでキャッシュカードを使うとき、平日朝8時45分から夜6時まで手数料はかかりません。この時間にATMを利用しましょう。

みずほ銀行ATM利用手数料(平日)

時間帯出金手数料入金手数料
平日 00:00~08:00220円220円
平日 08:00~08:45110円110円
平日 08:45~18:000円0円
平日 18:00~23:00110円110円
平日 23:00~24:00220円220円
スポンサーリンク

方法② イオン銀行のATMを平日朝8時45分~夜6時に使う

みずほ銀行とイオン銀行が提携しているので、イオン銀行ATMも平日朝8時45分から夜6時まで手数料が無料です。

イオン銀行ATMは、「イオン」「まいばすけっと」「マックスバリュ」「マルエツ」「アコレ」「ミニストップ」などにあります。

イオン銀行ATMは約6,000か所とみずほATMの3倍くらいあるので、実はイオン銀行の方が便利かもしれません。

店舗・ATM検索 | イオン銀行

イオン銀行を設置している「イオン」「ダイエー」「マックスバリュ」「ザ・ビッグ」などの店舗では、イオンカードの5%OFF特典が受けられます。

イオンカード発行で2,000円相当のポイントをGET!

スポンサーリンク

方法③ pring経由でセブン銀行ATMを使い入出金する

送金アプリ「pring」を使った入出金方法です。

pringには「みずほ銀行の口座」を登録しておいてください。

セブン銀行ATMを使ったpring経由での出金

送金アプリ「pring」を使い、みずほ銀行の口座からチャージします。

pringにチャージしたお金を「セブン銀行へ出金」手続きをアプリで行います。

その後、セブン銀行ATMで「カードを使わない番号入力での取引」を選択し、画面に従って情報を入力すれば、現金が手に入ります。

pringからセブン銀行への出金は、1日1回まで無料です。

セブン銀行ATMを使ったpring経由での入金

セブン銀行ATMで、送金アプリ「pring」を開いて「セブン銀行でチャージする」を選び、現金を入金します。

pringにチャージしたお金を、みずほ銀行の口座へ出金する手続きをアプリで行います。

入金手数料はかかりません。

方法④ pring経由でゆうちょ銀行ATMを使い入出金する

自分名義の「ゆうちょ銀行の口座」があれば、ゆうちょ銀行ATMを使った入出金も手数料無料でできます。

pringには、あらかじめ「みずほ銀行」と「ゆうちょ銀行」の口座を登録しておいてください。

出金方法:pringにチャージし、ゆうちょ銀行に送金した後、ゆうちょ銀行ATMから出金する

少々複雑ですが、以下の手順なら出金に手数料がかかりません。「みずほ銀行のキャッシュカード」は不要です。

  1. 送金アプリpringを使い、みずほ銀行からpringにチャージします。
  2. pringを使って、ゆうちょ銀行の口座に送金手続きをします。
  3. ゆうちょ銀行ATMで「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使って、現金を引き出します。

⇒送金アプリ pring の使い方

入金方法:ゆうちょ銀行ATMでゆうちょ口座に入金し、pringにチャージした後、みずほに入金する

こちらも少々複雑ですが、以下の手順なら現金入金に手数料がかかりません。「みずほ銀行のキャッシュカード」は不要です。

  1. ゆうちょ銀行ATMで、「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を預け入れします。
  2. pringを使い、ゆうちょ銀行からチャージします。
  3. pringを使い、みずほ銀行へ送金します。

⇒送金アプリ pring の使い方

方法⑤ SBJ銀行経由でイーネットATMを使い入出金する

SBJ銀行は、セブン銀行ATM・イオン銀行ATM・イーネットATMの利用手数料が月10回まで無料です。

また、他行宛の振込手数料も月3回まで無料と、なかなか使い勝手が良い銀行です。

SBJ銀行の口座がない人は開設しておきましょう。

出金方法:pringにチャージし、SBJ銀行に送金した後、イーネットATMから出金する

pringには、あらかじめ「みずほ銀行」と「SBJ銀行」の口座を登録しておいてください。

少々複雑ですが、以下の手順なら出金に手数料がかかりません。「みずほ銀行のキャッシュカード」は不要です。

  1. 送金アプリpringを使い、みずほ銀行からpringにチャージします。
  2. pringを使って、SBJ銀行の口座に送金手続きをします。
  3. イーネットATMで「SBJ銀行のキャッシュカード」を使って、現金を引き出します。

⇒送金アプリ pring の使い方

入金方法:イーネットATMでSBJ銀行の口座に入金し、みずほ銀行に振り込む

こちらも少々複雑ですが、以下の手順なら現金入金に手数料がかかりません。「みずほ銀行のキャッシュカード」は不要です。

  1. イーネットATMで、「SBJ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を預け入れします。
  2. SBJ銀行のインターネットバンキングで、みずほ銀行へ銀行振込します。

SBJ銀行の他行宛の振込手数料は、月3回まで無料です。月4回以上入金するときは、pringでみずほ銀行の口座へお金を送金すればOKです。

まとめ

みずほ銀行は、他のメガバンクよりも提携金融機関が少なく、ATMの利用手数料を不満に思っている人は多いのではないでしょうか?

ここで紹介した送金アプリpringやSBJ銀行を使うと、手数料無料でATMが使えます。

ぜひやってみてください。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました