当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
ゲーム

【PR】Xserver VPSでCounter-Strike 2サーバーを立ててみた

Xserver VPSでCounter-Strike 2サーバーって簡単に立てられるの?

こんな悩みを解決します。

Xserver VPSはCounter-Strike 2に対応しているレンタルサーバーです。

このたび、エックスサーバー様のご厚意でXserver VPSを提供していただきました。そこでCounter-Strike 2サーバーとしてどこまで使えるのか、徹底的に使い倒してみました。

 

Xserver VPSは、サーバーのスペックや種別を選ぶだけで、誰でも5分あればサーバーが作れます。

しかも、簡単に設定を変更できるので、思う存分、マルチプレイを楽しめそうですね。

 

この記事では、「Xserver VPS」でCounter-Strike 2サーバーを立てる手順を画面キャプチャ付きで分かりやすく解説します。

マルチプレイサーバーを作って、友だちと楽しく遊ぼう!

Xserver VPS では、2024/3/11(月) 12:00まで「サーバー料金最大30%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

「Xserver VPS」は「Counter-Strike 2」に対応

Xserver VPSは、「仮想サーバー」という自分専用のサーバーを格安で利用できるサービスです。

Counter-Strike 2にも対応しているので、簡単にマルチプレイサーバーを立てられます。

また、Xserver VPSはレンタルサーバー大手「エックスサーバー」が運営しているので、安心感がありますね。

Counter-Strike 2サーバーを立てる流れは、このあと詳しく説明します。

Xserver for GAMEとの違い

Xserver VPSの関連サービスとしてXserver for Game がありますが、同じVPSなので料金やスペックは変わりません。サーバーのインストール手順も同じ。特にこだわりがなければゲーム以外にも使えるXserver VPSの方をおススメします。

Xserver VPSのCounter-Strike 2サーバーの料金

では、Xserver VPSでCounter-Strike 2サーバーを立てた時に、費用がいくらかかるのかを見てみましょう。

Xserver VPSのサーバー料金は以下の通りです。

メモリ月額料金(税込)
2GBプラン580円~1,150円
4GBプラン1,190円~2,200円
8GBプラン2,240円~4,400円
Xserver VPSのサーバー料金(2024/02/14時点)

2GBプランで月580円(税込)~という価格で、長期契約すればするほど安くなります。

プランの選び方ですが、Counter-Strike 2サーバーは高スペックなCPUやメモリを必要としないので「2GBプラン」でOKです。

ちなみに、Xserver VPSは初期費用が無料で、契約期間の縛りもありません。最低1ヶ月から使えます。

Xserver VPSはCounter-Strike 2以外のゲームにも対応しています。Counter-Strike 2サーバーを申し込んだ後、追加料金なしで他のゲームサーバーへ変更できます。

「Xserver VPS」での「Counter-Strike 2サーバー」の立て方

Xserver VPSでCounter-Strike 2サーバーを立てる手順は、以下の3ステップです。

  1. Xserverアカウントを作成する
  2. 作りたいサーバーを選ぶ
  3. 支払い情報を登録する

ステップ① Xserverアカウントを作成する

Xserver VPS の公式サイトから「お申し込み」に進みます。

「新規お申込み」を選択します。

「メールアドレス」「パスワード」「登録区分」「名前」「住所」「電話番号」などを入力します。

入力したメールアドレス宛てに送信された「確認コード」を入力します。

「電話番号」を入力し、「テキストメッセージで取得(SMS)」か「自動音声通話で取得」を選択します。

受け取った認証コードを入力したら、アカウント登録は完了です。

ステップ② 作りたいサーバーを選ぶ

エックスサーバーのアカウント登録が終わったら、次はCounter-Strike 2サーバーを作成しましょう。

1. 料金タイプとプランを選択

プランは「メモリ:2GB」、サーバーの契約期間は「1ヶ月」~「36ヶ月」の間で選びます。

2. イメージタイプを選ぶ

イメージタイプとして「アプリケーション」タブにある「Counter-Strike 2」を選びます。

3. rootパスワードを入力

最後のrootパスワードは、サーバー管理に使う重要なパスワードです。パスワード生成ツールなどを利用し、9文字以上のパスワードを入力します。忘れないようにメモを取っておきましょう。

ステップ③ 支払い情報を登録する

最後に支払い情報を入力します。「クレジットカード」もしくは「コンビニ支払い」「口座振替」「銀行振込」から選びましょう。

お疲れ様でした。

これでCounter-Strike 2サーバーの準備ができました。

Counter-Strike 2 サーバーの設定を変更する

早速サーバーに接続したいところですが、プレイする前に次の準備を行いましょう。

ステップ① 接続を許可する

初期状態ではポートが閉じられているので、接続を許可します。

見出し
  1. VPSパネルで「パケットフィルター設定」メニューをクリックします。
  2. 「OFFにする」を選び、「変更する」ボタンをクリックします。

ステップ② IPアドレスを確認する

次に、サーバーのIPアドレスを確認します。

IPアドレスの確認
  1. Xserver VPS契約管理ページを開き、「VPS管理」ボタンをクリックします。
  2. VPS情報ページの下部に「IPアドレス」が表示されているので、これをメモしておいてください。

ステップ③ Steamのログイントークンを設定する

最後にCounter-Strike 2サーバーへSteamのログイントークンを設定します。

Steamログイントークンを発行する

ログイントークンの発行
  1. Steam ゲームサーバーのアカウント管理ページを開きます。
  2. ページ下にある「新規のゲームサーバーアカウントの作成」で、「App ID」に 730 、「メモ」に cs2 を入力して、[作成]ボタンをクリックします。
  3. 画面に「ログイントークン」が表示されるので、メモしておきます。

※Steamアカウントに電話番号登録が必要です。未登録の人はアカウント詳細で設定してください。

サーバーへSteamログイントークンを設定する

次に Counter-Strike 2 サーバーへSteamログイントークンを設定します。

サーバーへのログイントークン設定
  1. SSHクライアント(RLoginTeraTermなど)をインストールします。
  2. RLoginを起動します。
  3. [新規]ボタンをクリックします。
  4. エントリーに任意の名前、ホスト名に「IPアドレス」、ログインユーザー名は root、パスフレーズは「rootパスワード」を入力し、[OK]をクリックします。
  5. 登録したサーバーをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  6. 次のような画面が表示されます。
  7. 次のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。
    /home/steam/cs2_server/setup_server.sh
  8. Steamログイントークンを入力し、[Enter]キーを押します。
  9. 「Server setup is complete」と表示されたら完了です。

なお、rootパスワードを忘れてしまったら、パスワードリセットしてください。

サーバーに接続してプレイする

準備ができたので、サーバーに接続してみましょう。

  1. Counter-Strike 2を起動し、[プレイ]を選択します。
  2. 右側にある地球儀アイコン(Community Server Browser)をクリックします。
  3. [お気に入り]タブをクリックし、画面下にある「+」ボタンをクリックします。
  4. Xserver VPSのIPアドレス」 + 「:27015」 を入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    (例)198.51.100.1:27015
  5. サーバーをクリックし、[接続]ボタンをクリックします。

無事、サーバーに接続できました。

バトルもスタートしました!

Xserver VPSで建てたCounter-Strike 2サーバーの初期設定

さて、Xserver VPSで建てたCS2サーバーの初期設定を確認しておきましょう。

サーバーディレクトリ/home/steam/cs2_server
サーバー名Counter-Strike 2
ポート番号27015
参加パスワードなし
RCONパスワードなし
modなし
Xserver VPSで建てたCounter-Strike 2サーバーの初期設定

でも、せっかくの自前サーバーだから、設定を変えたり、modを入れたりして遊びたいですよね。

そこで、いろんな設定したり、modをインストールしたりしてみましょう。

Counter-Strike 2サーバーの設定変更ツール

Xserver VPSにインストールしたCounter-Strike 2サーバーの設定を変更するには、次のような方法があります。

  • サーバーの起動引数を変更する
  • /home/steam/cs2_server/game/csgo/cfg/server.cfg ファイルを編集する
  • コンソールでコマンドを実行する

ですが、いずれも少々手間がかかるので設定変更ツールを用意しました。

このツールを使えば、比較的カンタンに設定変更できるはずです。

ツールの起動方法
  1. RLoginでサーバーにログインします。
  2. サーバーにログインできたら、以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/shinya-blogger/xserver-vps-tools/main/cs2/config.sh)"
  1. 設定変更ツールが起動しました。
    ※終了するには q を入力して [Enter] を押してください。

CS2サーバーのサーバー名を変更する

  1. 設定変更ツールを開き、1(Change Server Hostname)を選びます。
  2. サーバー名を入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

サーバー名が「Kozenist Server」に変更されました。

CS2サーバーの参加パスワードを変更する

サーバーの参加パスワードは以下の手順で設定できます。

  1. 設定変更ツールを開き、2(Change Join Password)を選びます。
  2. サーバー名を入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

なお、参加パスワードを設定すると、サーバーブラウザから接続したときに「不正なパスワードがサーバーによって拒否されました」というエラーになってしまいます。

パスワード保護されたサーバーに接続するときは、コンソールを開き connect <IPアドレス>; password <参加パスワード> を入力してください。

パスワード保護されたサーバーはコンソールから接続する

CS2サーバーのRCONパスワードを変更する

RCONパスワードを設定するには以下の手順で行います。

  1. 設定変更ツールを開き、3(Change RCON Password)を選びます。
  2. サーバー名を入力し、[Enter]キーを押してください。
  3. q(Quit)を選び、「Restart Server?」で y を入力します。

カスタムマップで対戦する

Counter-Strike 2は標準マップとは別のマップでもプレイできます。

RCONツールを使えば、比較的簡単にカスタムマップが使えるようになりますよ。

では、そのやり方を解説しましょう。

ステップ① Counter-Strike 2 RCON tool をインストール&設定する

まずCounter-Strike 2 サーバーサーバーを管理するRCONツールをインストールします。

RCONツールのインストール手順
  1. Counter-Strike 2 RCON toolのリリースページからGameServer++v1.3b.zipをダウンロードします。
  2. GameServer++v1.3b.zipを解凍します。
  3. GameServer++ フォルダ内にある GameServer++.exe をダブルクリックします。
  4. 次のようなウィンドウが表示されたらOKです。

Counter-Strike 2 RCON toolがインストールできたら、初期設定を行います。

Counter-Strike 2 RCON toolの設定
  1. [Manage servers]ボタンをクリックします。
  2. [Demo CS2 Server] を選択し、[Delete Server]ボタンをクリックします。
  3. [Add Server] ボタンをクリックします。
  4. Nameに任意の名前、Host/IPに「XServer VPSのIPアドレス」、Passwordに「RCON」パスワードを入力し、[Save]ボタンをクリックします。
    ※事前にRCONパスワードを設定しておいてください。
  5. サーバーが追加されたら、[×]ボタンでServers listを閉じます。
  6. 追加したサーバーの情報(HostnameやMapなど)が表示されたらOKです。

ステップ② カスタムマップのIDを確認する

SteamのWorkshopページで、プレイするカスタムマップのIDを確認します。

ここでは例として awp_india を紹介します。

このWorkshopのURLは https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=3070290869 です。

URL末尾にある 3070290869 という数字がマップIDです。

あとから使うので、メモしておいてください。

ステップ③ サーバーへカスタムマップを設定する

準備ができたら、Counter-Strike 2 RCON toolでカスタムマップを設定します。

カスタムマップ設定
  1. サーバーを右クリックし、[Workshop maps]を選択します。
  2. [Add map]ボタンをクリックします。
  3. awp_india のマップID「3070290869」を入力して[OK]ボタンをクリックします。
  4. 任意の名前(例: awp_india)を入力します。
  5. awp_indiaをクリックし、[Change map] をクリックします。
  6. しばらくするとマップが amp_india に切り替わります。

インド風マップでプレイできるようになりました!

まとめ:Xserver VPSなら設定変更も自由自在

以上、Xserver VPSでCounter-Strike 2サーバーを立ててから、設定を変更する手順まで紹介しました。

Xserver VPSでサーバーを立てるのはそれほど難しくありません。

またRCONも使えるうえ、マップMODの導入などのカスタマイズも可能。

Counter-Strike 2の機能は余すところなく使えることが分かりました。

まずはXserver VPSでサーバーを作って、友だちを誘ってみよう!

Xserver VPS では、2024/3/11(月) 12:00まで「サーバー料金最大30%OFF」キャンペーンを実施中!

※1年以上のプランで、新規申込、かつ初回の支払いのみキャンペーン対象。

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました