「 振込手数料 」 一覧

武蔵野銀行の自動送金サービスを無料化する方法

家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。 ですが、武蔵野銀行の自動送金サービスには結構な手数料がかかります。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間2,592円、武蔵野銀行の他の支店なら年間6,480円。 さらに振込先が武蔵野銀行以外の場合は何と年間10,386円もの手数料がかかります。 しかも、インターネットバンキングでの手続きはできず、武蔵野銀行の店舗に行かないと契約も解約も延長もできないという不便さ。   そこで今回は自動振込サービスにかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、店舗へ行く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ! 住信SBIネット銀行を経由して自動振込する さて、無料で自動振込サービスを使う方法ですが、住信SBIネット銀行を使います。 ...

住信SBIネット銀行を経由して毎月の振込を自動化&無料化する方法

住信SBIネット銀行には「定額自動入金」サービスと「定額自動送金」サービスがあります。 この2つのサービスを組み合わせて使うと、銀行から銀行への毎月の振り込みを自動で行えます。たとえば、三菱UFJ銀行からゆうちょ銀行への振り込みや、楽天銀行から三井住友銀行への振り込みなど、住信SBIネット銀行に限らず、どんな銀行間の振り込みもOK! しかも、月1回の振り込みなら手数料は無料です。   今回は、住信SBIネット銀行を使って、無料で自動振込する方法を解説します。  住信SBIネット銀行を経由した自動振込の仕組み さっそく自動振込の仕組みを説明しましょう。 たとえば、三菱UFJ銀行から他の銀行へ自動振込したいとします。   まず、事前に「定額自動入金」サービスへ申し込んで、三菱UFJ銀行から住信SBIネット銀行へ口座振替ができるようにしておきます。 ...

楽天銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

楽天銀行の振込手数料は、3万円未満で165円、3万円以上で258円と、大手都市銀行に比べて安くなっています。 この振込手数料、1回当たりの金額は確かに安いですが、楽天銀行をメインバンクとして使っている人なら、毎月の振込手数料が案外かさんでいくのではないでしょうか? 例えば、月に3回、3万円を振り込むと、振込手数料が1年で9,288円にもなります。   そこで今回は、楽天銀行から他の銀行への振り込みを無料で行う方法をまとめました。 楽天銀行で給与を受け取る 給与の受け取り先を楽天銀行に変更すると、他行宛の振り込み手数料が月3回まで無料になります。 勤務先で振込先口座を変更できるのなら、これが一番簡単な方法です。 10万円以上預金しておく 楽天銀行の口座に10万円以上預け入れしておくと、それだけで他行宛の振り込み手数料が月1回まで無料になります。 ...

りそな銀行の自動振込サービスを無料化する方法

家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動振込サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。 ですが、りそな銀行の自動振込サービスはタダではありません。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間2,592円、りそな銀行の他の支店なら年間3,888円。 さらに振込先がりそな銀行以外の場合は何と年間7,776円もの手数料がかかります。 しかも、インターネットバンキングでの手続きはできず、りそな銀行の店舗に行かないと契約も解約も延長もできないという不便さ。   そこで今回は自動振込サービスにかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、店舗へ行く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ! 住信SBIネット銀行を経由して自動振込する さて、無料で自動振込サービスを使う方法ですが、住信SBIネット銀行を使います。 ...

みずほ銀行の自動送金サービスを無料化する方法

みずほ銀行で家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。   ですが、自動送金サービスはタダではありません。 毎月、取扱手数料+振込手数料のダブル手数料がずーっと必要になります。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間1,296円、みずほ銀行の他の支店なら年間5,184円。 さらに振込先がみずほ銀行以外の場合は何と年間9,072円もの手数料がかかります。   そこで今回はみずほ銀行の定額自動送金にかかる取扱手数料と振込手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、ネットだけで手続き完了できますよ! 住信SBIネット銀行を経由して定額自動送金する ...

三井住友銀行の定額自動送金サービス<きちんと振込>を無料化する方法

三井住友銀行で家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、定額自動送金サービス「きちんと振込」を使うと払い忘れがなく便利ですよね。   ですが、定額自動送金サービスはタダではありません。 毎月、取扱手数料+振込手数料のダブル手数料がずーっと必要になります。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間1,296円、銀行の他の支店なら年間5,184円。 さらに振込先が三井住友銀行以外の場合は何と年間9,072円もの手数料がかかります。   そこで今回は三井住友銀行の定額自動送金にかかる取扱手数料と振込手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、ネットだけで手続き完了できますよ! 住信SBIネット銀行を経由して定額自動送金する ...

ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。 例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。 自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!   そこで今回は、ゆうちょ銀行から他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。 多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 資金移動のあれこれ まず、銀行口座間での資金の移し方をおさらいしてみましょう。 振込 振替 ...

ゆうちょ銀行の自動振込・自動送金サービスを無料化する方法

家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動振込サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。 実際、私も賃貸物件に住んでいた時には大手銀行の自動振込サービスを利用していました。   ですが、ゆうちょ銀行の自動振込サービスはタダではなく、手数料ががかります。 例えば、自動振込先がゆうちょ銀行同士の場合、年間1,476円。 振込先がゆうちょ銀行以外の場合は、振込金額が5万円以上なら何と年間9,072円もの手数料がかかります。 しかも、インターネットバンキングでは手続きができず、ゆうちょ銀行の窓口に行かないと契約も解約も延長もできないという不便さ。   そこで今回はゆうちょ銀行の自動振込および自動送金にかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、郵便局へ出向く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ! ...

みずほ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。 例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。 自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!   そこで、みずほ銀行から他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。 しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 50万円預金しておけば振込手数料を無料化できる まず初めに、みずほ銀行をフル活用するにはみずほマイレージクラブが欠かせません。 これは年会費無料のサービスですが、みずほマイレージクラブに入会し、所定の取引条件(口座残高が50万円以上)を満たすと次のような特典が受けられます。 振込手数料が月1回無料 ...

三井住友銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。 例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。 自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!   そこで、三井住友銀行から他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。 しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 三井住友銀行から同一支店・他支店への資金移動 SMBCダイレクトで振込する 三井住友銀行のインターネットバンキングSMBCダイレクトを使うと、三井住友銀行の全支店への振込の場合でも手数料は無料。 もちろん、PC・スマホで24時間使えます。 ...