「 振込手数料 」 一覧

三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料を無料にするには?

三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料は、インターネットバンキングで324円(3万円以上)もしくは216円(3万円未満)かかります。 1回や2回の振込なら大した額ではないですが、家賃や駐車場代・子供の仕送りの振込先が北洋銀行だったりすると、振込手数料もバカにならないですよね。   そこで、三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料を0円にする方法をまとめました。 しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 三菱UFJ銀行からの直接振込は手数料無料にできない 結論から言ってしまうと、三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料を無料にするには難しい。 プラチナステージ(三菱UFJ銀行の預金残高が500万円以上)なら振込手数料がタダになりますが、そんな人はまずいないでしょう。 でも大丈夫。 他の銀行を経由すると、手数料無料で送金できる方法があるのです。 ...

三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを無料化する方法

家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。 実際、私も賃貸物件に住んでいた時には三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを利用していました。   ですが、定額自動送金サービスはタダではありません。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間1,296円、UFJ銀行の他の支店なら年間4,536円。 さらに振込先がUFJ銀行以外の場合は何と年間8,424円もの手数料がかかります。 しかも、インターネットバンキングに対応しておらず、三菱UFJ銀行の店舗に行かないと契約も解約も延長もできないという不便さ。   そこで今回は定額自動送金にかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、店舗へ行く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ! ...

じぶん銀行から他の銀行への振込手数料を0円にするための条件とは?

三菱東京UFJ銀行と相性バツグンのネット銀行「じぶん銀行」。 三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行との間の振込手数料はいつでも0円なので、気軽に利用できます。 また条件を満たすと、じぶん銀行から他銀行への振込も無料にできます。 じぶん銀行って何? 2008年からサービスをスタートした、実店舗を持たないネット銀行です。 口座開設時に郵送されるキャッシュカードを使い、三菱東京UFJ銀行やコンビニのATMで現金の預入や引出ができます。 また、インターネットや専用アプリで振り込みや各種手続きも可能。   メリットは、大手銀行に比べて手数料が全体的にお得になっている点ですね。 たとえば、3万円以上の他行あて振込手数料は三井住友銀行だと432円(税込)ですが、じぶん銀行なら278円(税込)で、35%も安い。 ...

三菱UFJ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。 例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。 自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!   そこで、三菱UFJ銀行で給与を受け取っている人を対象として、他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。 しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 2018.01.01 楽天銀行への資金移動方法を追記しました。 2018.01.16 三菱UFJ銀行から複数口座への資金移動を行う場合を追記しました。 ...