【Valheim】専用サーバーを無料で立てるには?

ゲーム
ゲーム節約

Valheimを友達と遊ぶのにサーバーを用意する必要があるなんて面倒。
有料サーバーもあるみたいだけど、無料で簡単にサーバーを利用する方法はないの?
ノートPCにもサーバーを建てられるのかな?

こんな悩みを解決します。

Valheimのサーバーを無料で立てるには、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを建てる方法の2通りあります。

自宅PCにサーバーを建てるというと難しく感じるかもしれませんが、手順を1ステップずつ分かりやすく解説します。

きっといい方法が見つかるはずなので、最後まで読み進めてみてくださいね。

Valheimサーバーとは?

ワールドデータを共有できる

Valheimは1人でも複数人でも遊べるゲームですが、マルチプレイヤーで遊ぶには専用サーバーを用意する必要があります

Valheim専用サーバー(Valheim Dedicated Server)は、ワールドデータと友達と共有するために使います。

無料・有料サーバーを使うか自宅PCにサーバーを建てる

Valheim専用サーバーを利用するには、以下の3つの方法があります。

  • 無料サービスを利用する
  • 有料サービスを利用する
  • 自宅PCにサーバーを建てる

今回は、無料サービスを利用する方法と、自宅PCにサーバーを建てる方法を中心に紹介します。

有料サーバーを使うなら初心者にやさしいConoHa VPSがおススメです。

ConoHa VPSのValheimサーバーを使ってみる

ConoHa VPSについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

無料サーバー「ScalaCube」

ScalaCube」は無料から使えるValheim専用サーバーです。

ただ、無料版ではプレイヤーが1人しか接続できず、マルチプレイができないのが残念なところ。

しかも、サーバーは起動後2時間で終了してしまいます。

面倒くささが許容できるのであれば、使ってみてもいいでしょう。

ScalaCubeと有料サーバーとの違い

無料マルチプレイサーバーのデメリットを解決できるのがConoHa VPS のような有料のレンタルサーバーです。

有料サーバーには次のようなメリットがあります。

レンタルサーバーのメリット
  • 常に自分専用で動いているので快適に接続できる
  • スペックアップすれば同時接続数も増やせる
  • データが自動バックアップされる

ストレスなく楽しめ、いざというときも安心なのが有料サーバーの特長ですね。

自宅PCで専用サーバーを建てるのに必要なスペック

次は、自宅PCに無料でマルチプレイサーバーを建てるときのスペックなどを解説します。

Valheimの開発元では、Valheimサーバーに使うコンピュータの推奨スペックを公開しています。

CPUクアッドコアプロセッサー 以上
メモリ2GB以上
ディスク2GB以上
ネットワーク有線LAN

高スペックなPCが必要かと思いきや、最近のPCなら、何の問題もないと思います。

ただし通信速度が重要なので、ネットワークは無線(Wi-Fi)ではなく、必ずLANケーブルでルーターにつなぐようにしましょう。

LANケーブルを買うなら、ネットワーク遅延が減らせるカテゴリ6(CAT6)以上がおススメです。

フラットケーブル(薄っぺらいケーブル)は通信が安定しないので避けましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥540 (2021/12/01 13:34:41時点 Amazon調べ-詳細)

また、PCの内蔵ディスクをSSDに変えておくと、動作がサクサクになるのでおススメです。

ノートPCでも動きますが、デスクトップPCの方が安定します。

自宅PCにマルチプレイサーバーを建てる手順

Valheim Dedicated Serverをインストールする

まず、Steamを開きます。

[ライブラリ]タブで「valheim」で検索して、Valheim Dedicated Serverを選択し、[インストール]ボタンを押したら完了です。

Valheim Dedicated Serverのインストール

パスワードを変更する

エクスプローラで C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Valheim dedicated serverフォルダを開きます。

start_headless_server.bat をテキストエディタで編集します。

9行目の最後に “secret” となっているところがあるので、新しいパスワードに変更し、ファイルを保存します。

Valheim Dedicated Serverアイコンをクリックすれば、サーバーが起動します。

次のような表示になればOKです。

ルーターでポートを開放する

最大の難関は、ルーターでのポート開放作業です。

ngrokなどポート開放ツールもありますが、無料版ではValheimのポートを解放できません。

ポート開放は、自宅のネットワーク構成やルーターの種類、インターネットプロバイダなどによって作業手順が違います。

例として、NURO光のHG8045Qでの設定手順を紹介します。

ルーターHG8045Qでの設定手順

まず、ブラウザで http://192.168.1.1 にアクセスします。

ID(admin)とパスワードを入れてログインします。

初期パスワードはadminです。

[転送ルール]-[ポートマッピング設定]を選択します。

次のように情報を入力します。

  • 種別:カスタム設定
  • マッピング名:valheim
  • 内部ホスト:Valheim ServerをインストールしたPC
  • プロトコル:TCP/UDP
  • 内部ポート番号:2456-2458
  • 外部ポート番号:2456-2458

[適用]ボタンを押したら完了です。

IPアドレスを確認する

IPアドレスは、What is my IP Address などで調べてみてください。

これを仲間に共有しましょう。

自宅PCでサーバーを建てるときに注意したいこと

電気代が思ったよりかかる

短時間だけ起動するのなら問題になりませんが、PCをずっとつけっぱなしにすると、結構な電気代になります。

仮に1か月間、ノートPCの電源がずっとONだと、電気代が1,800円ほどかかります。

長時間使いたいなら、レンタルサーバーを借りた方が安かったりします。

たとえば、ConoHa VPS なら月968円からサーバーが使えるので、電気代だけ考えても十分に安いです。

ノートPCはバッテリー劣化に注意

ノートPCの電源コードをつけっぱなしにすると、バッテリーが徐々に劣化していきます。

バッテリーを買うとなると、機種によって5,000円~20,000円くらいかかってしまいます。修理センターに出すと、3万円近くかかることも。

ノートPCをサーバーに使うのはお勧めしません

ゲームプレイとサーバー両立が難しい

サーバーを建てて実際に遊び始めてから気づくのですが、1台のPCで、ゲームもしながらサーバーを動かすと、当然ながら遅くなります。

プレイヤーが増えて、どうにもならなくなってからレンタルサーバーに移行するという手もありますが、サーバーに詳しい人でないと移行はできないでしょう。

最初からレンタルサーバーで始めるのも一案です。

まとめ

Vaiheimマルチプレイサーバーを無料で建てる方法を紹介しました。

ノートPCにサーバーを建てるのは難しいし、無料サーバーでは使い物にならない・・という人は、有料レンタルサーバーも検討してみてください。

ConoHa VPS は、使いたいサーバーのテンプレートを選ぶだけで、難しいセットアップをする必要はありません。ポート開放作業も不要です。

しかも学割あり。

週末は友達とValheimで快適に遊べますよ。

700円無料クーポンで今すぐ試せる

ConoHa VPSのValheimサーバーを使ってみる

小銭ストをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました