ソーシャルレンディングって投資してOK?300万円投資した私が危険性を解説

資産運用
資産運用

株式投資がうまく行っていないんだけど、ソーシャルレンディングって利回りが高いから魅力的。投資して大丈夫なのかなぁ?

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、投資先としてソーシャルレンディングはおススメしません

私はソーシャルレンディングに3年間で合計300万以上投資して損失を出した苦い経験があります。

でも、その後しっかり投資の勉強をしたことで、ソーシャルレンディングの損失を取り戻すほどの利益を出すことができました。

この記事ではソーシャルレンディングのメリット・デメリットと、ソーシャルレンディングの代わりに何に投資したらよいかを解説します。

きっと役に立つ体験談だと思うので、最後まで読み進めてみてください。

スポンサーリンク

ソーシャルレンディングのメリット

まず、ソーシャルレンディングのメリットを解説します。

高い利回り

ソーシャルレンディングは運用利回りが5%~10%前後と、利回りは高いです。

投資すると、少額ながらも毎月利子を受け取れるので、利益が出ている感覚がうれしい。

運用期間も3か月くらいの短期案件から、24か月くらいの長期案件まであるので、資金計画が立てやすいです。

1万円から投資できる

ソーシャルレンディングでは、最低1万円から投資できます。

高額な投資資金がなくても運用できるので、投資初心者にも始めやすい投資の一つです。

ちなみに私がソーシャルレンディングを始めたのも、投資2年目でした。

投資の勉強がいらない

ずらりと並んだ募集中の案件の中から選んで出資するだけなので、知識がなくても簡単に投資できます。

ネットショッピングをしている感覚で申し込めてしまいます。

株式投資だと、銘柄選定や売買タイミングなど考えないといけないことが多いですよね。ソーシャルレンディングはそのような知識は不要です。

スポンサーリンク

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングは投資なので、当然ながらデメリットもあります。

元本保証なし

投資した元本が戻ってくる保証はありません

ソーシャルレンディングは貸付なので、返済期日に事業者がお金を返済してくれれば元本は戻ってきます。

しかし、事業者の事業が思うように進まず、返済ができない状態になると、元本は戻ってきません

ちなみに、事業者が返済ができないときのために担保物件が設定されていることが多いです。

事業者が返済できないときは、その担保物件を売却して返済資金に充てることになっています。

途中解約できない

ソーシャルレンディングは貸付なので、投資したお金は事業者の元に渡ります

元本が返ってくるのは返済期日になるので、一度投資したら返済期日まで資金を取り戻すことはできません。

事業者の返済能力が低い

企業が資金調達をするときは、普通は銀行からお金を借ります

でも、銀行がお金を貸してくれず、資金調達に困った事業者がソーシャルレンディングを利用するケースがあります。

銀行がお金の貸し出しを断ったのは、事業者が資金を返済できないじゃないかと判断した時なので、そういった案件がソーシャルレンディングに流れてくる時点で危険です。

スポンサーリンク

ソーシャルレンディングと株式投資の違い

株式投資は株の売買差益や配当金、ソーシャルレンディングは利子で儲ける仕組みです。

全く違うタイプの投資ですが、決定的に違うのは何を期待して投資するのか、という点です。

株式投資は企業の業績アップに期待して投資します。

一方、ソーシャルレンディングは企業内の1つのプロジェクトが順調に進むことを期待して投資します。

期待すること得られるもの
株式投資企業の業績アップ株の売買差益や配当金
ソーシャルレンディングプロジェクトの成功利子

さて、どっちの方が期待できるでしょうか?

スポンサーリンク

企業とプロジェクトのどちらに期待?

企業は様々なプロジェクト(事業)をやっていて、黒字のプロジェクトも赤字のプロジェクトもあります。

そして、トータルでもしくは数年後には黒字になるように努力するのが企業というものです。

特に上場企業なら事業報告の義務があるので、その傾向は高いはずです。

つまり、プロジェクトは失敗することがあるのです。

企業も倒産することがありますが、それは黒字のプロジェクトが少なくなり、赤字のプロジェクトが積み上がったからです。

ソーシャルレンディングは、その仕組み上、損失は出てしまうのです。

スポンサーリンク

何に投資するのが良いか?

ソーシャルレンディングに興味を持った人や既にソーシャルレンディングに投資したことがある人は、投資初心者か、株式投資がうまく行かなかった経験があるのではないでしょうか?

投資の知識が少なくても投資できるので、ソーシャルレンディングは魅力的に映ったはずです。

でも本当に投資で利益を出したい、FIREしたいなら、ソーシャルレンディングという選択肢はなく、株式や投資信託が基本です。

株式や投資信託は、銘柄選びや売買タイミングなどをしっかり見極めて取引することで、利益を出すことができます。

株式や投資信託で利益を出すためにできること

株式や投資信託で利益を出すことは簡単ではありません。

でも、投資について相当な勉強や研究をした人は、ものすごい成果を上げています。

私もソーシャルレンディングでの損失を機に、株や投資信託の取引ではなく、勉強に時間を費やすようになりました。

自己流の投資法や浅い知識のままでは、間違った金融商品を選んでしまったり、利益を取り損ねてしまうと感じたからです。

そこでおススメするのが「投資の体系的な勉強」と「取引の振り返り」です。

投資の体系的な勉強

これまで投資関連の本や雑誌を読んできましたが、「チャートの読み方」や「独特な投資術」など断片的な知識しか得ていませんでした。

そこで投資スクールがやっている無料セミナーなどに参加して、できるだけ体系的な知識をつけるようにしました。

投資の達人になる投資講座 は著名投資家の知識や実体験が凝縮されていて、中身が濃かったです。

正しい知識があればもう投資で騙される心配もありません

取引の振り返り

失敗した株の取引は基本見ないことにしていましたが、自分が行った取引を振り返るようにしました。

取引タイミングや銘柄選定に課題がなかったかを再検討するためです。

スプレッドシートに記録する方式でもいいですし、株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」 のようなツールを使うもの便利です。

まとめ:ソーシャルレンディングに逃げない。投資の知恵をつけるべき

ビジネスの原理原則を知らずに投資してしまったのが私がソーシャルレンディングで損失を出した根本原因です。

大きな勉強代を払いました。

投資の知識をつけることが投資で成功するコツです。

勉強あるのみですね。

スポンサーリンク
小銭ストをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました