みなと銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

節約
節約銀行

みなと銀行の振込手数料は、インターネットバンキングを使うと165円で比較的安いです。

この振込手数料、1回当たりの金額は確かに安いですが、みなと銀行をメインバンクとして使っている人なら、毎月の振込手数料が案外かさんでいくのではないでしょうか?

例えば、月に2回他行あてに振り込むと、振込手数料が1年で3,960円にもなります。

そこで今回は、みなと銀行から他の銀行への振り込みを無料で行う方法をまとめました。

スポンサーリンク

みなと銀行の振込手数料は?

みなと銀行の振込手数料をおさらいしてみましょう。

インターネットバンキング(みなとダイレクトバンキング)

振込先振込手数料
みなと銀行 同一支店0円
みなと銀行 本支店110円
関西みらい銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
三井住友銀行
110円
上記以外165円

みなと銀行ATM(みなと銀行のキャッシュカード利用時)

振込先振込手数料
3万円未満3万円以上
みなと銀行 同一支店0円0円
みなと銀行 他支店
りそな銀行
埼玉りそな銀行
三井住友銀行
110円110円
上記以外220円440円

平日8:45以前・18:00以降、土日祝日は時間外手数料110円が必要です。

みなと銀行同一支店宛の振込だけは無料ですが、それ以外はすべて手数料がかかってしまいます。

そこで、ここからは振込先銀行別に、振込手数料を無料にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

みなと銀行 本支店宛に送金する場合

りそな銀行ATMで入出金する

りそな銀行の自分名義の口座を経由して送金する方法です。

まず、りそな銀行のATMみなと銀行のキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

平日8:45~18:00ならATM利用手数料は無料です。それ以外の時間帯や土日祝日は手数料110円がかかります。

その後、同じATMでりそな銀行の自分名義の口座へ入金します。

入金ができたら、りそな銀行のインターネットバンキング「マイゲート」で、みなと銀行の送金先口座へ振込を行います(振込手数料は無料)。

スポンサーリンク

みなと銀行から三井住友銀行への振込を無料化する

三井住友銀行ATMで入出金する

三井住友銀行の自分名義の口座を経由して送金する方法です。

まず、三井住友銀行のATMみなと銀行のキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

平日8:45~18:00ならATM利用手数料は無料です。それ以外の時間帯や土日祝日は手数料110円がかかります。

その後、同じATMで三井住友銀行の自分名義の口座へ入金します。

入金ができたら、三井住友銀行のインターネットバンキングで「SMBCダイレクト」で、送金先口座へ振込を行います(手数料無料)。

イオン銀行経由で振り込む

みなと銀行からイオン銀行へ入金させたあと、三井住友銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスでみなと銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで三井住友銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料で「みなと銀行」からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料です。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、みなと銀行から三井住友銀行への送金が無料でできます。

イオン銀行の口座開設 - 最大11,000円分ポイントGET!(1/10(月)まで)

スポンサーリンク

みなと銀行から三菱UFJ銀行への振込を無料化する

pringで送金する

送金アプリ「pring」を使い、みなと銀行からpringにチャージします。

その後、pringから三菱UFJ銀行の自分名義の口座へ送金します。

その後、三菱UFJ銀行のインターネットバンキングを使い、自分名義の口座から送金先口座へ振込を行います(三菱UFJ銀行間の振込なので無料)。

イオン銀行経由で振り込む

みなと銀行からイオン銀行へ入金させたあと、三菱UFJ銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスでみなと銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで三菱UFJ銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料で「みなと銀行」からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料です。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、みなと銀行から三菱UFJ銀行への振込を無料にできます。

イオン銀行の口座開設 - 最大11,000円分ポイントGET!(1/10(月)まで)

スポンサーリンク

みなと銀行から「りそな銀行」への振込を無料化する

りそな銀行ATMで入出金する

りそな銀行の自分名義の口座を経由して送金する方法です。

まず、りそな銀行のATMみなと銀行のキャッシュカードを使い、現金を引き出します。

平日8:45~18:00ならATM利用手数料は無料です。それ以外の時間帯や土日祝日は手数料110円がかかります。

その後、同じATMでりそな銀行の自分名義の口座へ入金します。

入金ができたら、りそな銀行のインターネットバンキング「マイゲート」で、送金先口座へ振込を行います(手数料無料)。

みなと銀行から但馬銀行への振込を無料化する

イオン銀行経由で振り込む

みなと銀行からイオン銀行へ入金させたあと、但馬銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスでみなと銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで但馬銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料で「みなと銀行」からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料です。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、みなと銀行から但馬銀行への振込を無料にできます。

イオン銀行の口座開設 - 最大11,000円分ポイントGET!(1/10(月)まで)

みなと銀行からゆうちょ銀行への振込を無料化する

pringで送金する

送金アプリ「pring」を使い、みなと銀行からゆうちょ銀行の自分名義の口座へ一旦送金します。

そのあと、ゆうちょ銀行のインターネットバンキングで、相手先の口座へ振込を行います。

みなと銀行から楽天銀行への振込を無料化する

イオン銀行経由で振り込む

みなと銀行からイオン銀行へ入金させたあと、楽天銀行へ振り込む方法です。

  1. イオン銀行の自動入金サービスでみなと銀行から入金する。
  2. イオン銀行のインターネットバンキングで楽天銀行へ振込する。

イオン銀行の自動入金サービスを使えば、手数料無料で「みなと銀行」からイオン銀行へ送金できます。さらに、イオン銀行は最大月5回まで他行宛振込手数料が無料です。イオン銀行の2つのサービスを組み合わせると、みなと銀行から楽天銀行への振込を無料にできます。

たとえば、みなと銀行に振り込まれた給料の一部を、毎月楽天銀行へ送金して楽天カードの支払いをしたいときなどに便利です。

イオン銀行の口座開設 - 最大11,000円分ポイントGET!(1/10(月)まで)

みなと銀行からイオン銀行への振込を無料化する

自動入金サービスを利用

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

イオン銀行の「自動入金サービス」を利用すると、みなと銀行の口座からイオン銀行への振込を毎月自動で行うことができます。

手数料は無料です。

みなと銀行からソニー銀行への振込を無料化する

おまかせ自動入金サービスを利用

口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。

ソニー銀行の「おまかせ自動入金サービス」を利用すると、毎月一定額を群馬銀行からソニー銀行に振り込むことができます。

手数料はかかりません。

その他の銀行へ送金する場合

住信SBIネット銀行経由で振込する

住信SBIネット銀行を経由して、振込を行うという方法です。

住信SBIネット銀行への引落し手数料は何回でも無料、住信SBIネット銀行の振込手数料は月1回無料なので、みなと銀行から月1回無料で振込みできることになります。

スマート認証NEOという認証アプリをインストールすると、振込手数料が月5回まで無料になります。

詳しいやり方については以下の記事を参照してください。

毎月一定金額を振込するときは?

家賃や駐車場代など、毎月振込をするときはみなと銀行の自動送金サービスが便利です。

ただ、払い忘れを防げるメリットはあるのですが、結構な金額の手数料がかかってしまいます。

そこで、別の銀行を経由する裏ワザを使うと、自動送金を無料にできます。

まとめ

みなと銀行の振込手数料は、同一支店宛の振込しか無料にならず、条件が厳しいです。

なので、りそなグループの銀行か、イオン銀行を経由して送金するのが良いでしょう。

スポンサーリンク
小銭ストをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました