イオン銀行の振込手数料を無料にするには?

節約
節約銀行

イオン銀行から他の銀行へ振込するには振込手数料がかかります。

ただし、最大月5回までの無料枠を上手に利用することで、イオン銀行の他行宛振込手数料も無料にできるのです。

そこで、イオン銀行から他行への振込を無料で行う方法をまとめました。

スポンサーリンク

イオン銀行の振込手数料は?

イオン銀行の振込手数料は以下の通りです。

インターネットバンキング・ATM(キャッシュカード利用)

振込先手数料
イオン銀行0円
イオン銀行以外220円

ATM(現金)

振込先振込金額
5万円未満5万円以上
イオン銀行220円440円
イオン銀行以外440円660円

以上のように、振込手数料が無料なのは、イオン銀行宛にインターネットバンキングもしくはキャッシュカードを使ってATMで振り込むときだけです。

スポンサーリンク

イオン銀行Myステージがシルバーステージなら振込手数料が月1回無料になる

イオン銀行には会員ランク制度Myステージがあります。

Myステージには「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのステージがあり、「シルバー」ステージになると、特典として他行宛振込手数料が月1回無料になります。

Myステージ他行宛振込手数料の無料回数他行ATM無料回数普通預金金利
ブロンズなし1回0.01%
シルバー1回2回0.03%
ゴールド3回3回0.05%
プラチナ5回5回0.10%

そのほか、Myステージのランクがアップすると、他行ATMの利用手数料の無料回数も増えたり、普通預金の金利も上がったりと、メリットが多いです。

スポンサーリンク

シルバーステージになるには?

イオン銀行のMyステージは、イオン銀行の利用状況によって決まります。

具体的には、イオン銀行スコアが50点以上だと、シルバーと判定されます。

ステージイオン銀行スコア
ブロンズ20点以上
シルバー50点以上
ゴールド100点以上
プラチナ150点以上

イオン銀行スコアを50点にするには、次の3つの条件をクリアすることをおススメします。

  • イオンカードセレクトまたはキャッシュ+デビット、イオンデビットカードの契約(10点)
  • インターネットバンキングの登録(30点)
  • アメリカドルを1ドルだけ購入(10点)

イオンカードセレクトまたはキャッシュ+デビット、イオンデビットカードの契約

イオン銀行のカードには、「イオンカードセレクト」「キャッシュ+デビット」「イオン銀行キャッシュカード」の3種類がありますが、「イオンカードセレクト」「キャッシュ+デビット」なら、イオン銀行スコア(10点)の対象になります。

イオンカード発行で最大20%ポイント還元!

イオン銀行キャッシュカードを持っている人は、イオンカードセレクトへの切り替えをすれば、イオン銀行スコアの対象になります。

イオンカードセレクト切替お申込み | イオン銀行

インターネットバンキングの登録

インターネットバンキングに登録するだけで、イオン銀行スコアが30点になります。

イオン銀行の口座を持っている人なら、簡単な登録手続きだけで、インターネットバンキングが利用できるので、迷わず登録しましょう。

インターネットバンキングでは、Myステージや、イオン銀行スコアも確認できます。

インターネットバンキング | イオン銀行

アメリカドルを1ドルだけ購入

外貨預金残高が1円以上あると、イオン銀行スコア(10点)の対象になります。

イオン銀行では、アメリカドルを1ドル(約110円)から購入できるので、1ドルだけ外貨を購入します。

外貨は売却せず、そのまま置いておきましょう。

不要になったら、ドルを売却して日本円に戻せるので便利です。

外貨普通預金 | イオン銀行

スポンサーリンク

まとめ

以上のように、イオン銀行ではイオン銀行スコアが50点になるよう条件を整えておけば、毎月他行宛振込手数料が1回無料になります。

皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

イオンカード発行で最大20%ポイント還元!

スポンサーリンク
小銭ストをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました