三井住友銀行のATM手数料を無料にする方法

節約
節約 銀行
スポンサーリンク

三井住友銀行のキャッシュカードを使って、ATMからお金を引き出したり預けたりすると、利用するATMや時間帯によっては手数料がとられます。

そこで「SMBCポイントパック」に契約し、ATM手数料が無料になる特典を受けるようにしましょう。

また、特典が受けられない方でも、ネット銀行やスマホアプリを駆使すれば、ATM手数料を無料にできます。

そこで、今回は「三井住友銀行のキャッシュカード」で現金を引き出したり、預け入れたりするときのATM手数料を0円にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

三井住友銀行のATM手数料は?

まず、三井住友銀行ATMとコンビニATMの手数料がいくらかかるのか、おさらいしておきましょう。

三井住友銀行ATMの手数料

三井住友銀行ATMを利用するときは、平日日中を除くと、出金手数料が110円かかります。なお、入金手数料は、土日祝日もふくめて無料です。

平日

時間帯出金手数料入金手数料
平日 00:00~08:45110円0円
平日 08:45~18:000円0円
平日 18:00~24:00110円0円

土日祝日

時間帯出金手数料入金手数料
土日祝 00:00~24:00110円0円

コンビニATMの手数料

コンビニATM利用時には、110円~220円の手数料がかかります。入金時も手数料が必要です。

平日

時間帯出金手数料入金手数料
平日 00:00~08:45220円220円
平日 08:45~18:00110円110円
平日 18:00~24:00220円220円

土日祝日

時間帯出金手数料入金手数料
土日祝日 00:00~24:00220円220円
スポンサーリンク

SMBCポイントパックでATM時間外手数料やコンビニATM手数料が無料

三井住友銀行の「SMBCポイントパック」に契約し、一定の条件を満たすと、時間外手数料やコンビニATM手数料が一部無料になります。

SMBCポイントパックに切り替えていない人(総合口座)は、先に切り替えをしましょう。インターネットバンキングですぐ手続きできます(無料)。

SMBCポイントパックへの切替:三井住友銀行

ATM手数料の無料特典を受けるための条件

特典を受けるための条件には5つあって、どれか1つでもクリアできればOKです。

  • 給与の受け取り
  • 口座残高が30万円以上
  • Web通帳への切り替え
  • 三井住友カードのクレジットカード料金引き落とし
  • SMBCデビットの契約

この中で、「Web通帳への切り替え」は紙の通帳を使わないだけなので、簡単ですよね。

Web通帳へ切り替えるには、以下ページから手続きをしてください。

Web通帳 : 三井住友銀行

紙の通帳を引き続き使いたい人は、定期預金で30万円預けておいて、口座残高30万円をキープするようにしましょう。

ATM手数料の無料特典の内容

SMBCポイントパックで条件を満たすと、次のATM手数料が無料になります。

ATM無料の範囲
三井住友銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM
ATM時間外手数料が何回でも無料
コンビニATMATM利用手数料とATM時間外手数料が月3回まで無料

振込手数料は無料にはなりませんが、現金の入出金は無料になります。

スポンサーリンク

方法① 三井住友銀行のATMを平日朝8時45分~夜6時に使う

三井住友銀行のATMでキャッシュカードを使うとき、平日朝8時45分から夜6時まで手数料はかかりません。この時間にATMを利用しましょう。

なお、入金は土日祝日を含め、24時間無料です。

ポイントパック特典がある人は、終日、入出金が無料になります。

三井住友銀行ATM利用手数料(平日)

時間帯出金手数料入金手数料
平日 00:00~08:45110円0円
平日 08:45~18:000円0円
平日 18:00~24:00110円0円
スポンサーリンク

方法② 三菱UFJ銀行のATMを平日朝8時45分~夜6時に使う

三菱UFJ銀行の店舗外ATMでも、三井住友銀行のキャッシュカードが使えます。

平日朝8時45分から夜6時まで手数料はかかりません。

三菱UFJ銀行の店舗内にあるATMは対象外です。

ポイントパック特典がある人は、終日、入出金が無料になります。

スポンサーリンク

方法③ pring経由でセブン銀行ATMを使い入出金する

SMBCポイントパックの特典がある人は、月3回までコンビニATM手数料が無料ですが、送金アプリ「pring」を使うとセブン銀行のATM手数料を無料にできます。

SMBCポイントパックの特典がない人や、総合口座のときにおススメです。

pringには、前もって「三井住友銀行の口座」を登録しておいてください。

セブン銀行ATMを使ったpring経由での出金

送金アプリ「pring」を使い、三井住友銀行の口座からチャージします。

pringにチャージしたお金を「セブン銀行へ出金」手続きをアプリで行います。

その後、セブン銀行ATMで「カードを使わない番号入力での取引」を選択し、画面に従って情報を入力すれば、現金が手に入ります。

pringからセブン銀行への出金は、1日1回まで無料です。

セブン銀行ATMを使ったpring経由での入金

セブン銀行ATMで、送金アプリ「pring」を開いて「セブン銀行でチャージする」を選び、現金を入金します。

pringにチャージしたお金を、三井住友銀行の口座へ出金する手続きをアプリで行います。

入金手数料はかかりません。

方法④ pring経由でゆうちょ銀行ATMを使い入出金する

自分名義の「ゆうちょ銀行の口座」があれば、ゆうちょ銀行ATMを使った入出金も手数料無料でできます。

pringには、あらかじめ「三井住友銀行」と「ゆうちょ銀行」の口座を登録しておいてください。

出金方法:pringにチャージし、ゆうちょ銀行に送金した後、ゆうちょ銀行ATMから出金する

少々複雑ですが、以下の手順なら出金に手数料がかかりません。「三井住友銀行のキャッシュカード」は不要です。

  1. 送金アプリpringを使い、三井住友銀行からpringにチャージします。
  2. pringを使って、ゆうちょ銀行の口座に送金手続きをします。
  3. ゆうちょ銀行ATMで「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使って、現金を引き出します。

⇒送金アプリ pring の使い方

入金方法:ゆうちょ銀行ATMでゆうちょ口座に入金し、pringにチャージした後、三井住友に入金する

こちらも少々複雑ですが、以下の手順なら現金入金に手数料がかかりません。「三井住友銀行のキャッシュカード」は不要です。

  1. ゆうちょ銀行ATMで、「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を預け入れします。
  2. pringを使い、ゆうちょ銀行からチャージします。
  3. pringを使い、三井住友銀行へ送金します。

⇒送金アプリ pring の使い方

まとめ

三井住友銀行は、SMBCポイントパックの特典を最大限に利用するのがATM手数料を無料にするコツです。

また、ここで紹介した送金アプリpringやSBJ銀行を使うと、特典でカバーできない部分を手数料無料にできます。

ぜひやってみてください。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました