買い間違えた「インクジェット紙」年賀はがきを「インクジェット写真用」年賀はがきに交換する方法

節約
節約
スポンサーリンク

年賀状を書く枚数は減ったけど、相変わらず我が家では年賀状を出しています。

ですが、これまで何度か「インクジェット紙」年賀はがきを間違って買ってしまったことがありました。

「インクジェット紙」年賀はがきを「インクジェット写真用」年賀はがきに交換する方法を紹介します。

スポンサーリンク

「インクジェット紙」年賀はがきと「インクジェット写真用」年賀はがきの違い

「インクジェット紙」年賀はがきとは?

インクジェット紙の年賀はがきは、表面に光沢がなく、文字やイラスト中心の年賀状印刷に向いています。

写真には向いておらず、デジカメで撮った写真を印刷すると、昔のプリンタで印刷したような安っぽい仕上がりになります。

1枚63円です。

右下に「インクジェット用」の表記があります。

インクジェット紙年賀はがき

「インクジェット写真用」年賀はがきとは?

インクジェット写真用の年賀はがきは光沢紙で、写真中心の年賀状印刷にピッタリです。

はがきの表面はツルツルしています。

1枚73円で、インクジェット紙はがきより10円高いです。

右下に「インクジェット写真用」の表記があります。

「インクジェット写真用」はがきは、コンビニでは見かけることが少なく、郵便局で購入できます。

インクジェット写真用年賀はがき
スポンサーリンク

「インクジェット紙」から「インクジェット写真用」への交換方法

郵便局窓口で交換する

「インクジェット紙」年賀はがきは、郵便局で「インクジェット写真用」年賀はがきへ交換できます。

購入時のレシートは不要です。

また、郵便局で買った年賀はがきでも、コンビニで買った年賀ハガキでも、交換OKです。

交換したい年賀ハガキをもって、郵便窓口までいってください。

ただし、はがきの値段が異なるので、1枚当たり10円の差額を支払う必要があります。

郵便局窓口以外はダメ

ハガキ交換ができるのは、郵便局の郵便窓口だけです。

郵便窓口の営業時間は郵便局により異なりますが、平日9:00~17:00くらいです。

平日に郵便局に行けない人は、土曜日や日曜日も郵便窓口をオープンしている大きな郵便局に行ってみてください。

郵便局 検索

なお、土日や深夜にオープンしているゆうゆう窓口では交換できません。

また、年末になると一部の郵便局の前では年賀ハガキを売っていたりしますが、そこでも交換できません。

コンビニや量販店でも交換できません。

スポンサーリンク

年賀はがきをネットで購入する

郵便局に行って交換する時間がない人は、ネットで購入しましょう。

郵便局の通販サイトでインクジェット写真用年賀はがきを購入する

郵便局のネットショップで、インクジェット写真用年賀はがきを購入できます。

ただし、送料はかかってしまうので割高です。

年賀はがきの通販|郵便局のネットショップ

楽天でインクジェット紙年賀はがきを購入する

楽天でも年賀はがきを購入できます。

ただ、インクジェット写真用ではなく、インクジェット紙のみ、購入できます。

楽天ポイントも使えますし、送料も郵便局のネットショップより安いです。

スポンサーリンク

間違えやすいのを何とかしてほしい

そもそも「インクジェット紙」「インクジェット写真用」と名前が紛らわしい。

しかも、郵便局で「インクジェット用の年賀ハガキ」というと問答無用で「インクジェット紙年賀はがき」を渡されます。

郵便局員はもうちょっと気を利かせてほしいなあ。

プリンタのインクが少ないなら、単品サイズでしのぎましょう。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました