買い間違えた「インクジェット紙」年賀はがきを「インクジェット写真用」年賀はがきに交換する方法

節約
節約
スポンサーリンク

年賀状を書く枚数は減ったけど、相変わらず我が家では年賀状を出しています。

ですが、これまで何度か「インクジェット紙」年賀はがきを間違って買ってしまったことがありました。

「インクジェット紙」年賀はがきを「インクジェット写真用」年賀はがきに交換する方法を紹介します。

スポンサーリンク

「インクジェット紙」年賀はがきと「インクジェット写真用」年賀はがきの違いって?

インクジェット紙年賀ハガキ

まずこちらがインクジェット紙のハガキ。1枚52円です。

光沢がなく、文字やイラスト中心の年賀状印刷に向いています。

デジカメで撮った写真を印刷すると、昔のプリンタで印刷したような安っぽい仕上がりになります。

インクジェット紙年賀はがき

インクジェット写真用年賀ハガキ

一方、インクジェット写真用のハガキがこちら。1枚62円で、インクジェット紙ハガキより10円高い。

光沢があり、表面がツルツルしていて、デジカメで撮った写真を印刷すると実にキレイです。

右下に「インクジェット写真用」の表記があります。

インクジェット写真用年賀はがき

 

 

スポンサーリンク

交換方法

さて本題です。

「インクジェット紙」年賀はがきは、郵便局で「インクジェット写真用」年賀ハガキへ交換できます

購入時のレシートがなくてもOK。

どこで買った年賀ハガキでもOK。

年賀ハガキをもって郵便窓口までいってください。

ただし、ハガキの値段が異なるので、1枚当たり10円の差額を支払う必要があります。

郵便窓口以外はダメ

ハガキ交換ができるのは、郵便局の郵便窓口だけです。

郵便窓口の営業時間は郵便局により異なりますが、平日9:00~17:00くらいです。

平日に郵便局に行けない人は、土曜日や日曜日も郵便窓口をオープンしている大きな郵便局に行ってみてください。

郵便局 検索

なお、土日や深夜にオープンしているゆうゆう窓口では交換できません。

 

また、年末になると一部の郵便局の前では年賀ハガキを売っていたりしますが、そこでは交換できません。

コンビニや量販店でも交換できません。

スポンサーリンク

間違えやすいのを何とかしてほしい

そもそも「インクジェット紙」「インクジェット写真用」と名前が紛らわしい。

しかも、郵便局で「インクジェット用の年賀ハガキ」というと問答無用で「インクジェット紙年賀はがき」を渡されるし。

郵便局員はもうちょっと気を利かせてほしいなあ。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました