割引テクニック

解約手数料を払っても安い!Yモバイルから楽天モバイルへキャリア変更した

2018/11/05

Y!モバイルを契約して1年4か月余り。

契約期間24か月の解約月を待たずに、キャリア変更しました。

 

理由はY!モバイルの2年目の月額料金が高く、3年目以降も安くならないこと。

当時はSIMフリー端末も高く、格安SIMのサービス内容もよくなかったので、その料金でも納得はしていたのです。

ですがよく調べてみると、解約料金を払ってでも格安SIMのサービスに移行した方が安いことが判明!

急遽キャリア変更することになりました。


そもそもY!モバイルを契約した理由

楽天モバイルY!モバイルの前はdocomoを使っていて、毎月のスマホ料金は6,000円くらい(端末代の支払いナシ)。

当時としては平均的な携帯料金だったと思います。

 

ですが、2年ほど前から格安な回線業者が増加。

携帯料金が安くなるかも、と調べてみると、当時使っていたdocomo端末はSIMフリー非対応だったので、端末を買い直さないといけない。

ハイスペック端末は高く、無理してキャリア変更する必要もないなと思ってました。

 

でも、Y!モバイルにキャリア変更すると、毎月の携帯料金は端末代を入れても5,800円で、docomoよりも少し安くなることが判明!

最新機種に変更できて、料金も変わらないんだったらいいか、ってことで、Y!モバイルに乗り換えました。

端末代の支払いを終える2年後の月額料金が2,980円というのも、当時としては魅力。

だって月額料金が半額になるんだから。

Y!モバイルのどこに不満を持ったか?

Y!モバイルを1年少々使ってきましたが、サービス内容には特に不満もありません。

通信速度が遅いと思ったこともないです。

購入した端末Nexus 5Xのスペックもよく、Google端末だから最新バージョンへのアップデートも早い。

5分以内の通話は無料だから、通話料金はほとんどかからないし。

 

でも不満は月額基本料金!

Yモバイル利用明細

2年前、Y!モバイルの月額料金は安いなと思っていました。

でも今や格安SIMの料金は、どの業者も月額1,000円台

例えば楽天モバイルfreetelで上限3GBの通話SIMプランは月額1,600円です!

Y!モバイルの基本料金2,980円はさすがにあり得ない!


いますぐ楽天モバイルにキャリア変更した方が得する!?

当初、楽天モバイルへのキャリア変更は、Y!モバイルの契約更新月(2017年12月)に行う予定でした。

だって解約手数料がもったいないから。

でも解約シミュレーションをしてみたところ、何と解約手数料を払ってでも、今すぐ楽天モバイルに変更した方が得だという意外な結果が!

解約シミュレーション

※楽天モバイルは通話SIMで通信量3GBプランを利用。

契約更新月(12月)に解約する場合は、年末までに支払う金額の総額が35,831円(端末代や通話料は除く)。

一方、今月に解約する場合は、年末までに支払う金額の総額が34,743円と契約更新月での解約に比べて1,000円くらい安い。

自分の場合、4月の時点で契約期間が1年4か月でしたが、もし契約期間が1年のときに解約した場合は、節約額は何と6,000円にもなります。

Y!モバイルから楽天モバイルにキャリア変更するなら、2年目のできるだけ早い時期がいい、ということですね。

 

ちなみに、Y!モバイルを解約せずに使い続ける場合、MNP手数料などが発生しないために今年の総支払い額は安くなりますが、来年の総支払額はキャリア変更した場合に比べて1万円以上高くなります。

Y!モバイルを使い続ける理由がなくなった瞬間です。

楽天モバイルがいいなと思った理由

妻が速度制限の不満を言わなくなった

実は妻が楽天モバイルを長年使っているので、「楽天モバイルにキャリア変更しようと思うんだけどどう思う?」って聞いてみました。

すると「いいんじゃない?」と驚きの回答が!

以前は「通信速度制限が厳しすぎる!」と文句ばかり言っていたのですが、最近は速度制限のルールが改変され、速度制限に引っかかることがないとのことでした。

3日間の通信量が規定値を超えると低速通信になるというのが以前のルールだったようですが、現在は1か月間の通信量がプランの上限を超えると低速通信になるとのことです。

自分の1か月のデータ通信料は1GB~2GBくらいだから、3GBプランなら通信制限の心配はなさそう。

楽天ポイントの期間限定ポイントが消費できる

楽天モバイルポイント支払い

楽天モバイルでは月額料金の支払い時に楽天ポイントを使うことができるのですが、これが思った以上に使えそう。

例えば、楽天でキャンペーンに応募したりすると、有効期限が決まっている期間限定ポイントが付与されることがあります。

でも、その期間内に購入する予定のものがなかったりすると、ポイントが使われることなく消失してしまう。

でも、楽天モバイルなら毎月料金の支払いがあるので、期間限定ポイントも使うことができるんです。

楽天でんわアプリで通話料金も安い

通話料金は、国内電話も国際電話も30秒10円

そもそも電話はほとんどしないですが、通話料金が安いのはうれしい。

ちなみに楽天でんわは、楽天モバイルを使っていない人でも利用できます。

楽天でんわ

最低利用期間が1年

楽天モバイルだと最低利用期間が1年です。

今はサービス競争が激しいので、楽天モバイルよりもサービスがいいキャリアがそのうち出てくるかもしれない。

そんなときにも安心ですね。

ショップへ出向く必要なし!自宅で完結

ネットで申し込むとSIMカードが発送されてきます。

回線切り替えの電話をした後、楽天モバイルのSIMカードをスマホに差し込んだら切り替え完了!

電話が使えなかった期間は、たった数十分でした。

まとめ

楽天モバイルは月額料金がお得というだけではなく、速度制限ルールの改善や楽天メールなど、さまざまな改善を行っているようですね。

月額料金を安くしたいという人は候補の一つとして検討してみてください。

楽天モバイル

Google広告:本文直後




広告:楽天モーションウィジェット



-割引テクニック
-,

人気記事

1
三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを無料化する方法

家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。 実際、私も賃貸物件に住んでいた時には三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを利用していました。   ですが、定額自動送金サービスはタダではありません。 例えば、振込金額が3万円以上の場合、振込先が同一支店なら年間1,296円、UFJ銀行の他の支店なら年間4,536円。 さらに振込先がUFJ銀行以外の場合は何と年間8,424円もの手数料がかかります。 しかも、インターネットバンキングに対応しておらず、三菱UFJ銀行の店舗に行かないと契約も解約も延長もできないという不便さ。   そこで今回は定額自動送金にかかる手数料を完全に無料にする方法を紹介します。 もちろん、店舗へ行く必要はなく、ネットだけで手続き完了できますよ! ...

2
三菱UFJ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

複数の銀行口座を持っていると、資金を移動するだけでも振込手数料がかかってしまいますよね。 例えば、給料受取口座から住宅ローン引落口座への振込とか、幼稚園や塾の月謝引落口座への振込とか・・・。 自分の持っている銀行口座のお金を移動するだけなのに、振込手数料なんて払いたくない!   そこで、三菱UFJ銀行で給与を受け取っている人を対象として、他の銀行への資金移動を無料で行う方法をまとめました。 しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。 2018.01.01 楽天銀行への資金移動方法を追記しました。 2018.01.16 三菱UFJ銀行から複数口座への資金移動を行う場合を追記しました。 ...

3
7年前のHP PavilionをSSD化してWindows起動速度が5倍になった件

当サイトの運営や投資に使用しているPCは、7年前のノートPCです。 ご想像の通り、メチャクチャ遅い…。 電源を入れてからOSが起動するまで何と4分! Windowsが起動してからも、操作をする度に一瞬停止してしまいます。   買い換えればいいんだろうけど、妻にプレゼントしてもらったことと、生まれて初めて手にしたノートPCということもあって、大切に使ってきたので手放しにくい。 ということで、ノートPCのHDDをSSDに交換して高速化を目指してみました。 目次1 SSDは1万円以下!2 HDDのパーティションサイズを縮小する2.1 ...

4
やっぱり格安!5回以上利用して分かったニコニコレンタカーの6つのメリットとデメリットまとめ

我が家は都内にありますが、車を持っていません。 なので旅行に行ったり、電車では不便な場所へ行くときには、いつもレンタカーを使います。 これまではニッポンレンタカーを使うことが多かったのですが、最近はニコニコレンタカーを使う機会がめっきり多くなりました。 なぜかって、安くてサービスがいいから! この1年で5回くらい借りて分かった、ニコニコレンタカーのメリットやデメリットをまとめてみたいと思います。 目次1 ニコニコレンタカーのメリット1.1 安さは日本一かも!?1.2 保険・補償も十分!1.3 ETC標準装備・チャイルドシート対応1.4 ...

5
【慈恵医大病院】副鼻腔手術を受ける人必見!出費を抑える4つの方法

慈恵医大病院は、年間で1000人以上が副鼻腔手術を受ける日本有数の大学病院です。 海外からも手術を受けに来る人がいるほどです。 さて、手術を受けるからにはそれなりの費用が掛かりますが、慢性副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症の手術を受ける場合に、入院費用やその他の費用を抑えるためのテクニックをまとめました。 慈恵医大病院で手術を受ける予定の人は是非参考にしてください。 目次1 月末・休み明けの手術は避ける2 6人部屋を第1希望、4人部屋を第2希望にする3 入院着セットレンタルは不要4 入院後に使う備品をネットで買っておく4.1 鼻洗浄器4.2 ...