【NUROモバイル】データSIMってどう?メリットや注意点を解説

格安SIM
格安SIM

NUROモバイルのデータ専用SIMを考えてるんだけど、デメリットとか注意点ってないのかなぁ?

こんな疑問を解決します。

NUROモバイルには、「データ通信専用」SIMプランがあります。

格安SIMの中でもトップレベルの安さなので、注目している人も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではNUROモバイルユーザーの私がデータSIMの料金や各種手数料、メリット、契約前の注意点まで詳しく解説します。

最後まで読んで、メリット・デメリットをしっかり理解してくださいね。

NUROモバイルでは、バリュープラスへ乗換で事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンを実施中。終了日未定なのでお早めに!

データSIMの月額料金

NUROモバイルの「データ通信専用」 SIMの月額料金は以下の通りです。

プランデータ通信上限月額料金(税込)
VSプラン3GB627円
VMプラン5GB825円
VLプラン10GB1,320円
NUROモバイル データ専用SIMの月額料金

3GBプランで1ヶ月700円を切るとはすごい安いですよね。

契約した月は月額料金は無料です。月初に申し込んだ方がお得ですね。

データ専用SIMの手数料

初期費用

NUROモバイルの初期費用は、登録事務手数料3,300円SIMカード準備料440円です。

また、NUROモバイルは解約手数料ナシ

2年縛りとかもナシなので、プラン変更も自由です。

たとえば一か月3GBで足りなくなってきたら、翌月から5GBプランに変更できます。

データ専用SIMのメリット

NUROモバイル「データ専用SIM」には次のようなメリットがあります。

NUROモバイルのメリット
  • 余ったギガを翌月に繰り越しOK
  • 3ヶ月ごとにギガボーナスあり
  • 4K動画も見れる通信速度
  • 5Gにも対応

余ったギガは翌月に繰り越しできる

NUROモバイルではギガの繰り越しができます。

たとえば、3GBプラン(VSプラン)で1ヶ月2GBしか使わなかったら、あまった1GBは翌月に使えます。

3ヶ月ごとにギガボーナスがもらえる

NUROモバイルにはギガプラスというサービスがあり、3ヶ月連続で同じプランを契約しているとギガがもらえます

もらえるギガは、VMプランなら3GB、VLプランなら6GB、NEOプランなら15GBです。

しかも、ギガボーナスは翌々月まで繰り越して使えるので、もらったギガをその月に使うもよし、3ヶ月に分けて使うもよし。

ギガボーナスの自由度が高いです。

VSプラン(3GB)はギガボーナスの対象外です。

4K動画もOK。最大35Mbpsの通信速度

「NUROモバイルは遅い」という意見もあるようですが、実際にはどうなのか測ってみました。

測定したのは東京都内4ヶ所で、NUROモバイルのdocomo 4G回線を使いました。

まず、下り(ダウンロード)の結果です。

35Mbpsという速度のイメージがつかないと思いますが、YouTubeで4K動画を見るのに必要な通信速度が20Mbps

ということは、場所にはよりますが、なんとか4K動画が見れる通信速度、と言えます。

上り(アップロード)の測定結果は以下でした。

アップロードが3.9Mbpsと極端に低くなったのは、練馬区内の自宅から接続したときでした。

駅から離れたエリアでは遅いようです。

5Gにも対応

NUROモバイルのデータ専用SIMは、5Gに対応しています(au回線のみ)。

auの5G回線は下り500Mbps以上という高速通信ができるので、動画をより安定した状態で見たい人にはau回線をおススメします。

データ専用SIMの注意点

ここまで読んでNUROモバイル「データ専用SIM」に興味を持った人も、注意してほしいポイントがあります。

以下の4つは必ず押さえておきましょう。

NUROモバイル契約前の注意点
  • 回線キャリアは後から変更できない
  • 低速な速度制限あり
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • お試しプランも契約手数料が必要

回線キャリアの変更不可

NUROモバイルは、契約後に回線キャリアを変更できません

契約時にはどのキャリアを使うのか、よく考えてから契約しましょう。

NUROモバイルのデータSIMでは、次のようにdocomo回線とau回線が使えます。

キャリア4G5G
docomo回線×
au回線
ソフトバンク回線××

注意が必要なのが、ソフトバンク回線が使えないことと、docomo回線は5Gが使えないこと。

今は5G端末を持っていなくても、将来的なことを考えるとau回線にした方がいいかもしれませんね。

また、利用する端末(スマホ)とSIMのキャリアが別になる時は、スマホのSIMロックを解除しておきましょう。以下の動作確認済み端末も参考にしてください。

動作確認済み端末 | よくある質問 | NUROモバイル

地方や山間部で電波が心配な人は、以下でdocomo・auのサービスエリアを確認しておきましょう。

音声通話SIMなら、docomoとauだけじゃなく、ソフトバンク回線も使えます。ただし、ソフトバンク回線も5Gには対応していません。

速度制限あり

データ通信に使えるギガがなくなったら、通信速度が最大200kbpsと遅くなります。

どの業者も速度制限があるけど、200kbpsはマシな方です(Y!モバイルは128kbpsと制限が厳しめ)。

速度制限は月末までで、翌月になると通常の速度に戻ります。

とはいえ、速度制限がかかるとあまりにも遅くてスマホが使い物になりません。

ギガのチャージもできるけど、料金は1GB 550円と高額。

いざというときにためにタウンWiFiを入れておくと安心です。

デビットカードや口座振替では払えない

NUROモバイルの支払い方法は、クレジットカードのみです。

クレジットカードを持っていない人は、楽天カードなど年会費無料のカードを発行しましょう。

ちなみに、カードの審査が通らない人は、残念ながらNUROモバイルは使えません。

口座振替が使える楽天モバイル LINEMOを検討してみてください。

お試しプランも初期費用がかかる

NUROモバイルには「お試しプラン」という最安プランがあります。

「お試しプラン」はデータ専用SIMで月330円と本当に安いんだけど、データ容量がわずか0.2GB

0.2GBって1日にすると6MBくらいで、Webサイトなら1日数ページしか見れない。毎日1MBくらい勝手に通信するアプリもあるから、実際に使える量はもっと少なくなる。

ギガ繰り越しやギガボーナスといったNUROモバイルの特典もお試しプランは対象外です。

しかも、お試しプランと言いながらも、登録事務手数料3,300円とSIMカード準備料440円が必要になるので、気軽に試せるわけでもない。

1ヶ月0.2GBで十分という人は、楽天モバイル の方をおススメします(1GBなら月額料金が無料)。

NUROモバイルより安いデータSIMはある?

NUROモバイルは格安SIMの中でも十分安い部類に入るけど、それより安いSIMもあります。

HISモバイル

データ通信が月1GB以内の人は、HISモバイルという選択肢もあります。

1GB 440円と安価です。

格安SIMデータ通信量月額料金(税込)
HISモバイル1GB440円
NUROモバイル3GB627円

なお、音声通話付きで0.1GB以内なら290円という破格のプランもあります。

LinksMate

LinksMateはマイナーな格安SIMだけど、月2GB・3GB・4GBプランが他の格安SIMより安いです。

格安SIMデータ通信量月額料金(税込)
LinksMate2GB418円
3GB550円
4GB726円
NUROモバイル3GB627円
5GB825円

LinksMateは、銀行決済やコンビニ決済ができるので、クレジットカードがない人でも契約できます。

まとめ

NUROモバイルのデータ専用SIMはコスパが良く、ギガボーナスも太っ腹。通信速度も4K対応でほとんどの人に十分な品質でしょう。

解約手数料もかからないので、他の格安SIMへ乗り換えるときも安心ですね。

NUROモバイル
タイトルとURLをコピーしました