【ConoHa VPS】Rustマルチプレイサーバーの立て方【限定クーポンあり】

ゲーム
ゲーム

ConoHa VPSでRust非公式サーバーって簡単に立てられるの?

こんな悩みを解決します。

ConoHa VPSはRustに対応しているレンタルサーバーです。

サーバーのスペックやサーバー種別を選ぶだけで、誰でも5分あればサーバーが作れますよ。

 

この記事では、ConoHa VPSでRust非公式サーバーを立てる手順を画面キャプチャ付きで分かりやすく解説します。

マルチプレイサーバーを作って、友だちと楽しくRustをプレイしよう!

ConoHa VPSでは「700円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。
最大1週間無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

ConoHa VPSはRustに対応

ConoHa VPSマルチプレイサーバー

ConoHa VPSは、「仮想サーバー」という自分専用のサーバーを格安で利用できるサービスです。

Rustにも対応しているので、簡単にマルチプレイサーバーを立てられます。

また、ConoHa VPSは東証プライム上場のGMOインターネット株式会社が運営しているので、安心感がありますね。

Rustサーバーを立てる流れは、このあと詳しく説明します。

ConoHa VPSでのRustサーバーの立て方

ConoHa VPSでRustサーバーを立てる手順は、以下の3ステップです。

  1. アカウントを登録する
  2. 作りたいサーバーを選択する
  3. ログイン情報を確認する

では早速、始めましょう!

ステップ① アカウントを登録する

まずは、ConoHa VPSの以下キャンペーンページにアクセスします。

ConoHa VPS 700円クーポン プレゼントキャンペーン

「今すぐお申し込み」ボタンをクリックして、アカウント情報登録ページを開きましょう。

ここでは、名前や住所などの基本情報を入力します。

アカウント情報を入力

入力が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。

次は、電話番号認証とクレジットカードを入力します。

クーポンを使っている期間は課金されないので、安心して登録してくださいね。

電話/SNS認証と支払い方法を入力

これでクーポンGETです!

ステップ② 作りたいサーバーを選択する

次に、作りたいサーバーを選びます。

サービスは「VPS」、VPS割引きっぷは「利用しない」、プランは「8GB」を選択してください。

この方法なら、1時間単位でクーポンを消費していくので、クーポンが最大限、使えます。

画面下の「イメージタイプ」は[アプリケーション]タブにある「Rust」を選びます。

最後のrootパスワードは、Rustサーバーにコンソール接続するときに使う重要なパスワードです。記号を含むパスワードを入力して、忘れないようにメモを取っておきましょう。

「次へ」ボタンを押すと確認画面が表示され、「決定」ボタンを押せば手続き完了です。

以上で、Rustサーバーが出来上がりました。

ステップ③ ログイン情報を確認する

さて、Rustサーバーができたので、サーバーへの接続情報を確認しましょう。

慣れていない人には少し難しいかもしれませんが、1回やれば済みますので以下の手順に沿って進めてみてください。

サーバー接続情報の確認
  1. サーバーリストから、vps-xxxx-xx-xxのようなネームタグをクリックします。
  2. [コンソール]ボタンをクリックします。
  3. 黒いウィンドウ(コンソール)が表示されます。root を入力して Enterキーを押した後、rootパスワード(サーバー選択時に入力したもの)を入力して Enter キーを押します。
  4. サーバーのIPアドレス、ポート番号、Rustサーバー名、RCONパスワードが表示されます。これをメモしましょう。

お疲れさまでした!

これで準備完了です。

Rustからサーバーに接続する

では早速、Rustから自分で建てたサーバーに接続しましょう。

Rustサーバーへの接続方法
  1. Rustを起動し、PLAY GAMEをクリックします。
  2. 「Community」をクリックして「Show Empty」にチェックし、入力ボックスにRustサーバー名(RustServer_*****)を入力します。ConoHa VPSで建てたサーバーが表示されるので、クリックします。
  3. 「JOIN SERVER」ボタンをクリックします。
  4. データの読み込みが始まります。
  5. マルチプレイのスタートです!

RCONでサーバーを管理する

Rustのパラメータ調整やユーザー管理(BANなど)は、RustAdminというツールを使うと便利です。

RustAdminのインストール手順
  1. RustAdminのサイトからRustAdmin Free Desktop Applicationをダウンロードします。
  2. zipファイルを任意のディレクトリに展開します。
  3. RustAdmin.exeをダブルクリックして起動します。
  4. Configurationタブを開きます。
  5. RCON typeはWebRconを選択します。ServerのIPは「ConoHa VPSのサーバーのIPアドレス」、Server portは28015、Rcon portは28016、Passwordは「RConのパスワード」を入力します。
  6. Steam API KeyはSteamのWeb APIキーページで発行し、入力します。
  7. [Save]ボタンで接続設定を保存します。

ここまで準備ができたら、[Server]-[Connect]メニューを選びます。

画面下部に「Connected」と表示され、サーバー名やプレイヤー数が表示されたらセットアップ完了。

試しにRustAdminからチャットメッセージを送ってみましょう。

まとめ:ConoHa VPSなら専門知識なしですぐ立てられる

以上のように、ConoHa VPSでRustサーバーを立てるのは10分くらいしかかかりません。

ポート開放も不要で、RCONもすぐ使えます。

しかも、学割あり。

サバイバル系ゲームは、友人がいた方が絶対に楽しいし、ゲームも進む。

まずはConoHa VPSでサーバーを作って、友だちを誘ってみよう!

ConoHa VPSでは「700円分のクーポン」がもらえるお得なキャンペーン中です。
最大1週間無料!

ConoHa VPSのマルチプレイサーバーを試す

タイトルとURLをコピーしました