ビットコインウォレットの作り方を解説!ビットコイン受取が可能に

仮想通貨
仮想通貨

ビットコインがもらえるアプリからビットコインを受け取るには、まずビットコインウォレットと呼ばれる仮想通貨用の口座を作る必要があります。

ビットコインウォレットがあれば、受け取ったビットコインを日本円に交換して現金化ができます。

この記事では、ビットコインウォレットの作り方を初めての人にも分かりやすく解説します。

ポイ活アプリやゲームなどで獲得したビットコインを現金化するのにお役立てください。

ビットコインウォレットとは?

ビットコインウォレットは、銀行口座のようにビットコインを保管できる場所(財布)のことです。

ビットコインウォレットがあると、誰かからビットコインを受け取ったり、誰かにビットコインを送ることができます。

仮想通貨取引サービスの多くは、アカウントを作れば、ビットコインウォレットを利用できます。暗号資産交換業者として登録されている業者であれば、安心です。

ただし、一部の仮想通貨取引サービスはビットコインウォレットに対応していません。

ビットコインウォレットアドレスとは?

ビットコインウォレットアドレスは、銀行の口座番号のようなものです。

ビットコインウォレットがあると、ビットコインを送金したり入金したりできると説明しましたが、そのときに宛先や受取先としてビットコインウォレットアドレスを使います。

例えば、ビットコインがもらえるアプリからビットコインを受け取るには、ビットコインウォレットのアドレス宛にビットコインを送金すればokです。

また、友達にビットコインを送るには、友達のビットコインウォレットアドレスを聞いて、そのアドレス宛に送金することになります。

ビットコインウォレットアドレスは 1DHH6ahuCAQNMk7DCDKW4HG9jx1FUSd6Wr のような30文字くらいの英数字です。とても長いので、間違えないよう注意しましょう。

ビットコインウォレットアドレスは1から始まるものと、3から始まるものの2種類があります。3から始まるアドレスは、マルチシグネチャー方式を採用しているセキュリティの高いアドレスです。

ビットコイン現金化にベストなビットコインウォレット

ビットコインを受け取って日本円にするには、どの仮想通貨取引サービスのビットコインウォレットを使うのがお得でしょうか?

ビットコイン現金化という目的なら、Coincheck(コインチェック)のビットコインウォレットを使うのがいいです。

なぜなら、コインチェックの日本円出金手数料は407円と業界でもかなり安いから。

例えば、三菱UFJ銀行や楽天銀行に出金する場合、bitFlyerやbitbankだと550円~770円の手数料が必要です。Coincheckは407円で済みます。

また、CoincheckはNFTマーケットプレイスを運営しているので、話題のNFT取引もできます。

これから口座を開くなら、NFTにも対応した仮想通貨取引所がおススメです。

Coincheckでのビットコインウォレットの作り方

まず、コインチェックのサイトで口座を作ります。

口座が開設できたら、サイトにログインして、[メニュー]を開きます。

[暗号資産の受け取り]を選びます。

暗号資産「ビットコイン」をクリックし、[アドレスを作成]をクリックします。

これだけでビットコインウォレットの作成完了です。

作成されたビットコインウォレットアドレスは、次のように表示されています。

ビットコインウォレットへの入金方法

ビットコインウォレットでビットコインを受け取るには、ビットコインウォレットアドレス宛にビットコインを送ってもらいます。

つまり、先ほどの入庫先アドレス(1から始まる文字列)宛に送信すればよいことになります。

例えば、CrossLinkというビットコインがもらえるゲームから、Coincheckへビットコインを送るには、ビットコインウォレットアドレス欄に入庫先アドレスを入力します。

ビットコインの現金化

ビットコインを現金化するには、Coincheckに入金したビットコインを売ったあと、日本円を自分の銀行口座へ振り込みます。

ビットコインの売却は簡単です。

Coincheckのホーム画面にある「現物取引」パネルで、売却レート、注文量(売却量)を入力します。

「売り」を押して、[注文する]ボタンを押します。あとは売れるのを待つだけ。

気長に待ちましょう。

まとめ

以上のようにビットコインウォレットは、仮想通貨取引所の口座を開設するのが確実でかつ安全です。

また、日本円の送金手数料も安いサービスを選びましょう。

コインチェック
タイトルとURLをコピーしました