重い引き戸を修理するには?戸車掃除と交換のやり方を紹介

修理
修理

レール式の引き戸は、数年もすると徐々に動きが悪くなりますよね。

引き戸がものすごく重くなったり、ギーという嫌な音がしたり。

原因はいろいろあるけど、ごみが戸車に入ってしまったり、戸車やレールがゆがんだりといったケースが多いようです。

我が家も5年で引き戸が動かなくなってしまいました。

そこで、今回は動きの悪い引き戸を修理する方法を紹介します。

スポンサーリンク

引き戸の外し方

まずは引き戸を外して、どこが悪いのかを見てみます。

引き戸の外し方は簡単です。

引き戸を半分だけ開いた状態にして、両手で引き戸の両端をつかみます。

その後、引き戸を両手で少しだけ上に持ち上げると、引き戸が下のほうから手前に外れます。

扉の大きさや種類にもよりますが、木製の扉で10kg~20kgくらい、スチールの扉で20kg~30kgくらいの重さがあります。足腰の悪い方や、重いものが苦手な人は無理をしないようにしてください。

スポンサーリンク

引き戸の戸車を掃除する

引き戸を横倒しにして、戸車(車輪)を見てみます。

戸車を手で回しても動きが悪かったら、戸車に問題ありです。

戸車を調べると、中に糸くずがギッシリ詰まっていました。

そのせいで戸車がほとんど回らず、引き戸が重くなっていたようですね。

引き戸は、脱衣所の近くにあったので、糸くずや髪の毛がたまりやすかったのでしょう。

糸くずや髪の毛を手で取り除きにくいときは、ドライバーやピンセットが便利です。

スポンサーリンク

掃除しても戸車の動きが悪いときは?

我が家の戸車は、糸くずを掃除するだけで、しばらくは調子が良かったのですが、遂に掃除だけではよくならなくなってしまいました。

そうなると、戸車を交換するしかありません。

戸車の交換は、自分でもできるくらい簡単です。

以下の手順で、戸車交換にチャレンジしましょう。

スポンサーリンク

戸車を取り外し方

戸車を取り外すには、ドライバーでネジを緩め、戸車を引っ張り出します。

この戸車の場合、引き戸にガッシリと埋まっていたので、ドライバーで斜めに押しながら外しました。

これで戸車が外れました。

戸車の型番は、外側からは分からないことが多いですが、戸車を取り外すとだいたい型番が分かります。

この戸車は永大産業のTDB-S9Bでした。

スポンサーリンク

新しい戸車を購入する

戸車は、AmazonやYahoo!ショッピングなどで購入できます。

TDB-S9Bは廃番品だったので、後継品TDB-S10Bを購入しました。

後継品でも従来品と形状が違うときは、扉の加工が必要になります。後継品は、形状が同じかどうかを確認しておきましょう。

新しい戸車を取り付ける

購入した戸車を取り付けます。金づちで叩いて、しっかりはめ込みましょう。

引き戸を元通りに戻せば、修理完了です。

スムーズに開閉できるようになりましたか?

引き戸修理の相場は?

今回は、自分で引き戸を修理しましたが、業者に頼むとどれくらいかかるのでしょうか?

工務店に依頼すると、引き戸修理を相場は1万円~1万5000円くらいです。

それにプラスして部品代(数百円~2,000円くらい)もかかります。

業者に頼むと、これぐらいの値段は覚悟しておきましょう。

まとめ

浴室の近くにある引き戸には、戸車にゴミがつまりやすいので、定期的なメンテナンスをしたほうがいいですね。

戸車は廃番になることが多いので、予備を買っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました