巻き戻らなくなったメジャーの直し方は?ドライバー1本あればOK!

修理
修理 節約
スポンサーリンク

押しボタン式の巻き尺は、引っ張りすぎると元に戻らなくなるので、「注意」とか「STOP」とか注意書きがありますよね。

でも、子供が警戒ラインを越えて引っ張り続けてしまい、遂にメジャーが戻らない事態に!

 

ということで、この記事では、戻らなくなったメジャーをドライバー一本で直す方法を紹介します。

この記事の手順で分解・修理したことによる故障等については一切責任を負えません。ご了承ください。
スポンサーリンク

壊れたメジャー

KOMERONの5.5mのメジャーKMC-36です。

オートストップ機能が付いていて、なかなか使いやすいモデルです。

使いやすいからこそ、子供が遊んでしまったのかもしれませんが。

スポンサーリンク

まずは分解

では早速修理してみましょう。

ドライバーで、裏側にあるネジを3本、外します。

外した後はこんな感じです。

カバーをパカっと外します。

中に白いローラーみたいなのがありますが、テープが収納される場所です。

スポンサーリンク

ストッパーを外す

ここからはオートストップ機能が外れるので、ケガをする可能性があります。十分気を付けてください。

まず、メジャーが巻き戻らないように重しを乗せるか、誰かに持ってもらいます。

その後、ストッパーを外します。

ものすごい勢いで引っ張られるので、白い部分をしっかり持ってください。

テープを巻く

少しずつ、テープを巻いていきます。

白いローラーが黄色いケースから飛び出さないよう、しっかり持ってください。

0m付近まで巻いていきます。

ストッパーをはめる

大体巻き終えたところで、ストッパーを写真のようにはめ込みます。

この状態で、人差し指で黄色いボタンを少し押してみて、巻き戻るかを確認してみてください。

カバーを戻して完了

カバーをはめ直して、3か所のネジを締め直したら修理は終わりです。

最後に動作を確認してみましょう。

直りましたか?

もし直らなかったら?

どうしても直らなかったら、残念ながら買い直すしかないですね。

メジャーは、新品で買っても5mなら1,000円程度。

いくつかリンクを張っておきますね。

created by Rinker
コメロン(Komelon)
¥1,273 (2020/05/27 11:03:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました