カゴヤVPSのメリット・デメリットは?当ブログのパフォーマンスが8倍に!

サイト運営
サイト運営

当ブログのサーバーはカゴヤVPSで運営しています。

以前は、イライラするほど遅かったブログが、カゴヤVPSに移行してからパフォーマンスが8倍と爆速になりました!

今回は、カゴヤVPSを実際に2年間使って感じたメリット・デメリットと、パフォーマンス測定結果をまとめます。

カゴヤVPSとは?

カゴヤVPSは、14年のデータセンタ運用実績があるカゴヤ・ジャパンのクラウドサービスです。

広告をほとんど出していないので「カゴヤ・ジャパン」を知らないという人も多いかもしれません。

でも、国内(京都府)に耐震対策された自前のデータセンタがあって、データセンタの稼働率が99.999%をキープしている、実に安定したサービスをしてる会社なんです!

ちなみにVPS以外だと、ディープラーニング用途の専用サーバーや企業向けメールサーバーなどもやっているそう。

カゴヤVPSのメリット

カゴヤVPSの特徴はこんな感じ。

カゴヤVPSのメリット
  • 仮想化基盤はKVMOpen VZが選べる
  • KVMは2017年サービス開始なのでハードウェアが最新
  • ストレージは高速I/OのSSD(Open VZはHDDモデルもあり)
  • セキュリティグループ機能があるのでアクセス制限が簡単(ソースIP制限も可能)
  • 初期費用0円、1か月660円~の低価格

特にいいなと思っているのは、2017年にサービス開始している点です。

ハードウェアや仮想化基盤が最新型なので、同等スペックの他社サービスに比べると動作が快適!

サーバーの性能を気にするなら、絶対に新しいVPSサービスの方がいい

長年サービスをしている会社は、当然ながらサービス当初の古いハードウェアを使い続けてるハズだから、最新ハードウェアの性能にはかなわない。

実際にあった話だけど、会社で10年ほど前から契約している仮想サーバーと、最近の仮想サーバーとを比べてみたら、料金が8分の1なのに、最近の仮想サーバーの方がパフォーマンスがよかった。

サーバーは新ければ新しいものが良い

\ キャッシュレス5%還元対象/

KVMかOpenVZならどちらが良いか?

KVMとOpenVZの違い

カゴヤVPSは、仮想化基盤としてKVMかOpenVZかを選択できます。

「どっちにすりゃいいの?」と迷ってしまいますよね。

簡単に言うと、KVMとOpenVZには次のような特徴があります。

KVMの特徴
  • 動作が安定
  • 機能制限なし
  • ローカルネットワークを構築するなど高度な構成ができる
OpenVZの特徴
  • 動作が軽い
  • KVMより安い
  • OpenVZ固有の問題がある

しっかりサーバーを使うならKVMライトに使うならOpenVZといったところでしょう。

ブログならKVM

WordPressをインストールするなら、KVMがベスト。

OpenVZでもWordPressが動作するけど、データベースを使うからディスクIOメモリがボトルネックになりやすい

そうなると、高負荷に弱いOpenVZは不利。

当ブログも、KVMで2年以上稼働させています。

OpenVZの制限

無料SSLのLet’s encryptがOpenVZではインストールできないことがありました。ブログのSSL化は今や必須なので、コレがつかえなかったのは痛い。OpenVZには制限があることに注意しましょう。

カゴヤVPSのパフォーマンス

「カゴヤVPS」と、移行前の「ServersMan@VPS」とでパフォーマンスを測定してみました。

測定したのは、当ブログTOPページ(HTML)のレスポンスタイムと、ロゴ画像(JPEG)のレスポンスタイム。

結果はこちら。

TOPページのレスポンスタイムは、2.2秒から0.27秒へと約8倍に!

ロゴ画像のレスポンスタイムも、85ミリ秒から7ミリ秒へと約12倍に。

「8倍以上パフォーマンスが良い」と言えますね。

CPU4コア/メモリ4GBのプランでもパフォーマンス測定してみたけど、レスポンスタイムにほとんど違いはありませんでした。WordPressを運用するくらいなら、このプランで十分みたい。

カゴヤVPSのデメリット

実際に契約してから分かったんだけど、スペック変更の自由度が低い

変更先のプランは、同一ストレージ容量のプランのみに限られてしまう。

例えば、今回契約したKVMの「CPU2コア/メモリ2GB/SSD 50GB」プランの場合、「CPU3コア/メモリ3GB/SSD 50GB」か、「CPU4コア/メモリ4GB/SSD 50GB」のどちらかにしかプラン変更できない。

メモリだけ増やすとか、CPUコア数だけ増やすとかいったこともできない。

なので最初に契約するプランは重要で、いざというときに上位にアップグレードできるプランを選んでおく必要がある。

どのプランがスペック変更可能?

スペックのアップグレードとダウンロードができるプランを一覧でまとめてみました。

プランアップグレードダウングレード
CPU 1コア/メモリ 1GB/SSD 20GB××
CPU 2コア/メモリ 2GB/SSD 30GB×
CPU 3コア/メモリ 3GB/SSD 30GB×
CPU 2コア/メモリ 2GB/SSD 50GB×
CPU 3コア/メモリ 3GB/SSD 50GB
CPU 4コア/メモリ 4GB/SSD 50GB×
CPU 4コア/メモリ 4GB/SSD 100GB×
CPU 6コア/メモリ 8GB/SSD 100GB
CPU 8コア/メモリ 16GB/SSD 100GB×
CPU 6コア/メモリ 8GB/SSD 200GB×
CPU 8コア/メモリ 16GB/SSD 200GB
CPU 12コア/メモリ 32GB/SSD 200GB×

最も安いCPU 1コアのプランは、アップグレードやダウンロードができないので、注意が必要。それ以外のプランは、1ランク~2ランクのグレードアップ・グレードダウンができます。

まとめ

カゴヤVPSには、管理コンソールでポート番号やIPアドレスでアクセス制限ができるセキュリティグループ機能もあるので、iptablesを設定する必要がないのもありがたい。

iptablesって設定を間違えたら二度とサーバーにアクセスできなくなるから、VPSでは設定したくないんだよね。

SSHの接続元IPアドレスも制限できるので、企業の公式サイトやブログ用サーバーにも使えそう。

今使っているVPSが遅いんだよなぁという人、Let’s Encryptが動かないんだよなぁという人は、ぜひ検討してみてください。

\ 月額660円から使えるKVM/

kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました