当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています。
PC

HPノートPCの充電ができない!修理前に試したい4つの方法

HPのバッテリーが充電できなくなった!
もう修理に出すしかないのかな?

こんな悩みを解決します。

私はHPのノートPCを購入して3年ほど経った時に、バッテリー充電できなくなりました。仕事としても使ってるノートPCなので何とかしないといけません。

試行錯誤の結果、どうにか充電できるようになったのですが、解決に1週間もかかることに。

そこでこの記事では、HPノートPCが充電できなくなったときに試したいこと4つを紹介します。

同じ症状で悩んでいる人は、ぜひ参考にどうぞ。

トラブルが起きたPC

使っていたノートPCは「HP 15-db0000 価格.com限定 メモリ8GB & Ryzen 5搭載モデル」。

HP 15-db0000 価格.com限定 メモリ8GB & Ryzen 5搭載モデル

2018年11月に購入して、3年が経過していました。

1日で1~2時間くらい使っていたと思います。

100%充電しても、なぜか翌日にはバッテリーが0%になったりしてたから、そろそろかなって予感はありました。

試すべき4つの方法

HPにはユーザー向けのサポートサイトがあります。

HPカスタマーサポート

サポートサイトを1週間じっくり見渡した結果、充電トラブルで試すべきことは以下の4つでした。

HPのバッテリー充電ができないときに試すこと
  1. 電源コードを本体・コンセントに差し直す
  2. 電源をリセットする
  3. 部屋の温度を10℃以上に暖める
  4. バッテリーの寿命かどうかをチェックする

方法① 電源コードを本体・コンセントに差し直す

まずは基本中の基本から。

  • Windowsをシャットダウンしてから、本体の電源ケーブルを差し直す
  • アダプターも念のために差し直す
  • 電源コードも、別のコンセントや電源タップに変えてみる

これで充電できるようになったら、もうここから先を読む必要はありません。

電源ランプが「白色」なら、電源の供給はできているので、電源ケーブルやアダプターは問題なしです。

電源ランプが白色なら電源ケーブルやアダプターは問題なし

方法② 電源をリセットする

次は電源リセットです。

HPノートブックPC – 電源リセットの実行 | HPカスタマーサポート

Windowsのシャットダウンとは違います。

電源ケーブルやUSB機器をノートPCから全部外します

その状態で「電源ボタンを15秒長押し」してください。

15秒の長押しって想像以上に指先が痛くなります

自分のPCの場合は効果ありでした。

が、次の方法と一緒にやったことで効果が倍増したような気がします。

方法③ 部屋の温度を10℃以上に暖める

あまり知られていませんが、「温度が0℃以下」だとバッテリーの充電ができません

また、「10℃未満」の寒い室内では充電速度が遅くなります

暖房をつけるなどして、室温を10℃以上にしましょう。

HP ノートブック PC – 周囲温度が高い場所でノートブックを操作すると、バッテリの充電が遅い | HPカスタマーサポート

充電できないトラブルがあったのは真冬で、暖房を付けていない部屋でした。

ちなみにリチウムイオン電池の特性として、寒ければ寒いほど充電可能な容量も減ってしまいます

方法④ バッテリーの寿命かどうかをチェックする

ノートPCのバッテリーにも寿命があります。

一般的には、およそ300回の充放電サイクル、もしくは1年間程度の使用で寿命となります。

Notebook PC シリーズ – バッテリパックの寿命について | HPカスタマーサポート 

「充放電サイクル」の回数は、HP Support Assistantでチェックできます。

HP Support Assistantを起動したら製品を選び、「HPバッテリチェック」をクリックするだけです。

以下は、充電トラブル復旧後の状態です。

1000回の充放電サイクルのうち、200回程度なので、まだまだ使えそうですね。

ちなみに、充電が全くできないときは次のように「不明」とだけ表示されていました。

それでもバッテリー充電ができないときは

さて、バッテリーは復活しましたか?

「全然ダメ!どうやっても充電できないよ!」って人のために、その後できることをまとめてみました。

方法① 大容量モバイルバッテリーを使う

バッテリーの復活には期待せず、外出先ではモバイルバッテリーを使うという案です。

電源プラグがそのまま差せるタイプなら、HPノートPCの電源コードがそのまま使えます

しかも24000mAhとかなりの大容量。

HP 15-db0000シリーズのバッテリー容量は3515mAhなので、6回以上フル充電できます。

デメリットは、モバイルバッテリーと電源コードを持ち歩く必要があり、荷物が増えてしまうことですね。

方法② 内蔵バッテリー有償交換サービスを利用する

最近のHPノートPCは、自分ではバッテリー交換できません

内蔵バッテリー有償交換サービスを利用して、HPに交換してもらう必要があるんです。

これ、結構な値段します

HP公式バッテリー交換料金
  • 個人向けWindows ノートパソコン 29,700円(税込)
  • 法人向けWindows ノートパソコン 28,050円(税込)
  • 法人向け/個人向けChromebook 29,700円(税込)

プラスで引き取り運送料2,750円も必要だから、個人用PCなら3万円以上は確定!

そもそも、しばらくノートPCが使えないってのは影響が大きいはずです。

方法③ 新しいノートPCを買う

バッテリー交換に3万円も払うんだったら「新しいノートPCを買った方がいいんじゃないか?」って気になりますよね・・。

Amazonを見ると、4万~5万円台のHPノートがたくさん売られています。

created by Rinker
ヒューレット・パッカード(HP)
¥47,718 (2024/07/13 21:26:42時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは5万円台のSSDモデル。

created by Rinker
ヒューレット・パッカード(HP)
¥54,959 (2024/07/13 21:26:45時点 Amazon調べ-詳細)

8万円出すとスペックもかなりいいのが手に入ります。15インチ・メモリ8GB・256GB SSDでWindows 11対応モデル。

DELLにも8万円台で同等スペックのPCが売ってますね。

そのほか新品ではありませんが、Amazonの「整備済みPC」を買う手もあります。

バッテリー容量80%以上の「非常に良い」ステータスのPCが売られています。

また寄付金額は高額になってしまいますが、「ふるさと納税」でも新品ノートPCが入手できます。

まとめ:バッテリーはノートPCの宿命

以上、HPノートPCが充電できなくなったときに試したいこと4つを紹介しました。

ノートPCは、まだ十分使えるスペックなのに電源やバッテリーでダメになるケースが多い。

バッテリーが膨張してディスプレイが破損したり、電源アダプタを差してもまったく電力供給されないなど、トラブルメーカーですね。

バッテリーをノートPCに搭載するのはやめにして、バッテリーのないノートPCがあればいいんじゃないかと最近思います。

紹介コードをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました