定期預金よりオトク!年利8%が狙えるソーシャルレンディングは投資初心者におススメ!

資産運用
資産運用
スポンサーリンク

ソーシャルレンディングという新しい投資方法を知っていますか?

難しいことを抜きにして話すと、銀行の定期預金と同じくらいの手軽さで何と年利5%~8%の利益が狙える金融商品です。

私も高利回りに目を付け、全資産の10%~20%くらいをソーシャルレンディングに投資しています。

資産運用に興味はあるけど株には手を出したくないという人や、定期預金くらいしかやったことがない人にはうってつけだと思いますよ。

スポンサーリンク

たくさんの人の資金を集めて企業に貸付するのがソーシャルレンディング

まずは、ソーシャルレンディングとは何かについて説明しますね。

 

ソーシャルレンディングは、資金を個人投資家から集め、集まったお金を企業に融資します。

そして、融資を受けた企業が返済するときに支払う利息が個人投資家に還元されるので、年利5%~8%の高い利益が得られるのです。

 

ソーシャルレンディング業者を通して貸金業をやっているようなものですね。

ちなみに投資に必要な最低資金は、1万円~5万円と投資しやすい金額になっています(金融業者や案件などによって変動あり)。

スポンサーリンク

本当に利益が出るのか?

実際に私が投資しているソーシャルレンディングの入金状況を見てください。

毎月3,000円~4,000円の利息が入金されていて、年間だと5万円くらいの利益が出ています(補足:2/7入金の300,315円は元金30万円の返金を含んでいるので、利益は315円)。

ソーシャルレンディングでは利息が毎月入金されるので、資産が増えていることを実感できますね。

 

スポンサーリンク

初心者におススメのソーシャルレンディング業者

ソーシャルレンディング業者は20社以上ありますが、投資経験の少ないビギナーにおススメの業者は以下の2社です。

maneo(マネオ)

まず最初におススメするのがmaneo

ソーシャルレンディングを始めるなら、絶対に外せない業者ですね。

短期案件が多いなど使い勝手が良いので、実際に私もmaneoに多くの金額を投資しています。

  • 業界シェアNo.1
  • 8年以上の実績
  • 累計ローン770億円以上
  • 口座開設手数料/口座維持手数料は無料
  • デポジット入金方式
  • PC/スマホ対応サイト
  • 案件多数、常時5~10案件
  • 4か月以下の短期運用案件あり
  • 利回り5~8%前後

クラウドバンク



クラウドバンクは太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーに関連した事業に投資するソーシャルレンディング業者です。

クラウドバンクは1万円から投資でき、短期かつ安定した案件が多いので、よく利用しています。

  • 3年以上の実績
  • 累計ローン150億円以上
  • 口座開設手数料/口座維持手数料は無料
  • デポジット入金方式
  • PC/スマホ対応サイト
  • 案件は常時1~2案件程度
  • 4か月以下の短期運用案件あり
  • 利回り6~7%前後
  • 1万円から投資できる
スポンサーリンク

初心者にはおススメではないソーシャルレンディング業者

以下のソーシャルレンディング業者については、注意点が多いので、初めてソーシャルレンディングに投資する初心者にはおススメしません。

投資に慣れてきてから検討するのが良いでしょう。

なお、私自身は上記業者の口座も開設して投資していますが、投資金額を少なめにしています。

スポンサーリンク

リスクを抑えるために必ずやっておきたいこと

ソーシャルレンディングは投資なので、定期預金とは異なり元本保証ではありません

簡単に言えば、ソーシャルレンディングで損をする可能性があります。

そのリスクを避けるため、以下のことを必ず守りましょう。

1.余裕資金を利用する

最悪の場合、投資した金額がゼロになってしまったとしても、生活に影響が出ないような余裕資金を使いましょう。

利回りが魅力的であっても、定期預金をすべてソーシャルレンディングに割り当てるということはしないようにしてください。

私の場合、もともと契約していた定期預金の20%をソーシャルレンディングに投資しています。

2.短期運用案件に投資する

運用期間が3~4か月など、短期案件に投資しましょう。

運用期間が長くなると、その間に経済情勢が大きく変化する可能性も高くなり、融資先の企業の業績に影響が出る可能性も高くなります。

また、担保不動産の価値も、将来になればなるほど見通しが外れる可能性が高くなります。

短期であればあるほど、リスクは少なくなります

先に紹介したmaneoやクラウドバンクは短期案件が多いので、利用価値が高いです。

他にも、ソーシャルレンディングで投資中の資金は、運用期間が終わるまで現金化できないので、運用期間が短い方が現金化しやすくなります

3.担保あり案件に投資する

基本的には不動産担保ありの案件に投資しましょう。

不動産担保がない案件は、事業者が返済できなかった時に元本を失う可能性が高まります。

また、不動産の評価額が融資金額に比べて十分に高いこともチェックポイントです。

利回りの高い案件には不動産担保に余裕がない場合もあるので、利回りだけに惑わされることなく、よく確認しましょう。

4.複数の案件に分散投資する

ソーシャルレンディングに限りませんが、投資の基本は分散投資です。

1つの案件だけに投資せず、複数の異なる案件に投資しましょう。

たとえば、30万円を投資する際、10万円を中小企業者向け融資に、10万円を太陽光発電向け融資に、10万円を不動産開発融資に、といった具合です。

私の場合、投資中の案件数は50程度あります。

5.複数の業者に分散投資する

複数の案件に分散投資していても、1つのソーシャルレンディング業者のみを利用している場合には、その業者の信用問題の影響を受ける可能性があります。

複数の業者を使い分けると、さまざまな分野の案件に投資することにもつながるので、複数の業者に分散投資することもおススメです。

まとめ

ソーシャルレンディングに投資すると、毎月分配金がもらえるので、資産が増えていることをすぐに実感できます。

1万円から投資にチャレンジしてみましょう。

↓クラウドバンク


スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました