三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料を無料にするには?

ATM 節約
節約 銀行
スポンサーリンク

三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料は、インターネットバンキングで330円(3万円以上)もしくは220円(3万円未満)かかります。

1回や2回の振込なら大した額ではないですが、家賃や駐車場代・子供の仕送りの振込先が北洋銀行だったりすると、振込手数料もバカにならないですよね。

 

そこで、三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料を0円にする方法をまとめました。

しかも多額の現金を持ち歩かない安全な資金移動方法のみを紹介しています。

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行からの直接振込は手数料無料にできない

結論から言ってしまうと、三菱UFJ銀行から北洋銀行への振込手数料を無料にするには難しい。

プラチナステージ(三菱UFJ銀行の預金残高が500万円以上)なら振込手数料がタダになりますが、そんな人はまずいないでしょう。

でも大丈夫。

他の銀行を経由すると、手数料無料で送金できる方法があるのです。

スポンサーリンク

auじぶん銀行経由で振込

一番のおススメがauじぶん銀行経由で振込を行う方法です。

auじぶん銀行とは三菱UFJ銀行とKDDIが出資したネット専業銀行で、低コストな各種手数料や低金利な住宅ローンなどが人気です。振込手数料が優遇されるなど、三菱UFJ銀行との相性がバツグンです。

まず、三菱UFJ銀行のインターネットバンキングで、auじぶん銀行へ振込を行います(auじぶん銀行への振込手数料は無料)。

そして、auじぶん銀行から北洋銀行への振込をインターネットで行います。

auじぶん銀行からの振込手数料は、通常283円(3万円以上)もしくは178円(3万円未満)かかるのですが、定期預金などで50万円預入しておけば、振込手数料が月1回無料になります

振込手数料が無料になる詳しい条件は、以下記事を参照してください。

auじぶん銀行から他の銀行への振込手数料を0円にするための条件とは?

 

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行・ソニー銀行経由で振込

毎月一定額を北洋銀行に振り込む場合なら、住信SBIネット銀行ソニー銀行がおススメです。

以下、住信SBIネット銀行の場合で説明しますが、ソニー銀行でも同じ手順になります。

 

まず、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスを使い、三菱UFJ銀行の口座から毎月一定額を入金します。

便利なサービスなのに手数料はかかりません。

さらに定額入金と言いつつも、入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。

 

次に、住信SBIネット銀行の定額自動送金サービスを使い、北洋銀行に毎月一定額を振り込むように指定しておきます。

住信SBIネット銀行の振込手数料は、無料枠が太っ腹なので、手数料がかかるケースは少ないです。

送金する金額も毎月変更できます。

詳しくは以下の記事を参照してください。

三菱UFJ銀行の定額自動送金サービスを無料化する方法
家賃や月謝など毎月一定額を銀行振込する場合、自動送金サービスを使うと払い忘れがなく便利ですよね。実際、私も賃貸物件に住んでいた時には三菱UFJ銀行の「定額自動送金サービス」を利用していました...
スポンサーリンク

ネット銀行をフル活用しよう

以上のように、ネット銀行を駆使すると振込手数料が無料にできます。

今回紹介した方法は、いずれも一旦ネット銀行を経由する方法なので、急ぎの振込には間に合わない注意点も。

ですが、いつもの振込はネット銀行経由で、急ぎの振込は三菱UFJ銀行から直接銀行振込する、というようにそれぞれのサービスをうまく使い分けるのがいいでしょう。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました