「ごっこ遊び」に疲れたら・・・ラクラク対処法はこれだ!

子育て
子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供はごっこ遊びが大好き

幼稚園や宅配便、シンデレラにヒーローなどなど、次から次へと様々な主人公を演じたがります。

最初はパパ・ママも一緒に楽しんだりできる余裕があるけど、毎日やっていると、さすがに気持ち的に疲れてきますよね。

かといって、適当に対応するのはさすがにかわいそうだし、無理やりごっこ遊びを止めさせると反感を食らう。

愛する息子・娘のごっこ遊びからどうしても逃れたいとき、どうしますか?

我が家で実践している方法を紹介します。

スポンサーリンク

遊びをローテーションさせる

子供って何でも遊びますよね?

ごっこ遊びだけでなく、塗り絵やジグソーパズル、チョロQ、風船、自転車などなど。

まずは、いろんな遊びをまんべんなくやらせるようにします。

例えば、ごっこ遊びをしそうになったときは、「そういえば、最近ジグソーパズルやってないよね。じゃあ、ジグソーパズルやってみよう!」みたいに誘います。

一人では遊べないので、どっちにしろ子供の相手をしなきゃいけないけど、ごっこ遊びをする時間が減るので、ずいぶんと楽になります。

パズル系はハマると一人でもやってくれるのでおススメ。

ジグソーパズルを買うなら、ピース数が多いものがいいです。少ないとすぐに覚えちゃうから。

 

スポンサーリンク

遠くへ連れ出す

遊びのローテーションはごっこ遊びを減らせるけど、自分の時間はなかなか増えません。

そこでローテーションだけでなく、子供を外へ連れ出す日を作ります。

家の中ではごっこ遊びに夢中な子供でも、外ではあまりごっこ遊びはしません。

家の中には、人形・ぬいぐるみ・ままごとセット・段ボールとか、小道具がたくさん。

だから家の中にいる限り、小道具を使って、ごっこ遊びが始まってしまいます。

でも、うまくやらないと外遊びの効果は半減してしまいますよ。

ポイント 1:近くはダメ。遠くへ連れていくべし

外へ連れ出すと言っても、近所の公園は絶対にダメ!

娘に「近所の公園で遊ぼうよ」と言ったら、「じゃあ、公園から帰ってきてからXXXごっこしようね」と言われたことがあります。

公園遊びにごっこ遊びじゃ、家事も進まないし、ますます疲れる・・・。

すぐには家に帰ってこれないような、遠くの場所へ連れて行くのがポイントです!

ポイント 2:体力を消耗させる

交通公園やアスレチックのように、体力を使う場所へ行って、ヘトヘトにさせます

いっぱい遊んで疲れさせ、昼寝させる作戦です。

親も疲れるけど、子供がぐっすり眠っている間、自分の時間ができる。

わずかだけど、この時間は本当に貴重です。

ちなみに室内の遊び場へ行くという案もあるけど、入場料が高い。

どうしても行くなら、お買い物ゾーンや病院ゾーンといったごっこ遊びをする場所がない施設を選ぶべし。

スポンサーリンク

子供が爆睡するおすすめ外遊びスポットは?

【No. 1】交通公園

自転車の練習や交通ルールが学べる交通公園は、子供に大人気。

入場料も無料で、自転車を借りるのも無料です。

子供は予想以上に体力を消耗するので、交通公園の帰りは爆睡間違いナシ!

東京都内にも交通公園がたくさんあります。

【練馬区】自転車の練習もOK!大泉交通公園で楽しく遊ぼう!
大泉交通公園は、子供が楽しく交通ルールと自転車の乗り方が学べる交通公園です。自転車は無料でレンタルできるので、お金も一切かかりません。さらに滑り台や砂場、じゃぶじゃぶ池など、自転車に...
【足立区】バッテリーカーにミニSLも!北鹿浜公園は幼児が大喜びの交通公園!
ミニ列車に自転車・バッテリーカーなど、子供が大好きな乗り物が大集合!そんな魅力的な場所が足立区にある北鹿浜公園です。乗り物以外にも、タコ滑り台やターザンロープ、砂場などあり、通常の公...
【杉並区】立体交差もあり!自転車/二人乗りゴーカートに乗り放題の杉並児童交通公園
交通ルールを楽しく学べる公園として子供に大人気の交通公園。 杉並区の善福寺川沿いにもハイクオリティな交通公園があります。 もちろん、自転車やゴーカートは無料で乗り放題! 乗り...

【No. 2】アスレチック

丸太や綱を使って遊ぶアスレチックも子供に人気。

有料のアスレチックが多いですが、無料のアスレチックもあります。

東京都内には温泉を併設する珍しいアスレチックもありますよ。

【武蔵村山市】都内最大級の無料アスレチック!野山北公園で遊ぼう
野山北公園には「あそびの森」と「冒険の森」の2種類のアスレチックがあります。30種類を超える木製遊具があり、爆速すべり台が人気です。近くにかたくりの湯という温泉があり、汗を流せるのも便利ですよ。

都心部なら、平和の森公園にもアスレチックがあります。

【No. 3】プール

泳げなくてもOK!

浮き輪でプカプカしたり、子供用プールで足をバタバタしたりするだけ。

水中だと体力の消耗はすごいですね。

 

プールって夏のイメージですが、温水プールなら秋でも冬でもOK!

温水の区民プール・市民プールを利用してみては?

スポンサーリンク

まとめ

子育てはこれからまだ10数年も続きます。

適度に息抜きしながら子供と接していきたいものですね。

スポンサーリンク
kozenistをフォローする
小銭スト
タイトルとURLをコピーしました